【インプレ】シマノ製ロッドホルダー バッグに取付で便利に

バス釣りのオカッパリ(岸釣り)で、ロッドを2本持ち歩く際に便利なのが、ロッドホルダーです。

シマノ製ロッドホルダーをシマノ製「XEFO・タフスリングショルダーバッグ」に取り付けて、2年以上使用した所感・使い勝手などをご紹介します。

シマノ製 ロッドホルダー 概要

カラー:ベージュウィードカモ

基本情報

ブランドシマノ/SHIMANO
商品名ロッドホルダー 
型番/品番BP-063S
外寸(cm)8×5×25
カラーブラック/グレー
素材ポリエステル
税込定価2,200円
製品情報ソース:シマノ公式サイト

上記は、2022年12月2日時点の情報です。

筆者が購入した時期は、2020年5月。ベージュウィードカモというカラーでした。

現在は、ブラックとグレーの2色となっているようです。

実勢価格

2020年5月下旬にAmazonで購入した時は、1,600円台でした。

2022年12月2日時点では、Amazonでは、2,000円台です。

重さ

計測結果は、約116gでした。

製造国

筆者のものは、タグに「中国製」と表記がありました。

取付は二ヶ所固定が必須

裏面

裏面を見ると、縦横のベルトに対応していますが、この横向きの短いベルト2個で二ヶ所固定するか、もしくは、縦の長いバンドをベルトホール二ヶ所に通す必要があります。

横向きの短いベルト2個で固定

ポイントは、ロッドホルダーの上部と下部の二点で固定する、ということです。

ズボンのベルト、各種バッグ、いろいろと試してみましたが、一ヶ所固定だと安定せず、ロッドの重みで横に傾くため、使用可能とは言えません。

縦向きの長いバンドをベルトホール二ヶ所に通した例

ロッドを地面につけないよう、一時的に休ませておく目的であれば一ヶ所固定でもよいかもしれませんが、ロッドを背負ったままランガンしたいのであれば、二ヶ所固定が必須となります。

収納可能なロッドの種類

筆者はバス釣りのオカッパリにしか使っていませんので、バスロッドを基準にお伝えします。

スピニングロッド

スピニングロッドは何の問題も無さそうです。上の写真、ロッドは、シマノのバスワンXT263L-2です。

ベイトロッド

太めのベイトロッドを試してみましたが、こちらも何の問題もありません。

上の写真、ロッドは、シマノのバスワンXT1610H-2。ヘビークラスで、35gまでのルアーに対応したロッドです。

ビッグベイト専用ロッド

レジットデザインの「WSC68XXH-5″Big Bait Special”」をさしてみましたが、入り口で先端の丸い部分が少し突っかかるものの、問題なく入りました。

ビッグベイト専用ロッドとなると、全てのロッドに対応できるかは怪しいところですが、一般的なブラックバス用のスピニングロッドとベイトロッドであれば、おそらく全て対応できると推測します。

2年ほど使ってみて感じたこと

実際にロッドを背負った例

筆者は、シマノ製「XEFO・タフスリングショルダーバッグ」に取り付けて、2年ほどオカッパリ(岸釣り)で使用しました。

この条件に基づいた所感となります。

参考記事

ロッド2本携帯で釣りの幅が広がる

スピニングとベイト1本ずつを持ち歩いてランガンする方は、多いと思います。

やはり、使用していないロッドを背負いながらランガンできるのは非常に便利。

ベイトで巻物を投げつつも、ポイントによってはスピニングを使ってワームを沈ませたい、といった場面にも対応可能。

釣りの幅が広がるというのが最大のメリットでしょう。

オープンエリアでないと使用しづらい

XEFOタフスリングショルダーバッグは、斜めに背負います。

ですので、どうしてロッドを真っ直ぐタテに背負うのが難しくなってしまい、気をつけて歩かないと、周りの障害物にぶつかってしまいます。

一番よくぶつかるのは、木々。藪漕ぎは、ロッドを傾けて押さえながら進むか、手に持って進まないと厳しいでしょう。

取付可能なバッグが限られる

シマノの製品なので当然かもしれませんが、おそらくシマノ製バッグに取り付けるよう設計されているのだと思います。

ズボンのベルトホールなどでは二ヶ所固定が難しく安定しません。

取付可能なシマノ 製バッグと合わせるのが無難でしょう。

自転車釣行にも便利

テレスコロッドを差したバッグを背負って自転車を漕ぐのに便利。

片道30分程度の近場なら、このスタイルで行くことが多いです。

まとめ

・縦横両方向のベルトに対応

二ヶ所固定が必須

・一般的なバスロッドであればおそらく全て収納可能(ビッグベイト用は怪しい)

・オープンエリアでないと使いづらい

・取り付けはシマノ製バッグのみと考えた方が無難

・自転車釣行にも便利

おわりに

シマノのロッドホルダーは、オカッパリ釣行時にロッド2本でランガンするのに便利なアイテムです。

しかしながら、実用的なレベルで使用・取付が可能なのは一部のバッグに限られるため、シマノ製のバッグと合わせるのが無難かと思います。

シマノ製のバッグを使っている方または購入予定の方は、二ヶ所固定が可能かどうかを事前によく確認することをおすすめします。

参考記事