【バス釣り】まずは1匹!初心者向けルアー12選!オカッパリで実際に釣れたルアーを紹介

令和、バス釣り用のルアーは星の数ほど溢れていて、何を選んでいいか迷ってしまいます。

そこで、ルアー選びの参考に、入門者・初心者の方に向けて、筆者がバス釣りを始めたばかりの時期に、オカッパリ(岸釣り)で実際に釣れたルアーを紹介します。

*本記事では、ワーム以外のハードルアーのみをご紹介します。また、使用したタックルは、本記事の下方にてご紹介しています。

ベースとなる条件・情報

マッディなフィールドがメイン
エリア関東地方
主な釣り場野池、河川、水路
フィールドの水質主にマッディ、一部クリア
釣りスタイルオカッパリ(岸釣り)
釣り開始時期2020年5月中旬
対象期間20年5月中旬〜11月

上記のような条件で釣りをしました。バス釣りを始めて、最初の約半年間の釣果を対象とします。

当時、入門者だった筆者でも釣れたので、”初心者向け”ルアーとしてご紹介していきます!

おすすめ初心者向けルアー

その1:仔どんぐりマウス

基本情報
ルアー名仔どんぐりマウス
メーカー/ブランドViva(コーモランプロダクト)
サイズ45mm
重さ8g
定価(税込)1,760円
製品情報ソース:Viva公式サイト

小型の羽根モノ。トップウォーターですね。筆者の記念すべき、人生初のプラグでのバスを釣ったルアー。

小粒ながら、必死にクロールしてポコポコと大きな音を立ててバスを誘います!

ざっくり釣果データ
釣れた時期5月下旬
釣れた場所野池
水質マッディ
釣果2匹
魚のサイズ約20cm

小バスも釣れるサイズ感。

使ってみた所感・コメント
  • 簡単!巻くだけで釣れる
  • 小柄だがポコポコと大きな音でアピール
  • 魚のサイズを選ばず羽根モノを楽しめる

その2:POP X

基本情報
ルアー名POPX
(ポップエックス)
メーカー/ブランドMegabass
(メガバス)
サイズ64mm
重さ1/4oz(約7g)
定価(税込)1,925円
製品情報ソース:メガバス公式サイト

トップウォーターの中でも、ポッパーと呼ばれるタイプでは、定番中の定番ルアー。

ロッドをクイっと動かしてスプラッシュさせると、パコっ!と気持ちいい音を出し、サウンドと水面の波紋でアピールします。

ざっくり釣果データ
5月下旬の2匹
釣れた時期5月下旬〜6月下旬
釣れた場所野池
水質マッディ
釣果4匹
魚のサイズ約25cm〜38cm

朝マズメや雨が降り出しそうな曇天に釣れました。小さな野池としては良型の38cmもゲット。

使ってみた所感・コメント
  • パコっ!というキレイなスプラッシュ音でバイト誘発
  • 簡単!竿先をクイッと動かすだけでスプラッシュ発生
  • 風がなく水面が波たってない時に効果的
  • 曇天によく釣れる

その3:ファーストスピナーベイト(1/4oz)

基本情報
ルアー名ファーストスピナーベイト
メーカー/ブランドプライアルルアー
(コーモランプロダクト)
重さ3/16oz、1/4oz、3/8oz
実勢価格(税込)473〜550円
製品情報ソース:筆者調べ(店頭、メーカー問合せ)

釣具屋でよく見かける、ワンコインで買えるスピナーベイト。安いけどちゃんと釣れます。初心者は試すべし。根がかりを恐れる必要なし!

