【インプレ】バイオベックスジョイントベイト90/110!安いけど釣れる!

BIOVEX(バイオベックス)のJoint Bait(ジョイントベイト)シリーズは、安くて気軽に買えるジョイント系ルアーです。

「ビッグベイトで釣ってみたい!でも高価だし投げられるタックルが無い・・・」。そんな時は、ジョイントベイトの出番。

ウェイトチューン、スネーク系アクション、デジ巻き等々、ビッグベイト並に操作を楽しめ、そして、しっかり釣れます!

本記事では、筆者がオカッパリで使用してバスを釣った、ジョイントベイト90SFと110SFについて、使ってみた所感、ウェイトチューン方法、操作方法などについてご紹介します。

ジョイントベイト90/110概要

110SF(上)と90SF(下)

4連結ボディのジョイントルアーで、ヘビのようにクネクネ動くスネークアクションが特徴。見た目はウグイやアユのような細長い魚に近いですね。

基本情報

 ジョイントベイト
90SF
ジョイントベイト
110SF
メーカー/
ブランド
バイオベックスバイオベックス
タイプスローフローティングスローフローティング
カラー展開23色29色
長さ/サイズ90mm
(3.5inch)
110mm
(4.5inch)
重さ11g
(3/8oz)
17g
(5/8oz)
潜行深度0-10cm0-10cm
フックサイズフロント:#8
リア:#10
フロント:#6
リア:#8
税込定価1,408円1,430円
製品情報ソース:バイオベックス公式サイト
サイズ感
上から見た図

9cm/11cmですが、体高がありボリューム感があります。

また、90SFと110SFの長さは2cmの差ですが、110SFはボディがかなり分厚く、重量感が増し増しな印象を受けます。

9cm/11cmクラスミノーとの比較
90SFと阿修羅II925F

O.S.Pの阿修羅II925Fと比べると、長さは同じくらいですが、やはり体高がある分ボリューム感が出ます。

110SFとヴァルナ110SP

110SFとO.S.Pのヴァルナ110SPを比べても同様。ジョイントベイトの体高の高さが目立ちます。

フォルム(形状)

パッと見、典型的な魚の体型。日本の淡水魚でいうところの、オイカワ・タモロコあたりと似ていますね。

4連結ボディ

やはり特徴的なのが、4連結ボディ。ニョロニョロ感のある動きを演出します。

リップ

そしてリップはナシ。潜らないタイプ。ウェイトチューンで沈めることになります。

テール(尻尾)
上が110SF、下2匹は他社ルアー

テール部分は、他のボディ部分と同じくプラスチック素材。

ジョイント系ルアーのテールはラバー仕様が多いですが、ジョイントベイトは暑さや形崩れなどを気にする必要がなくて良いです!

初心者にうれしいポイント

ポイント1:価格が安い

ジョイントベイトは、なんといってもその価格が魅力的。

他社の同サイズのジョイント系ルアーなら、3,000〜4,000円くらいしますが、ジョイントベイト90SFと110SFは、税込定価1,400円台

価格を抑えたい、いきなり高級ルアーを投げるのは躊躇してしまう、そういった初心者の方におすすめです!

ポイント2:専用ロッドなしで投げられる

90SFと110SFは、ベイトロッドのバーサタイルモデル(万能型)で投げられます。

ベイトロッドの最初の1本は、7g〜21gくらいのルアーに対応したものを購入する方が多いのではないでしょうか。おそらく、今みなさんがお使いのタックルで対応できるでしょう。

