【バス釣り】初心者にはナイロンラインがおすすめ

バス釣りを始めてみよう!と思い立った時、必ず必要なのがライン(釣り糸)。

しかし、釣具屋に行けば様々なラインがずらりと並んでいて、何を基準に選んでいいかわからないもの。

本記事では、バス釣りに使うラインの種類と特性の基本的な情報、おすすめのナイロンラインについてお伝えします。

こんな方におすすめの記事です
  • バス釣りを始める or 始めたばかり
  • ライン選びの基準がよくわからない
  • ラインの種類と特性の基本を知りたい

素材はナイロンがおすすめ

バス釣りのラインに使われている素材は、下記3種類が基本となります。

  • ナイロン
  • フロロカーボン
  • PE(ポリエチレン)

詳細な説明は割愛しますが、PEラインは初心者にはハードルが高い特徴があり、ほとんどの方はナイロンかフロロカーボンでバス釣りを始めます。

初心者でも扱いやすいと言われているのが、ナイロンラインです。

ライン素材の特性

ナイロンとフロロカーボンの大まかな特徴は下記の通りです。

 ナイロンフロロカーボン
価格安い高い
浮力浮きやすい沈みやすい
強度摩擦に弱い摩擦に強い
リールの巻ぐせクセがつきにくい
=トラブル少なめ
クセがつきやすい
(=トラブル多め)

その他にも、吸水性、伸縮性、柔軟性、感度、等々ありますが、正直、初めてやる人にとってはなかなか違いを感じづらいと思います。

重要なポイント
ナイロン(左)とフロロカーボン(右)

筆者の個人的な考えですが、初心者にとって重要なポイントは、価格リールの巻ぐせだと思います。

理由は、バス釣り入門時に下記を実感したからです。

  • 最初はライントラブルで糸を無駄にすることが多い
  • フロロカーボンからナイロンにしたらライントラブルが減った
  • フロロカーボンは本当にクセがつきやすいと実感した

ラインの太さについて(スピニングタックル)

*ナイロンラインを使う前提で進めます。

バス釣りでは、ラインの太さは、lb(ポンド)表記。入門時に使うことの多いスピニングリールであれば4〜6ポンドを使用するのが一般的です。

  • まずはワーム中心に使ってみたい → 4〜5ポンド
  • プラグを中心に使いたい → 6ポンド
  • 極力ラインブレイクは避けたい → 6ポンド

上記のような考え方もできますが、個人的にはナイロン6ポンドで全て対応可能だと感じています。

6ポンドで全て対応可能

ノーシンカーでの1匹

筆者はバス釣りを本格的に始めて4年目に突入しましたが、今でもスピニングタックルはナイロン6ポンドのみ使っています。

よく使うプラグ

よく使っているのは、2g〜6g程度のトップウォーター、ミノー、シャッド。

ナイロンラインは浮力があるので、特にトップウォーターとの相性が良いです。

かといって、ミノーやシャッドが使いづらいということはありません。

よく使うリグ(仕掛け)とワーム

リグ(仕掛け)
ジグヘッドリグ
  • ノーシンカーリグ(オフセットフック使用)
  • ノーシンカーワッキーリグ
  • ジグヘッドリグ
  • ネコリグ
参考記事

リグ(仕掛け)について知りたい方は、初心者に使いやすいリグを別の記事にまとめていますので、よろしければ下記をご覧ください。

ワーム
上:3インチヤマセンコー、下:4インチグラブ

ワームは、2〜5g程度のものを使います。下記は、使用頻度の高いワームの一例。

  • ゲーリーヤマモト 4インチグラブ・4インチカットテール・3インチヤマセンコー
  • O.S.P HPミノー3.1&3.7インチ
参考記事

特にゲーリーヤマモトのワームは簡単に釣れるのでおすすめ。筆者は今でもナイロン6lbで使っています。

ダイワBASS X ナイロンがおすすめ

最初の数回の釣行で、フロロカーボンをライントラブルであっという間に失い、枕を濡らす日々を乗り越えて辿り着いたのが、ダイワのBASS Xナイロンです(公式サイトはこちら)。

6lbであれば300m巻で税込900円前後。

2023年2月5日時点では、AmazonのPrime価格で6lbが931円でした。

BASS Xは、75mごとに目印となるシールが貼ってあり、75m×4回、リールに巻いて使えます。

リールと一緒にラインを購入すると、多くの釣具チェーン店では、無料でラインに糸を巻いてくれます。時間と労力を節約したい人はお店に頼んでしまいましょう。

耐久性は問題ないのか?

BASS X ナイロン 6ポンドで

耐久性に問題は感じていません。

2020年5月〜2022年10月の間に、スピニングタックルで336匹のバスを釣りました。釣った魚の最大サイズは38cm。

この336匹のうち、約300匹をダイワのBASS Xナイロン 6ポンドで釣りました。

バスが掛かっている時にラインブレイク(糸が切れた)したのは4〜5回だけ。やはり大きいのがかかり、ドラグ調整に失敗したり、水中にあった柵などの障害物にまかれてしまったときでした。

よっぽどのことがない限り、6lbなら切られることはありません。

ラインを切られないための対策

ドラグの調整も必要
  • こまめにラインを手で触ってチェック(傷んだ部分があればカット)
  • ドラグ調整に慣れる(大きいのがかかったら必要に応じて緩める)
  • オープンエリアを中心に使う(障害物が多い場所ではベイトタックルを使う)

ラインを切られてしまった数回は、やはり障害物がかなり多いフィールドでした。水中の障害物にラインが擦れてキレてしまうパターン。

ベイトタックルでもBASS X ナイロン!

筆者はベイトタックルでもBASS X ナイロンをずっと使っています。単純に、安くて量が多いから。

太さはルアーのサイズによって異なりますが、12、14、16、20、25ポンドを試しているところ。

上の写真は、BASS X ナイロンの12ポンドで釣り上げた41cmのバス。

このラインでデカバスとも十分に格闘できます。

他社製品との比較

ZALT’S ALL BASS ナイロン(公式サイトはこちら)も、同じく格安のナイロンラインです。

6lbをスピニングタックルで使用してみました。

 ダイワ
BASS Xナイロン
ZALT’S 
ALL BASSナイロン
感度・操作性
クセのつきやすさ
強度
実勢価格
(300m巻)
880円1,001円
*実勢価格はとある店舗の価格

2年間みっちり、ダイワのBASS Xナイロンを使用した後、ザルツオールバスナイロンを使用してみました。

使用感は差がないのですが、負荷がかかった時のクセのつきやすさ、耐久性については、ザルツの方が少し劣ると感じる場面がありました。

価格の面でも、BASS Xナイロンの方が安く、やはりおすすめです。

おわりに

筆者は、なんやかんや、BASS X ナイロンのみで3年間バス釣りを続けてきましたが、特に問題は感じていません。

始めたばかりの頃は、ライントラブルに苦しむことが多々あると思います。

自分の釣りスタイルが確立されるまでは、いろいろなラインを試しながら探っていくことになるでしょう。

入門者・初心者の方は、まずは、トラブルが少なくお財布にも優しいBASS Xナイロンからバス釣りを始め、慣れてきたらその他のメーカー、フロロやPEを試してみてはいかがでしょうか。