ざっくり釣果データ
釣れた時期6月中旬〜9月上旬
釣れた場所野池
水質マッディ
釣果9匹
魚のサイズ約20cm〜33cm

1/4ozモデルで9匹!けっこう釣れます。

ちなみに、2021年春ころにマイナーチェンジしましたが、旧モデルの1/4ozは、ブレードが1枚のシングルブレード仕様でした。個人的には、旧モデルの方が好きです。詳しくは、下記をご覧ください。

使ってみた所感・コメント
  • 簡単!巻くだけで釣れる
  • コンパクトで小規模な釣り場にぴったりのサイズ感
  • 教科書通り!風が強い日に使って釣れた

その4:ピーナッツ2 SSR

基本情報
ルアー名ピーナッツ2 
メーカー/ブランドダイワ
サイズ5cm
重さ9g
定価(税込)792円
潜行レンジSSR:0.5m
SR:1m
DR:1.5m
製品情報ソース:ダイワ公式サイト(過去ページ)

2022年6月に、「ピーナッツ」として生まれ変わったようですが、ピーナッツ”2″を愛用してきた方も多いはず。

安くて釣れることから、初心者の定番ルアーとして定着しています。

ざっくり釣果データ
釣れた時期7月上旬
釣れた場所野池
水質マッディ
釣果3匹
魚のサイズ19cm〜32cm

まあまあのサイズから、19cmのミニサイズまで釣れます。

使ってみた所感・コメント
  • 簡単!巻くだけで釣れる
  • 9gあるのでベイトタックルでよく飛ぶ
  • 風が強い時に釣れやすい
  • 速めに巻くと効果的

その5:タイニーピーナッツ SR

基本情報
ルアー名タイニーピーナッツ SR
メーカー/ブランドダイワ
サイズ40 mm
重さ4g
定価(税込)792円
潜行レンジSR:1m
製品情報ソース:ダイワ公式サイトより抜粋

ピーナッツシリーズの末弟。スピニングタックル対応で入門者でも扱いやすいです。

ざっくり釣果データ
釣れた時期7月中旬〜9月下旬
釣れた場所野池
水質マッディ
釣果3匹
魚のサイズ約15cm〜約25cm

小バスでも食いつきやすいようですね。秋の数釣りにも使えそうです。

使ってみた所感・コメント
  • スピニングでよく飛ぶ
  • 簡単!投げて巻くだけ
  • ラトル音とハイピッチアクションでアピール
  • とはいえ小粒なので魚に過度なプレッシャーを与えない

その6:モス

基本情報
ルアー名モス
メーカー/ブランドBIOVEX
(バイオベックス)
タイプフローティング
潜行深度水面
サイズ35mm/40mm
重さ2g/3g
定価(税込)550円
製品情報ソース:バイオベックス公式サイト

バイオベックスのユニークな虫系ルアー。プラグでもワームでもない、浮力抜群のルアーです。

ざっくり釣果データ
釣れた時期9月中旬〜下旬
釣れた場所野池、小河川
水質マッディ
釣果3匹
魚のサイズ約15cm〜約30cm

野池では、近くを流れる用水路でも釣れました。

使ってみた所感・コメント
  • 浮力抜群
  • 岸際や用水路など虫が落ちそうな場所で効果的
  • トレブルフックでフッキング率よし

その7:レアリス真虫

基本情報
ルアー名レアリス真虫(しんむし)
メーカー/ブランドDUO(デュオ)
タイプ重心固定フローティング
サイズ40mm
重さ5.7g
定価(税込)1,320円
製品情報ソース:DUO公式サイト

上で紹介したモスが蛾なら、こちらはセミやカナブンかな?。食べ応えのあるサイズ感。セミが力尽きる季節に使ってみましょう。

ざっくり釣果データ
釣れた時期9月中旬
釣れた場所野池
水質マッディ
釣果1匹
魚のサイズ約25cm

草に覆われた用水路に投げ込んで釣れました。

使ってみた所感・コメント
  • 落水昆虫をイメージして水面シェイクでOK
  • トレブルフック×2でフッキング率抜群
  • ラバーレッグは取れやすいので注意

その8:ジョイントベイト90SF

基本情報
ルアー名ジョイントベイト90SF
メーカー/ブランドBIOVEX
(バイオベックス)
タイプスローフローティング
サイズ90mm
重さ11g
定価(税込)1,408円
製品情報ソース:バイオベックス公式サイト

