【バス釣り】簡単!ジグヘッドリグで最初の1匹を釣る

ワームを使う時、初心者がトライすべきリグ(仕掛け)のひとつが、ジグヘッドリグ。

シンカー(おもり)とフックが一体化したジグヘッドに、ワームをセットして、投げて巻くだけのシンプルな釣りです。

ジグヘッドリグの特徴、メリット・デメリット、おすすめのジグヘッド、ジグヘッドリグにおすすめのワームをご紹介します。

*小規模フィールド(野池・河川)、オカッパリ、スピニングタックルでの使用を前提にお伝えしていきます。

ジグヘッドリグとは?

ジグヘッドリグとは、ワームフックの先端部にオモリの付いたジグヘッドと呼ばれる専用のハリにソフトベイトをセットしたもの。

引用元:三浦修(編)(1996)『Basser 12月号別冊 ゲーリーファミリーのバスフィッシング完全教書』釣り人社 p75

上の写真と引用文の通り。

ジグヘッドとワームさえあれば楽しめるシンプルな釣りです。

ジグヘッドのセット方法

手順1

ジグヘッドをワームにあて、フックを出す位置を確認します。

手順2

ワームの頭からジグヘッドを通します。ワームの中心部に刺します。

手順3

フックがワームの中心部を通るように刺していきます。

手順4

フックの先端をボディから出し、ワームの先端をヘッドまで押し込んで、完成。

上手くセットするコツ
  • ジグヘッドをワームと並行に真っ直ぐセットする
  • ジグヘッド(フック)がワームの中心部を貫くようにする
  • 適切な場所からフックを出す(最初にあてがって確認した場所)

ワームが曲がったりすると、アクションに支障が出るので、少し練習してマスターしましょう。

はじめのうちは、意外と難しいので、近くに中古釣具店があれば、中古ワームを買ってきて練習するとよいでしょう。

使い方・釣り方

ただ巻き(スイミング)

キャストして巻くだけ。これが一番簡単で、オーソドックスな釣り方ですね。

使うジグヘッドの重さと巻くスピードを変えることで、泳がせるレンジ(表層、中層、ボトム付近)をある程度は調整できます。

ハードルアーと違い、ブレードの光、ラトル音、強い波動や水押し等がないので、アピール力は控えめですが、ナチュラルスイミングでバスに警戒させず、バイトに持ち込むことができます。

有効な時期・使いどころ
7月、やや速めに巻いて釣れた

魚の活性が高く、追いかける元気のある夏場は、ただ巻きでよく釣れています。

河川(水路)の護岸沿い、際を泳がせてよく釣っています。

リフト&フォール

筆者がボトムを探りたいときに使うのが、リフト&フォール。

ワームを着底させ、ロッドでしゃくり上げて再び沈める、これを繰り返します。

たいていの場合、ボトムでバイトがあります。

有効な時期・使いどころ
11月下旬、ボトムで喰った1匹

筆者の場合、活性の高い夏〜活性が低くなる11月後半まで実績があります。

やはり11月後半ともなると、寒いのでボトムでじっとしていることが多いので、ただ巻きではなくフォールで目の前に落としてやったほうが有効。

8月、水門まわりのボトムでバイトがあった

夏場も、もちろん釣れます。

例えば、河川(水路)にある水門まわりなど、ピンポイントで攻めたいときに使います。

特に、日差しの強い時は、陽があたらない日陰やボトムにいることが多いので、有効。

メリット

筆者が感じたジグヘッドリグのメリットは下記の通り。

  • 投げて巻くだけで釣れる
  • フッキング率が高い
  • リフト&フォールなど縦の動きでもテンポよく誘える
  • 多少の風があっても巻いて釣りやすい
  • ボトムを取りやすい
  • ジグヘッドの重さでレンジや沈む速度を調整可能
  • ジグヘッドとワームのみあれば成り立つ