ビッグベイト専用ロッドや高級リールは必要ナシ

筆者は、初めて買ったジョイントベイトは90SFで、いつも使っていた安いベイトタックルで釣れました。

ポイント3:専用ウェイトシールでチューニングを楽しめる

BIOVEXから専用のウェイトシールが出ており、これでチューニングを楽しめます。

あまり細かいことを考えず、まずはこのシールを貼ってお気に入りの動きを出すようにしましょう。

使い方・釣り方

釣果データ

日にち時間天気表水温
(℃)
魚のサイズ
(cm)
釣り場の種類(規模)水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ヒットルアー ルアーカラーチューニング アクション
2020/9/1817:56データなし37cm野池A(小)濁っている岸際70-80cmジョイントベイト90SFチャートヘッドシルバーアユスローシンキング仕様(0.55gウェイトシール×2枚)デジ巻き/ターン
2020/11/415:46データなし32cm野池A(小)濁っている岸際/足元40-50cmジョイントベイト110SFバススローシンキング仕様(0.55gウェイトシール×2枚)デッドスロー
2021/11/1615:4515℃40cm野池A(小)かなり濁っている岸際40-50cmジョイントベイト90SFチャートヘッドシルバーアユスローシンキング仕様(0.55gウェイトシール×2枚)落ちパク/フォール
2021/11/2414:5410.6℃48cm河川A(小)濁っている岸際(ブッシュ下)70-80cmジョイントベイト90SFチャートヘッドシルバーアユスローシンキング仕様(0.55gウェイトシール×2枚)ただ巻き(遅め)

2020年〜2021年、90SFで3匹と110SFで1匹釣れました。

使用タックル

ロッド1シマノ
バスワンHG 1582-2(*)
リール1シマノ
バスワンXT 150
ロッド2ダイワ
ブレイゾンモバイル666TMB
リール2シマノ
SLX MGL 70(ノーマルギア)
ラインダイワ
BASS Xナイロン 12lb/16lb
*90年代後半に購入した古いロッド

基本的には、安価な入門機種で釣れています。

ブレイゾンモバイルはテレスコロッドですが、こちらはバイク移動だったため(テレスコロッドの記事はこちら)。

使用したフィールド

関東の田園地帯にある野池と川で使って釣りました。ざっくり特徴を書くと下記のような感じ。

野池
  • 小規模な溜池
  • 水質は茶系の強い濁り
  • ヘラ台やオーバーハングなど障害物が多め
  • 主なベイト:ブルーギル、エビ、虫、他
河川(水路)
  • 小規模な川(水路)
  • 水質は時期により変化するが濁っていることが多い
  • 変化に乏しく橋や水門などがわずかにある程度
  • 主なベイト:オイカワ、タモロコ、ザリガニ、他

実績のあるルアーカラー

チャートヘッドシルバーアユ
バス
カラー釣果
チャートヘッドシルバーアユ(90SF)3匹
バス(110SF)1匹

チャートヘッドシルバーアユは、その名の通り頭がチャートカラーなので、水中で姿を確認しやすくおすすめ。

バスカラーは、実質的にはキンクロとして使えます。万能カラー。背中はダークカラーなので、マーカーを貼って視認性を上げています。

チューンニング

ウェイトチューン

バイオベックスのウェイトシールを貼り、スローシンキング仕様にして釣りました。

使用ウェイトシール

バイオベックスの専用ウェイトシール。90SFと110SF、全く同じチューニングです。

Mサイズ(0.55g)のウェイトシールを2枚貼りました。貼る位置は、アゴ下あたりと、お腹のあたりに、それぞれ1枚ずつ(上の写真参照)。

使用するラインの種類(ナイロンかフロロか)、ラインの太さ、水温など、様々な要素で沈むスピードや動きが変わります。ご自身のタックルやフィールドに合ったチューニングを見つけてみてください。

マーカーで視認性アップ

背中の色がダーク系カラーの場合は、マーカーを貼るのがおすすめ。

ゆっくり動かすことが多々あるので、マッディウォーターで水中のジョイントベイトの位置を確認しながら操作できます。

筆者はティムコのルアーインディケーターを使用してます。自分の好きな大きさにカットできて便利です!

ルアーアクション

デジ巻きによる強めのターン

ジョイントベイトでの初バス

記念すべき初ジョイントベイトフィッシュは、デジ巻きで強めのターンをさせて釣りました。

ロッドを動かさず、規則的に「クイックイッ」とリールを少しだけ速めに巻く、いわゆる「デジ巻き」。

これを強めにやると、ジョイントベイトがクルッとターンをするのですが、ターンの直後にひったくられるような強いバイトがありました。

ジョイクロのようなキレイなS字ターンではありませんが、急にヒュン!と素早く動くジョイントベイトに、リアクションバイトしたのではないかと推測します。

デッドスロー

110SFのデッドスローで

デジ巻きでゆっくりと岸際を泳がせ、ルアーがヘラ台の横を通る際、速度を落としてデッドスロー気味にしたところ、ヘラ台の下に向かってグイっと引き込まれるようなバイトがありました。

自分の縄張りであるヘラ台に侵入者が来たため、威嚇のバイトをしたか、待ち伏せ中に餌がやってきたのでバイトしたのかなと推測。

フォール(落ちパク?)

