【インプレ】ブレイゾンモバイル もう2ピースには戻れない

収納・携帯に優れているのがテレスコロッド(振り出し竿)。バイク・自転車での釣行には欠かせません。

バス釣り専用のモバイルロッドであるダイワのブレイゾンモバイルを、オカッパリ釣行で使ってみました。

収納・携帯性、使用感、耐久性について、所感を交えながらお伝えします。

ブレイゾンモバイル概要

基本情報

ラインナップと仕様は下記の通り。

ベイトモデル
型番全長
(m)
仕舞
(cm)
自重
(g)
ルアー重量ライン
(lb.)
メーカー
希望本体価格
(円)
666TMB1.98451275〜18g
(3/16〜5/8oz)
7〜1614,500円
6106TMB2.08471335〜18g
(3/16〜5/8oz)
7〜1615,300円
6106TMHB2.08471377〜21g
(1/4〜3/4oz)
8〜2015,400円
製品情報ソース:ダイワ公式サイト
スピニングモデル
型番全長
(m)
仕舞
(cm)
自重
(g)
ルアー重量ライン
(lb.)
メーカー
希望本体価格
(円)
646TLS1.9342921.8〜7g
(1/16〜1/4oz)
4〜814,300円
666TLS1.9843941.8〜7g
(1/16〜1/4oz)
4〜814,500円
製品情報ソース:ダイワ公式サイト

長さや対応ルアー重量に少し差がある、全5種。いずれもバーサタイルモデルですね。

実勢価格

筆者が購入した際の価格を、参考までに。

型番購入価格
(税込)
購入先購入時期
666TMB
(ベイト)
約9,200円Amazon2021年10月
646TLS
(スピニング)
約11,000円楽天市場2021年11月

筆者は2本ともネット通販で購入しましたが、約1万円でリーズナブルな価格設定だと思います。

デザイン・ディテール

黒と赤を基調としたデザイン。グリップ部分にはコルクを採用。

666TMB(ベイト)
666TMB(ベイト)
666TMB(ベイト)
666TMB(ベイト)
646TLS(スピニング)
646TLS(スピニング)
646TLS(スピニング)
646TLS(スピニング)

ガイドリングについて

白い丸が固定されたガイド(666TMB)

ベイトモデル666TMBのガイドは、トップガイドと下二つはロッドに固定されており、その他の5つは、可動式。

可動式の5つのガイドリングは、360℃回転します。

釣りを始める際、ロッドを伸ばしきった後、自分で正しい向きに揃えて固定する必要があります。

白い丸が固定されたガイド(646TLS)

スピニングモデル646TLSは、トップガイド、上から4番目、下二つが固定されており、その他4つが可動式。

収納性・携帯性

収納性と携帯性に優れている。これがテレスコロッドの一番のメリットであり、購入する理由でしょう。

仕舞寸法

666TMB(ベイト)

ベイトモデル666TMBは、収納ケースに入れた状態で、約47cm。

これは、メジャー(巻尺)をあてて計測した数値です。多少の誤差はあります。

646TLS(スピニング)

スピニングモデル646TLSは、ケースに入った状態で、約45cm。

リールを付けたまま収納できる

上の写真の通り。いちいちリールを取り外す必要はありません。

原付バイクへの積載

リアキャリアにボックスを載せている

筆者のメインの移動手段は、スーパーカブ110。

ブレイゾンモバイルの積載はいくつかパターンがあります。

ボックスの中に入れる

上の写真は、スピニングモデルの646TLSですが、ベイトモデル666TMBも同様に収納可能です。

釣り用バッグとロッド1本のみ。ミニマムにして釣りに出かけます。

ちなみに写真のバッグはシマノのスリングショルダーバッグ(記事はこちら)。サイズ感の参考に。

使用しているボックスは、アイリスオーヤマのもの。詳細は下記の記事でご確認いただけます。

リアキャリアに載せる

ボックスが無い場合は、リアキャリアに載せればよし。下記の記事も参考になるかも。

スーパーカブ以外の場合

考えられるのは、メットインが大きな125ccクラスのスクーターでしょう。

ただ、個人的にはスーパーカブがおすすめです!

