【自転車釣行】ロッドの積載にリアキャリアは必須!クロスバイクへの積載に必要なカスタムパーツ・グッズを紹介

クロスバイクを釣り仕様にカスタムし、釣りに出かけてみましょう。

しかしながら、やはり一番の課題は自転車へのロッドやタックルの積載です。

本記事では、筆者がバス釣り自転車釣行の際に使っている、積載に必要なパーツ・グッズを参考までにご紹介します。

クロスバイクでのバス釣り自転車釣行にカスタムは必要か?

カスタムは必要です。

クロスバイクには、ママチャリのようにカゴや荷台が標準装備されていません。

釣具を積載するためにも、必要なパーツやグッズを購入して取り付ける必要があります。

バス釣り仕様に必要なカスタムパーツ・グッズ

筆者の実例を入れつつ、必要なパーツやグッズを紹介していきます。

リアキャリア

個人的には、リアキャリアに大変助けられており、必須と言いたいところです。

釣り用バッグロッドランディングネット、これら全てを積載して、自分自身は身軽な状態で快適に移動できています。

MINOURA MT-800N
※赤いライトは別途購入して取り付けたもの

筆者が使用しているリアキャリアは、MINOURAのMT-800Nです。

所持しているクロスバイクがNESTOのVACANZE1なのですが、NESTO公式ウェブサイトにて、VACANZE1のオプションパーツとしてこのリアキャリアが掲載されていたので、購入しました。

概要は下記の通り。

メーカー/ブランドMINOURA
品名MT-800N
定価3,850円(税込)
材質スチールパイプ
カラー黒粉体塗装
製品寸法幅=135mm
奥行き=315mm
高さ=340mm
重量1.2 kg
耐荷重18kg
製品情報ソース:MINOURAウェブサイトMT-800N製品情報
自転車のサイズによっては別途パーツが必要
MINOURAのFB金具

私のVACANZE1 は「480mm」というサイズなのですが、ネットで調べてみたところ、MT-800N取り付けに別途「FB金具」と「ダボ付シートクランプ 」いう部品が必要と判明し、これらもリアキャリアと同時に購入しました。

自転車の種類やサイズによって必要なパーツは異なってくるようですので、注意が必要です。

grungeのダボ付きシートクランプ

自転車用ロープ

積み込んだ釣具を固定するのに、自転車用ロープを使っています。ホームセンターとかどこにでも売っている、ゴムのように伸びるやつです。

筆者は、近所の自転車屋さんにて200円くらいで購入しました。

テレスコロッドを差し込んで固定できるので便利です。テレスコロッドの記事はこちら

ランディングネットの積載も可能です。

ロッドケース

マルチピースロッドを収納し、リアキャリアに積載しています。

Tripquest(トリップクエスト)のロッドケースで、楽天市場で購入しました。

かなり頑丈な作りなので、これに入れておけば折れる心配はなさそうです。

ロッドケースの詳細は別の記事にまとめています。よろしければ、こちらからご覧ください。

ロッドベルト

2ピースロッドを積載する際、リアキャリアにロッドベルトで固定しています。

solfiesta」というブランドの「ロベルト」という商品で、行きつけの釣具屋さんで購入しました。

SとMサイズ両方使っています。

おまけ

ヘッドライトの装着は義務、後方はテールライトがあると安心

リアキャリアでの積載の前に必要になるのは、ヘッドライトの装着(義務)です。後方は反射板でも法的には問題ありませんが、テールライトがあると安心・安全

下記の記事で紹介してますので、ご興味のある方はどうぞご覧ください。

・ヘッドライト(CATEYE VOLT800)の記事→こちら

・テールライト(CATEYEリフレックスオート) の記事→こちら

おわりに

今回は、「積載」という観点から、クロスバイクでの自転車釣行に必要なグッズとパーツを、実例を交えて紹介しました。

これらのパーツ・グッズがあると、自転車釣行が何倍も快適に楽しめますので、おすすめです。

少しでも本記事の情報が参考になれば幸いです。

自転車専門店(ワイズロード )からオンラインでの購入も可能

筆者がクロスバイクや一部のパーツを購入したワイズロードさんが、オンラインで販売を行っています。下記のリンクをクリックでサイトへ飛べます!

参考記事

クロスバイクで釣りに行くときによく履いているパンツの記事です!よろしければぜひご覧ください。