4連結ボディが特徴のジョイントベイトシリーズ。ニョロニョロと動くスネークアクションでバスを誘惑します。

ジョイクロ(インプレ記事はこちら)に手が出なかった筆者が、まずはこれから!と思って購入したルアーです。

ざっくり釣果データ
釣れた時期9月中旬
釣れた場所野池
水質マッディ
釣果1匹
魚のサイズ37cm

ガタイの良いのが釣れました。デジ巻で強めのターンを入れた後、ひったくるようなバイトがありました。

使ってみた所感・コメント
  • ウェイトシールでのチューニング必須
  • ニョロニョロとヘビのように泳ぐ
  • リール操作でターンをさせて釣れた
  • 安いので気軽にジョイント系ルアーを楽しめる

*ウェイトシールによる調整など、詳細は下記の記事をご覧ください。

その9:リーサルポッパー65

基本情報
ルアー名リーサルポッパー65
メーカー/ブランドViva-core
(コーモランプロダクト)
サイズ65mm
重さ6.5g
定価(税込)990円
製品情報ソース:Viva-core公式サイト

Viva-core(コーモランプロダクト)のポッパー。税込990円という、初心者を惹きつける魅力的な価格設定。

ざっくり釣果データ
釣れた時期9月下旬
釣れた場所小河川(水路)
水質マッディ
釣果1匹
魚のサイズ約20cm

対岸の護岸沿いにキャストし、着水後、動かし始めてすぐにバイト。着水音で気づいて、狙っていたのでしょう。

使ってみた所感・コメント
  • スピニングでも投げやすい重さ
  • 安いけどそれなりに動いて釣れた
  • コスパ良し

その10:シャッドラップ SR5

*この写真はSR6
基本情報
ルアー名シャッドラップ SR5
メーカー/ブランドRAPALA(ラパラ)
サイズ5cm
重さ6g
潜行深度1.2m-2.7m
製品情報ソース:ラパラ公式販売サイト

ラパラ社のシャッド型クランクベイト。ナチュラルなスイミングアクションでよく釣れると定評のあるロングセラールアー。

ざっくり釣果データ
SR5で
釣れた時期10月中旬
釣れた場所小河川(水路)
水質やや濁っている
釣果1匹
魚のサイズ約20cm

減水した水路にて、橋の下を泳がせたところバイト。

使ってみた所感・コメント
  • 6gのクランクだがスピニングでも無理なく巻ける
  • 投げて一定のスピードで巻くだけでOK
  • ナチュラルな動きで安定した泳ぎ

その11:ジョイントベイト110SF

基本情報
ルアー名ジョイントベイト110SF
メーカー/ブランドBIOVEX
(バイオベックス)
タイプスローフローティング
サイズ110mm
重さ17g
定価(税込)1,430円
製品情報ソース:バイオベックス公式サイト

上で紹介したジョイントベイト90SFで釣れてから、110SFも試してみようと思い、使ってみました。

90SFより6g重く、ボディも厚くなりズッシリとした重量感があります。

ざっくり釣果データ
釣れた時期11月上旬
釣れた場所野池
水質マッディ
釣果1匹
魚のサイズ32cm

ヘラ台の前をデッドスローで泳がせたところ、ヘラ台の下にグイっと引き込むようなバイトがありました。

使ってみた所感・コメント
  • ウェイトシールでのチューニング必須
  • ニョロニョロとヘビのように泳ぐ
  • 安いので気軽にジョイント系ルアーを楽しめる
  • デッドスローでもそこそこの存在感と威圧感あり
  • 重いので強風でも使いやすい

*下記は、上のジョイントベイト90SF紹介部分の下に貼ったのと同じ記事です。

その12:ドゥルガ73F

基本情報
ルアー名ドゥルガ73F
メーカー/ブランドO.S.P
(オーエスピー)
タイプフローティング
サイズ73mm
重さ4.4g
定価(税込)1,815円
発売年月2019年6月
製品情報ソース:O.S.P公式サイト