自転車への積載

筆者はクロスバイクというタイプの自転車に乗っています。

リアキャリアは標準装備ではないので、オプションパーツとして追加購入しました。

伸縮タイプのロープを使い、リアキャリアに固定しています。

釣りバッグに収納して背負う

シマノのバッグに、オプションパーツのロッドホルダーを取り付けているので、そこに収納して背負うこともあります。(ロッドホルダーの記事はこちら

これは、主に、川沿いなどでポイントからポイントに短距離・短時間だけ移動するときの方法。

バイクでも自転車でも大丈夫。

ブレイゾンモバイルは先端にかぶせるキャップがないので、ルアーやスナップがついたままでないと、スルスルと伸びていってしまうので、この点は注意が必要。

プラグの場合は、安全第一で、都度、プラグをバッグに収納してから移動しています。

リュックサックに入れる

リュックサック(バックパック)に入れるというのが、一番手っ取り早いですね。

徒歩、バイク、自転車、電車、なんでもアリ。

ある程度、大きめのリュックならすっぽり入ってしまいます。

使用感

キャスト、リトリーブ、バスとのファイト、抜き上げ、一連の動作においては、特に違和感や使いづらさは感じません。

グリップについて
666TMB

ベイトモデル666TMBは、グリップ部分のコルク面積が多いのですが、これが少し滑りやすく、いつか滑らせて落としそうで怖い・・・。意識してしっかり握るようにしてます。

646TLS

スピニングモデル646TLSは、グリップ部分のコルク面積が少なく、黒くて硬いプラスチック素材と赤い芯を中心に握るため、フィット感は少ない感じです。

硬め

久々にツーピースロッドを使用した時に感じたのは、「よく曲がる」ということ。

ブレイゾンモバイルは、けっこう硬め。竿のしなりが弱い感じです。

巻き抵抗が強めのルアーをリトリーブした時に、差を感じます。

投げているルアーの例

ベイトモデル 666TMB

プラグ
使用プラグ種類重さ
O.S.P 
ブリッツ
クランクベイト 9g
O.S.P 
ブリッツMR
クランクベイト 9.5g
O.S.P 
タイニーブリッツMR
クランクベイト 6.3g
O.S.P 
ベントミノー106F
ミノー系10g
ラッキークラフト 
ベビーシャッド75SP
シャッド10g
ヘドン
ザラパピー
トップウォーター7g
バイオベックス
ジョイントベイト90SF
ジョイント系11g
メガバス
X-80トリックダーター
ミノー9.8g
イマカツ
ゲキアサシャッド
シャッドクランク7g
シマノ
バンタムコザックSR
クランクベイト8g

上の表は、実際に投げてバスを釣ったプラグ。10g前後が投げやすいです。

スピナーベイト
使用ルアー重さ
O.S.P
ハイピッチャー DW
3/8oz
ダイワ
STEEZスピナーベイト TW
3/8oz
スミス 
ビバーチェ(ウィローリーフシングル)
1/4oz

スピナーベイトは、1/4oz〜3/8oz表記のものを投げています。

上の表は、実際に投げて釣ったルアー。

ワーム

O.S.Pドライブクロー4インチ、シンカー3.5gのフリーテキサスリグで釣ったことがあります。

ただ、カバーうちをしたのではなく、オープンスペースでボトムを攻めたり、スイミングで使いました。

ヘビーカバーを責める気にはなりませんが、無茶をしなければワームも使えます。

スピニングモデル 646TLS

使用ルアー種類重さ
O.S.P
ドゥルガ73F
ミノー4.4g
O.S.P
ドゥルガ73SP
ミノー 4.7g
O.S.P
ラウダー50
トップウォーター4.7g
O.S.P
ベントミノー76F
ミノー系4.3g
メガバス
DOG-X Jr. COAYU
トップウォーター5.6g
メガバス
ライブXスモルト
シャッド3.5g
ラッキークラフト
サミー65
トップウォーター5.8g
ラッキークラフト 
ベビーポッパー50
トップウォーター4.2g
ガンクラフト
ジョインテッドクロー70F
ジョイント系4.1g
HMKL
K-1ミノー65SP
ミノー 3.2g
イマカツ
IKスピンジャーク
ミノー4.2g
ジャッカル
ソウルシャッド45SP
シャッド2.7g
プロトラスト
ドローンシケーダ
虫系6g

投げて釣ったプラグは上の表の通り。

2.7g〜6gまで、種類もトップウォーターから虫系まで幅広く使えています。

使用ワームリグ
ゲーリーヤマモト
5インチカットテールワーム
ネコリグ
(0.8gネイルシンカー)
ゲーリーヤマモト
4インチグラブ
ジグヘッドリグ
(1.8g)
ゲーリーヤマモト
3インチヤマセンコー
ノーシンカーワッキー
フィッシュアロー
フラッシュJスプリット3インチ
ノーシンカー
(オフセットフック)
ジャッカル
チャンクロー2.8インチ
ネコリグ
(ネイルシンカー0.8g)
スミス 
モッサ 2.2インチ
ノーシンカー
(マス針ちょん掛け)

