スーパーカブ純正リアキャリアの釣り具積載・移動方法!コンパクトにまとめて行くバス釣りオカッパリ釣行

バイクの機動力を生かした釣行は楽しいもの。しかし、一番の課題が釣具の積載・運搬。

本記事では、筆者がバス釣りおかっぱり釣行で使っているホンダ「スーパーカブ110(JA07)」を例に、リアキャリアに釣り具を積載・移動している事例をご紹介します。

リアキャリアは必須

スーパーカブの純正リアキャリアは大きいので助かる

必要な釣り具を積載し、快適に運転・移動したい場合、リアキャリアは必須でしょう。

筆者は大きめの純正リアキャリアが装備されたスーパーカブ110ですので、追加でキャリアの取付はしていません。

その他の車種の場合、リアキャリアの取付をおすすめします。

参考記事

釣りにおけるスーパーカブのメリットを紹介した記事です。ぜひご覧ください。

荷物(釣り具)はコンパクトに

筆者がリアキャリアに載せるのは3点のみ。

  1. ランディングネット
  2. 釣り用バッグ
  3. コンパクトロッド

下記で少し詳しくご紹介します。

ランディングネット

伸縮式ネットはおかっぱりで活躍する

ジャクソンの「スーパートリックスターネット」を使っています。ネットの詳細記事はこちら

ランガンジョイントでおりたたみ式に

オプションパーツである「ランガンジョイント」を使うと折りたためるので、カブのキャリアで積載可能となります。

ランガンジョイントのインプレ記事はこちらから。

釣り用バッグ

*ロッドホルダーとペットボトルホルダーはオプションパーツ

シマノの「XEFOタフスリングショルダーバッグ」を主に使っています。バッグのインプレ記事はこちら

キャリアからはみ出さないサイズで、容量大きいので助かっています。

コンパクトロッド

キャリアに積載するのであれば、コンパクトロッドを使うのが一番楽です。筆者は伸縮式のテレスコロッドを使うことがほとんどです(テレスコロッドのインプレ記事はこちらから)。

リアキャリアへの積載方法

シンプルですが、カブの純正リアキャリアへの積載方法・手順をご紹介します。

手順1:ランディングネットを載せる

平たいのでランディングネットを一番下にします。

手順2:釣り用バッグを載せてロープで固定する

筆者は自転車用の伸縮性のあるロープを使っていますが、特に問題なし。

近所の自転車屋さんに売っていた200円程度のものです。

手順3:ロープにロッドを差し込む

最後に、ロッドをロープに差し込みます。

なるべくロープの内と外を縫うように絡ませて、固定します。

これで完成

出発前に必ず、しっかり固定されているか確認します。

ガッチリ固定できているか確認

バッグとロッドを背負っても可

筆者はシマノのXEFOタフスリングショルダーバッグに、オプションで付けられるシマノ製ロッドホルダーを付けているので、短距離であればロッドホルダーにロッドをさして、バッグを背負ったまま運転します。

極論、これだけでも釣りに行ける

この場合、リアキャリアにはランディングネットのみを積載します。

また、バッグだけを背負って、ネットとロッドをリアキャリアに積載する場合もあります。

ランディングネットを使わない方であれば、リアキャリア無しでも何とかなりますね。

テレスコロッドが付いたバッグを背負って釣りに出かけられます。

釣り中のヘルメット盗難対策

ボックスを積んでいない場合、ヘルメットの盗難やイタズラが心配。釣りに集中できるように、便利なアイテムを購入しました。

下記の記事をぜひご覧ください。

おわりに

バイク釣行は、リアキャリアに釣り具を積み込んで、体に負荷をかけずに快適に運転することをおすすめします。

一番の課題であるロッドとランディングネットについては、テレスコロッドと折りたたみ式ネットを使うことで克服できます。

スーパーカブであれば、大型のリアキャリアが標準装備なのでおすすめです!

みなさんもぜひ、バイクに釣り具を積み込んで、細い道をグングン進みながらバイク釣行を楽しんでください!

参考記事

ホムセン箱を取り付けても便利です!