野池の岸際に、障害物がごちゃごちゃと浮いていました。

そこに空いた隙間(ポケット)にジョイントベイト90SFをポチャンと落とし、少し沈み始めたかなというタイミングで下からバコン!と出ました。

若干、落ちパク気味でした。

一口サイズですし、勢いからして待ち伏せの捕食だったと思われます。

ただ巻き(遅め)

川の岸際に沿って、水深30cmくらいをキープしながらニョロニョロゆっくり泳がせ、ルアーがブッシュの下に差し掛かったあたりでスピードを落としました。

ブッシュ下をゆっくりと通過し始めたあたりで、下から突き上げるようなバイトがありました。

ガタイからして、ジョイントベイト90を餌として見ていたと推測します。水底で待ち伏せしていたところ、頭上を通過しようとしたルアーにバイトしたのでしょう。

使ってみて感じたこと

その1:ウェイトチューンは必須

ウェイトチューンは、必須です。

一度、ウェイトシールなしで動かしてみたところ、ダメダメでした。

その2:リアフックがひっかかりやすい

90SFも110SFも、投げていると頻繁にリアフックが連結部に引っかかり、直すのが面倒。

こういったデメリットもあります。

その3:集魚力は抜群

ニョロニョロした動きがかなりバスの興味をひくようで、泳がせていると近寄ってきます。

速めに巻くとチェイスはしてくるけど喰わない、ってことがけっこうあります。

多分、投げている人が少ないので、バスからしたら珍しいのだと思います。

その4:フォールで使える

落ちパク気味のフォールで(90SF)

ほとんどのプラグは、ゆっくりと沈めて誘うことができませんが、ウェイトチューンしたジョイントベイトは、フォールで使うこともできます。

実際、1匹は落ちパク気味でしたが、フォールし始めたくらいのタイミングでバイトがありました。

その5:スローな動きで誘える

11月下旬にスローリトリーブで(90SF)

2匹は、スローな動きで釣りました。ニョロニョロさせながら、ゆっくりと巻いてこれるのも、ジョイントベイトの大きなメリット。

11月、水温が下がってきた時期でしたので、スローなアクションが効いたようです。

また、自分の縄張りに侵入してきたジョイントベイトが、なかなか去ってくれず、威嚇のバイトという可能性もあります。

その6:釣れるバスのサイズが大きめ

体高のある48cm

体高がありボディもふっくらしているため、割とボリューム感のあるルアーです。

それが理由なのか、偶然なのかわかりませんが、釣れる魚がけっこう大きいです。

37cm、32cm、40cm、48cmと釣れていますが、これは、アベレージサイズが25cmの小規模フィールドに通っている筆者にとっては、かなりスゴイことなのです。

その7:使っていて楽しいルアー

サクっと釣れるルアーではありませんが、釣れるとそこそこ大きいし、楽しいルアーです。

自分の好みでウェイトチューンできるし、フォールで誘ったり、ゆっくり泳がせてみたり、ターンさせてみたり、操作が面白いルアー。

その8:コスパ最強

ジョイントベイト90SFは、筆者の自己記録(22年7月上旬時点)である48cmを釣ったルアーです。

ジョイント系ルアーとしては破格の、税込定価1400円程度。

それでいて、大満足の魚が釣れたので、やはりコスパ最強です!

おまけ:雷魚をも惑わす動き

20年9月下旬、90SFで42cmのライギョが釣れました。

デジ巻きでクイっとターンさせていると、足もとにライギョが姿を現し、完全に獲物を見る目で90SFを見つめていました。そして狙いを定め、猛烈にアタックしてきました。

おわりに

BIOVEXのジョイントベイトは、初心者の方でも気軽に試すことのできるジョイント系ルアー。

自分でチューニングし、魚が反応する動きを研究して釣るのは非常に楽しいものです。

まずは、90SFで試してみると良いと思います。110SFはボリューム感がありズッシリしているので、強風時でも使えました。

90SFも110SFも、小規模な野池や河川では活躍しやすいサイズだと思います。

みなさんがいつも使っているロッドとリールで扱えると思いますので、ぜひ使ってみてください。

参考記事

同じく連結ボディのリアルな動きが魅力の、HMKLアライブベイトも大きいバスが釣れます!

また、元祖ジョイント系ルアーであるジョインテッドクローの、128のインプレ記事もあります。よろしければ、ご覧ください。