ワームは、ノーシンカー、ネコリグ、ジグヘッドリグなど、シンプルなライトリグで使用しています。

ワームも、特に使いづらさなどはなく、しっかり釣れています。

耐久性

やはり心配になるのが、耐久性ですね。簡単に折れるんじゃないか?と不安になります。

フッキング時

スピニングモデル646TLSではワームで何匹も釣っていますが、エイ!っとフッキングしても折れることはないので、大丈夫。

ベイトモデル666TMBでは、まだワームで釣ったことないですが、フッキング時に折れたことはありません(根がかりだったけど思いっきりフッキングしたことはあります)。

魚とのファイト

ベイトモデル666TMBでは、ブリブリの48cmをはじめ、40UPと何度かやりとりしていますが、特に折れたりすることはなし。

スピニングモデル646TLSでは、推定40cm前後とファイトしましたが、こちらも折れず。その時は、痛恨のラインブレイクでした・・・。

いずれにせよ、無茶なことをしなければ、魚が大きいからといって折れることはありません。

落としたら折れる

一度だけ、646TLSを折ったことがあります。先端がポッキリ。

ケースに収納せず、裸の状態で1mくらいの高さからコンクリートに落として折りました。

完全に自業自得。しっかりケースに入れて保護しておけば、折れることはないでしょう。

折れたら修理に出せばいい

釣具チェーンのキャスティング店舗に持ち込み、修理に出して無事に直りました。

下栓は取れやすいので注意

これは他のテレスコロッドも同じなのですが、下栓は、知らず知らずのうちに緩んでしまい、釣り場で落として失くしがち。

筆者はブレイゾンモバイルで1度、メジャークラフトのバスパラで1度、計2回、失くしています。

今では、毎回釣り場に到着すると、キャストする前に下栓の緩みを確認しています。

ちなみに、下栓も、キャスティングで取り寄せしてもらいました。

使ってみて感じたこと

前述の内容と重複する部分がありますが、使用して感じたことを書き出します。

自転車・原付バイクには欠かせない

カブ8割、自転車1割、車1割くらいの割合で釣りに行っていますが、自転車やバイク移動となると、圧倒的に便利・快適です。

スーパーカブを買った当初は、2ピースを持ち運べるようにロッドホルダーを自作して取り付けようか迷っていましたが、今ではその計画は無しに。

やはり、収納ケースに入ったまま固定して移動した方が、安心・安全です。

特にメインの移動手段であるスーパーカブについては、リアキャリアに積んだボックスに入れるだけ。こんな簡単でいいのかと思うほど。

車でも便利

車で行く時も、カゴにひょいっと入れて車に持ち込めるので、楽。

2ピースだと、気をつけていても色んなところにぶつけてしまいがちですが、ブレイゾンモバイルにその心配はなし。

使いづらさは特に無し

筆者にはそこまで繊細な感触の違いがわからず、ブレイゾンモバイルでも使いづらさは全く感じません。

事実、デカバスから小バスまで問題なく釣れているので、満足しています。

コスパは良い

1万円程度なので、安い方だと思います。

それでいて、バイクや自転車で快適に釣りを楽しめているので、コスパは高いと言えるでしょう。

デメリット・注意点

  • 先端は折れやすいのでケースへの収納必須
  • 下栓は取れやすい
  • 滑りやすい(666TMB)のでしっかり握るべし
  • 硬めでしなり具合は弱め
  • 釣り場到着時と出発時に準備に時間がかかる
  • バーサタイルモデルなので何かに特化した釣りはしにくい

おわりに

ダイワのブレイゾンモバイルは、コスパが良い優秀なテレスコロッドだと感じます。

買ってよかった、というのが感想です。

バイク移動がメインの筆者には欠かせない存在。バイク移動がメインの間は、もう、2ピースには戻れないかなあ・・・。

ちゃんと注意して扱えば折れることもないですし、実際に様々なルアーを使って釣れています。

自転車、バイク、電車、飛行機など、携帯性が求められる移動手段をご検討の方には、おすすめ。

ただ、ビッグベイト、フロッグなど、何かに特化した釣りに使うのは少し難しいかもしれません。