【バス釣り】梅雨におすすめのルアー10選 初心者オカッパリ編

初心者の方で、梅雨のルアー選びに悩んでいる方がいれば、本記事が参考になればと思います。

筆者の経験上では、梅雨はバスを釣りやすい季節で、割と、どんなルアーでも釣れやすいです。

令和になり、どっぷりバス釣りにハマった筆者が、実際に梅雨に使って釣れたルアーをご紹介します。

本記事のデータについて

本記事は、筆者の実際の釣果データに基づいており、下記の条件をベースにお伝えしていきます。

対象期間2020・2021・2022年の梅雨
対象期間中の釣果93匹 (全てラージマウスバス)
エリア関東
釣り場タイプ小規模野池・河川(水路)
釣りスタイルオカッパリ
釣り開始時期2020年5月GW明け

たくさんいるアングラーのうちの、一人の例です。参考程度に読んでいただければと思います。

参考リンク:気象庁梅雨入り時期データ

梅雨はバスが釣れやすい時期

筆者の経験上、梅雨はかなり釣れやすい時期です。初心者でも十分にチャンスあり。

筆者の個人的な仮説も含めますが、釣れやすい理由は、下記の通り。

  • 動きやすい水温(暑すぎず寒すぎず)
  • スポーニングを終えて回復する時期(産卵がひと段落して元気になる)
  • 曇りが多い(気圧が影響してバスの活性が上がる)
  • 雨も多い(水中の酸素量がUP+釣り人の気配が消えやすい)

様々なタイプのルアーで釣れる

筆者が実際に使って釣れたルアーのタイプ一覧は、下記の通り。

ハードルアートップウォーター
ミノー
シャッド
クランクベイト
虫系
スピナーベイト
ソフトルアーI字系
ストレート系
虫系
グラブ
ミノー/シャッド系
クロー系

こんな感じで、割と何でも釣れちゃうのが梅雨の良いところ。

梅雨のおすすめルアー

  • 初心者でも扱いやすい
  • 簡単に or たくさん 釣れた
  • 入手しやすい(流通量があり高価すぎない)