O.S.Pのミノーシリーズ最小サイズの、フローティングモデル。小河川や水路でよく見かける小魚にマッチしたフォルムやサイズ感が魅力的。

ざっくり釣果データ
釣れた時期10月下旬〜11月上旬
釣れた場所大河川、小河川(水路)
水質クリア、やや濁りあり
釣果4匹
魚のサイズ約20cm〜約25cm

当時、通い始めた川に小魚が多く、実際にバスが捕食している場面を目撃し、ドゥルガを買いに行きました。

効果的面!トゥイッチで逃げるような動きを演出すると、躊躇なくバイトしてきました。

使ってみた所感・コメント
  • スピニングで扱いやすい重量感
  • トゥイッチで逃げ惑う小魚を演出すると釣れる
  • どこでもマッチザベイトできるサイズ感

番外編:ブレットン

基本情報
ルアー名ブレットン
メーカー/ブランドダイワ(輸入販売)
重さ3/5/7/9/11g
製品情報ソース:ダイワ公式サイト

番外編としてぜひ紹介したかったのが、スピナーです。トラウト用ルアーとしてのイメージが強いですが、バスもよく釣れます。

よく使ったので代表してブレットンをご紹介します。バス釣りを少しかじった中学時代、安いし投げて巻くだけで簡単に釣れるので、愛用していました。

マッディな野池でも、小河川(水路)でも釣れます。

上の写真は、2021年の秋に小河川で釣ったもの。やはり小バスキラーでした。使用したのは3g

ブレットン/スピナー の良いところ
  • 簡単!投げて巻くだけ
  • フッキング率高め
  • 小型が数多く釣れる = 当時中学生の筆者がたくさん釣れた

使用したタックル

本記事でご紹介したルアーたちですが、下記のタックルを使いました。

スピニングタックル
スピニングロッド1シマノ
BASS ONE XT 263L-2
スピニングロッド2メジャークラフト
バスパラ BXST-645L
スピニングリールシマノ
ネクサーブ 2500S
ラインダイワ
BASS X ナイロン 5lb/6lb

当時使っていたタックルは上記の通り。安めの入門機種です。

ラインはナイロンの5lb〜6lbが多かったです。現在はプラグをメインに使っており、ナイロン6lbに落ち着きました。

ベイトタックル
ベイトロッドシマノ 
BASS ONE HG 1582-2
ベイトリールシマノ
BASS ONE XT 150
ラインダイワ
BASS X ナイロン 14lb/16lb

ロッドは中学時代にバス釣りを少しかじったときに購入した安物。リールはシマノの入門機種です。

リールの詳細は下記の記事でご確認いただけます。

また、ロッドもバスワンシリーズの現行モデルを買って使っていますが、安くて丈夫です。

おわりに

20年5月下旬、ポコポコと音を立てて泳ぐ仔どんぐりマウス君。巻くのを止めてすぐに、バフ!っという音と共に魚が水面を割り、仔どんぐりマウス君は水中へと姿を消しました。

あれが、バス釣りにのめり込むきっかけとなった出来事です。

さて、こうして振り返ってみると、トップウォーター、スピナーベイト、クランクベイト、ジョイント系ルアー、シャッドクランク、ミノー、虫系と、意外と幅広く使って釣れているなと感じました。

何も知識がなかった時期ですが、とにかく色んなルアーを試してみたい好奇心から、幅広いチョイスになったようです。

ご紹介したルアーたちは、知識や技術が未熟な状態でも釣れたルアーたち。プラスとなる状況や条件が揃えば、チャンスはあるはずです。

はじめての方、または始めたばかりの方に、ぜひおすすめしたいルアーたちです。気になるルアーがあったら、どれか試してみてください。

みなさんが、良い魚に出会えることを祈っております。