特に、投げて巻くだけで釣れてフッキング率が高いというのは、初心者にとっては大きなメリット。

デメリット

もちろん、デメリットもあります。

  • 根がかりしやすい
  • 最初はフックへのセッティングが難しい
  • ゆっくりしたナチュラルな動きは出しづらい

根がかりしやすいのは、最大のデメリット。

バス釣り1年生の時、ジグヘッドリグを野池で投げ、根がかりしまくったため、しばらく疎遠になっていました。

しかし、投げるフィールドを選べば楽しめます。今では河川(水路)の護岸沿いをテンポよく探るのに使うことがほとんど。

また、ノーシンカーで沈ませる時のような、フワフワ・ユラユラといった自然なアクションを出すのは難しいです。

入門におすすめのジグヘッド

デコイ マジックヘッド

  • バーブキーパーがワームをしっかりホールド
  • フッキング率は抜群
  • 根がかりしやすい

マジックヘッド(公式サイトはこちら)は、スタンダードなガードなしのラウンドヘッドタイプ。

筆者のように、河川(水路)の護岸沿いをただ巻きで探るのにおすすめ。

参考記事

上記の他に、4種を加えたおすすめ5選です。

ジグヘッドの重さ・選び方

1/16ozのジグヘッドで

スピニングタックルで投げるなら、1/16oz(1.8g)が基準となります。まずはこの重さで試してみることをおすすめします。

風の有無、フィールドの水深、引きたいレンジ、条件やシチュエーションに合わせて、変えてみましょう。

フックサイズについて

手持ちがなく#1を使った(4インチグラブ)

例えば、定番の4インチグラブなら、#2を使うことが多いです。

ですが、しっかりセットされている限り、サイズが一つくらい前後しても問題なし。

根がかり率を下げたい場合は、いつもよりフックサイズを一つ小さくすると良いでしょう。

ただ、メーカーやフックによって、多少サイズが違うので注意。それでも使っていれば、適切なサイズ選びはできるようになるでしょう。

おすすめのワーム

個人的に、ジグヘッドリグにおすすめしたいワームです。

やはり、ただ巻きのスイミングで使うことが多いので、テールなどがテロテロ・プルプルと動くものがおすすめ。

ゲーリーヤマモト 4インチグラブ

永遠のスタンダート、ゲーリーヤマモト4インチグラブ。投げて巻くだけでテールがテロテロ動いて誘ってくれます。

これで釣れなかったら、バスはそのフィールドにいないってことでしょう。

O.S.P HPシャッドテール3.1インチ

チョロチョロと泳ぐベイトフィッシュ的なワーム。こちらも、投げて巻くだけで簡単に釣れます。

テールがプリプリ動くだけでなく、ボディ全体もブルブルと震えて、躍動感のある泳ぎを披露します。

使用タックル

ロッドダイワ 
ブレイゾンモバイル 646TLS
リールシマノ
セドナ2500S
ラインダイワ
BASS Xナイロン 6lb

ロッドは、自転車やバイク移動が多いのでテレスコロッド(記事はこちら)ですが、バーサタイルロッドなら何でも大丈夫。

リールは、2500番手のシャロースプール。だいたい2500Sと表記されてます。

ラインは、ナイロンの6lb。ナイロンはクセがつきにくいのでおすすめ。筆者はバス釣り1年生の頃から、ずっとナイロンの6lbを使っています。

6lbあれば、よっぽどのことがない限りは、切れることはないでしょう。

おわりに

ジグヘッドリグは、ジグヘッドにワームをセットし、投げて巻くだけのシンプルな釣りを楽しめます。特に高度なテクニックは必要なし。

魚の活性が高い、暖かい時期であれば、ただ巻きで確実に1匹を仕留められるでしょう。

根がかりしやすいというデメリットもありますが、ガード付きのジグヘッドを使う、フックサイズを下げるなどして、回避率を少し上げることは可能です。

初めてトライするなら、ゲーリーヤマモトの4インチグラブに1/16oz(1.8g)のジグヘッドをセットし、ただ巻きするのがおすすめ。

参考記事

縦の動きでナチュラルアクションで誘うなら、ノーシンカーワッキー。

ボトムをちょんちょん攻めたいなら、ネコリグ。