【インプレ】ベビーポッパー50 安定感のあるポッピング

ラッキークラフトの小型トップウォーター、ベビーポッパー50。小柄ながらアピール力はなかなかのもの。

オカッパリでバスを釣ってみましたので、特徴、使い方・釣り方、使ってみた所感をご紹介します。

ベビーポッパー50概要

基本情報

ブランドラッキークラフト
Lucky Craft
ルアー名ベビーポッパー50
Bevy Popper50
サイズ/長さ50.0mm
重さ4.2g
タイプフローティング
潜行深度0m
フックサイズ#10、#10
製品情報ソース:ラッキークラフト公式サイト
実勢価格

公式サイトから飛べる販売サイトでは、税込1,760円。

サイズ感
下はPOPX

上の写真は、ポッパーの代表格、メガバスのポップXとの比較。かなり小粒サイズですね。

カップ

浅めのカップ。

ラトル

振ってみると、若干控えめにシャカシャカとラトル音がします。

浮き姿勢

斜めに浮くタイプ。

ポッピング、スプラッシュ、ドッグウォークなど、比較的オールマイティにこなせる浮き姿勢。

使い方・釣り方

1匹目
2匹目

釣果データ

日にち時間天気風速
(m/s)
表水温
(℃)
魚のサイズ
(cm)
釣り場の種類(規模)水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ルアーカラーアクション
2022/6/2818:582m30.2℃約20cm野池A(小)どちゃ濁りシャロー(舟の近く)50-60cmボーン新利根ギルポッピング
2022/7/117:542m31.2℃約20cm野池A(小)かなり濁っている護岸沿い30-40cmボーン新利根ギルポッピング

筆者の住む関東地方では猛暑日が続いていた時期、夕マズメに小バスを2匹。

使用タックル

ロッドダイワ 
ブレイゾンモバイル646TLS
リールシマノ
セドナ2500S
ラインダイワ
BASS Xナイロン 6lb

ロッドはバイク移動だったのでテレスコロッド(振り出し竿)を使用。安めのタックルです。

ラインとの接続方法

筆者はスナップを使用しました。小型の#00。

使用フック

純正フックがダメになったので、フック交換をしました。

リアのフェザーフックは、C’ultiva DT-36BC ドレストリプル No.13219 (公式サイトはこちら)。

サイズは#10。

使用したフィールド

夕まずめはチャンス
釣り場タイプ野池
規模
水質茶色い強いにごり
主なベイトブルーギル、甲殻類、虫
特徴障害物多め
プレッシャーかなり高い

かなりプレッシャーの高い小さな野池。小柄なベビーポッパー50にマッチしたフィールド。

釣れたポイント

シャロー(舟の近く)

舟が浮いていたので、舟めがけてキャスト。

少し岸よりに引っ張ってきた時に、バイトしました。おそらく、舟の下に居ついていた個体。

護岸沿い

釣り場に到着し、まずは護岸沿いからスタート。1投目、最初のポッピング後にすぐバイトがありました。

実績のあるルアーカラー

カラー釣果
ボーン新利根ギル2匹

特に1匹目は、どちゃ濁りの中バイトしてきたので、カラーの効果というよりは、やはり着水音やポップ音に誘われてのバイトでしょう。

ルアーアクション

ポッピングで釣りました。ロッドでクイっと動かして、ポコッ!というポップ音と波紋で誘いました。

1匹目は2回目のポッピング後の、2匹目は1回目のポッピング後のポーズでバイトしたと記憶しています。

ベビーポッパーに限らずですが、ポッパーで釣れる時は、1〜3回目のポッピング後のポーズ時にバイトすることが多いです。

使ってみて感じたこと

※あくまで筆者の使用タックル、フィールド等の条件で感じたことです。参考程度にご覧ください。

安定したポッピング

ロッドでクイっと動かすと、水中に少し潜りながら水を受け、ポコッ!っと音を立て、水面にフワッと舞い戻ってくる感じ。この時、丸くて大きな波紋をボワンと作ってアピールできます。

何度トライしても、同じようなダイブ、波紋、ポップ音で応えてくれ、安定しています。

前に進むが移動距離は短め

左はラウダー50

ポッピングを試みる時、カップが深型のO.S.Pラウダー50は、その場で水を掴みながら少しずつ進む感じですが、ベビーポッパーは、ロッドの動きに素直に応じて前に進む動きです。

少し水中に潜ってポップ音を出しつつも、前進。ただ、ラウダー50ほどではないですが、移動距離は控えめ。

初心者はポッピングがおすすめ

筆者の技術的な問題だと思っていますが、ドッグウォークとスプラッシュをするのは難しかったです。

上で書いた通り、ポッピングが安定していておすすめ。筆者と同じく初心者の方はポップ音で誘いましょう。筆者は今のところ2匹ともポッピングで釣っています。

ハイプレッシャー時・小場所で使いやすい

一点集中の攻めは難しいかもしれませんが、移動距離は割と控えめで、着水音もシルエットも小型なので、やはりハイプレッシャーなフィールドや小場所で使いやすい印象です。

ポッピングなら操作はシンプル

ロッドでトゥイッチするような感じでクイっと動かすだけで、ポコッ!とキレイなポップ音が出せます。操作はシンプル。

ベイトタックルに慣れていない初心者でも、スピニングで簡単に扱えます。

おわりに

ベビーポッパー50は、ポッピングによるポップ音で誘う、シンプルな使い方がおすすめ。

安定したポッピングの後、ポーズ中にバスが水面を割るでしょう。

スピニング1本のオカッパリでも扱いやすく、特にハイプレッシャーな場所や小規模フィールドで活躍します。

参考記事

一点集中でネチネチ攻めるなら、O.S.Pのラウダー50がおすすめ。

同じラッキークラフトの変わり種、ワンダージョイント58ティンセルも、なかなか面白いルアーです。