上記3点を考慮して、筆者が勝手におすすめルアーをご紹介します。

POPX

メガバスのポップエックスは、ポッパーの定番中の定番。

ロッドをクイっと動かせば、スプラッシュでアピールしてくれます。

入門して間もない筆者でも、豪快にバコン!とバスが飛び出す瞬間を楽しむことができました。

釣れるサイズもけっこう大きめ。ぜひ、初めてのポッパーに使ってもらいたいルアーです。

ベビーポッパー

ラッキークラフトの小型ポッパー。スピニングタックルでOK。

小柄ですが、キレイなポップ音でしっかりアピールします。

晴天のハイプレッシャーフィールドで、夕まずめに投げて釣れました。

ある程度、移動距離を稼げるエリアで、ポッピングさせるのがおすすめ。

ラウダー50

O.S.Pの最小サイズポッパー、ラウダー50。こちらも、スピニングタックルでOK。

移動距離を抑えられるタイプなので、障害物がたくさんある場所で、一点集中でネチネチ攻めるなら、ラウダー50で決まりです。

ラウダー50も、タフコンディションで効くルアーです。

晴天でも、夕まずめで暗くなってきたらチャンス。

K-Iミノー65SP

HMKL(ハンクル)のK-Iミノー65SP(ケーワンミノー)は、圧倒的な実力で釣果を上げたルアー。

見た目からは、クリアレイクでのワカサギパターンを連想しますが、関東のステイン〜ややマッディくらいのフィールドでも活躍しています。

かなりスリムなミノーなので、小バスの数釣りになることが多いですが、良型も釣れることは釣れます。

小刻みなトゥイッチで抜群のフラッシング効果を発揮し、バスのバイトを誘発します。

ピーナッツ2 SSR

ダイワのロングセラーで、初心者の定番ルアーの代名詞となっているクランクベイト。

新品でも税込792円というコスパも魅力(22年12月時点の価格)。

2022年6月、名前が「ピーナッツ」となり、リニューアル。SSR、SR、DR、DDRの4タイプとなり、スーパーシャローからディープレンジまで対応しています。

投げて巻くだけで初心者にとても優しいルアー。風の強い日に投げて釣れました。

モッサ 1.6インチ 

スミスの浮くタイプの虫系ワーム。

虫系ワームの中では、価格が安い点も、初心者の味方です。

モッサで釣った2匹

マス針のチョン掛けにして、水面で小刻みにシェイクすると、バスが水面を割ります。

4インチカットテールワーム

ゲーリーヤマモトの超人気ワーム。4インチが定番サイズで、スピニングタックルで楽しめるアイテムです。

「このワームで釣れなかったら、そこにバスはいない」と思えるくらい、よく釣れるワームです。

ワームのカラーに迷ったら、ウォーターメロン系がおすすめ。

梅雨の時期は水量が豊富なので、風のない日にノーシンカーワッキーのリフト&フォールが効きます。

レインズスワンプミニ

レインズの人気ストレート系ワーム。安価で大容量のコスパが嬉しいアイテム。

マス針を使ったノーシンカーワッキーでよく釣れました。

フォールとシェイクで釣れます。また、見えバスにも効くので試してみてください。

着水音がかなり抑えられるので、バスが逃げにくいです。むしろ着水音で気づいてくれ、下から上がってきてバイトします。

4インチグラブ

ゲーリーヤマモトの4インチシングルテールグラブは、永遠のスタンダード。

1990年代にバス釣りを始めた人なら、おそらく一度は投げているはず。

もちろん、令和でもちゃんと釣れます。

個人的には、オーソドックスにジグヘッドリグがおすすめ。

時期的に、梅雨は速めに巻いてもダッシュでバイトしてきます。

プライアル ファーストスピナーベイト

コーモランのプライアルルアーシリーズのスピナーベイト。みなさん、釣具屋で見かけたことありませんか?

ワンコイン(500円前後)で買えるが故に、逆に心配で手が出ない人もいるかもしれません。

しかしながら、筆者は野池でたくさん釣れました。

強めの風または雨といった、大きな変化のある時によく釣れました。

基本的には、ただ巻くだけ。速めに巻いてブレードの波動でアピールすべし。

風によるルアーの使い分け

状況別に、使いやすかったルアーを紹介します。

風がない or 弱い

  • ポッパー(POPX/ベビーポッパー50/ラウダー50)
  • K-Iミノー65SP
  • 4インチカットテール
  • レインズスワンプミニ
  • モッサ

曇りか小雨なら、迷わずポッパーを選びたいところ。晴れていても、夕暮れ時ならポッパーでもチャンスあり。

風が強め

  • ピーナッツ2
  • ファーストスピナーベイト
  • 4インチグラブ(ジグヘッドリグ)

やはり、巻物全般が使いやすいですね。

本記事では紹介しきれなかったルアーがいくつかありますが、やはりクランクベイトやスピナーベイトが釣れやすいです。

4インチグラブは、ジグヘッドリグなら多少の風があっても使いやすく、やはりただ巻きだと当たりを感じやすいです。

レインブーツ(長靴)があると便利

梅雨は、あたりまえですが雨が多く、雨が降っていない日でも地面がぬかるんでいます。

レインブーツを一つ持っておくと重宝します。

筆者は、ジャッカルのパッカブルブーツを愛用してきました。ピッタリとフィットするタイプをお求めの方におすすめ。

おわりに

梅雨は、初心者にとっては大チャンス。さまざまなルアーでバスをキャッチして楽しめます。

特にトップウォーターは欠かせないアイテム。水面を豪快に割るバスに大興奮まちがいなし。

ただ、雨が強く降っている時、地面がかなりぬかるんでいる時は注意が必要。

筆者は何回か転んで怪我をしました。気をつけて梅雨のバス釣りを楽しみましょう。