【バス釣り】野池・小河川で釣れるジョイント系ルアー5選!オカッパリ釣行で結果を残したルアーたち

連結ボディがおりなすリアルな動きが魅力のジョイント系ルアー。操作が楽しくて釣れた時の喜びも格別です。

関東の小さな野池や河川でのおかっぱり釣行で投げてみたところ、いくつかのジョイント系ルアーが結果を残しましたのでご紹介します。

釣りの条件

オカッパリが基本
対象期間2020年9月〜2021年11月
釣り人の経験値2020年5月にバス釣り開始
釣りスタイルオカッパリ(岸釣り)
エリア関東地方の田園地帯(茨城、埼玉、千葉)
メインフィールド小さな野池、小河川
水質基本的にマッディ、一部の河川は割とクリア
主なベイト野池:ブルーギル、甲殻類全般、虫、カエル
河川:オイカワ等の小魚、甲殻類全般、カエル
備考釣り場は基本的に農業用水の溜池か水路

上記のような条件で、実績を残したジョイント系ルアーを5つご紹介します。

とある水路

ジョインテッドクロー70F

元祖ジョイント系ルアーであるジョインテッドクローシリーズの最小サイズ、ジョイクロ70のフローティングモデル。

ルアー名JOINTED CLAW 70
(ジョインテッドクロー70)
メーカー/ブランドGAN CRAFT(ガンクラフト)
サイズ70mm
重さFloating:4.1g
フックサイズフロント:#12
リア:#14
定価(税込)2,860円
製品情報ソース:ガンクラフト公式サイト製品情報ページ

特徴・使い方・感じたこと

  • スピニングタックル(バーサタイルモデル)で投げられる
  • 操作はけっこう難しい
  • 水流をうまく利用して誘うと釣れやすい
  • 軽めのトゥイッチでよく釣れる
  • ラインがフロントフックにひっかかりやすい
初心者は水流に頼るべし

成績

釣ったバスの数12
釣ったバスの平均サイズ約20cm

小型ばかりですが、よく釣れました。釣ったのは全て小河川。うち6匹は1日に釣れたので、数釣りも狙えるかも。

インプレ記事

ジョイントベイト110SF

ジョイントベイトシリーズ、5兄弟の真ん中のサイズ。

ルアー名Joint Bait 110SF
(ジョイントベイト110SF)
メーカー/ブランドBIOVEX(バイオベックス)
タイプスローフローティング
サイズ110mm(4.5inch)
重さ17g(5/8oz)
フックサイズフロント:#6
リア:#8
カラー展開29色
定価(税込)1,430円
製品情報ソース:バイオベックス公式サイト製品情報ページ

特徴・使い方・感じたこと

  • バーサタイルロッド(ベイト)で投げられる
  • サイズ・ボリューム的にそこそこ脅威を与える存在感
  • 4連結ボディによるスネークアクションがリアル
  • リアフックが関節部分に引っかかりやすい
侮れない4連結ボディの威力

成績

釣ったバスの数1
釣ったバスの平均サイズ32cm

小さな野池で釣れました。

ヘラ台に隠れていたバスが食ってきたのですが、ゆっくりと近づいてきたので脅威を感じて攻撃したのか、もしくは一度にお腹を膨らませたかったのか・・・。

ジョインテッドクロー128

元祖ジョイクロ178のダウンサイジング版。

ルアー名JOINTED CLAW 128
(ジョインテッドクロー128)
メーカー/ブランドGAN CRAFT(ガンクラフト)
サイズ128mm
重さ3/4oz class
フックサイズフロント:#5
リア:#6
定価(税込)3,850円
製品情報ソース:ガンクラフト公式サイト製品情報ページ

特徴・使い方・感じたこと

  • バーサタイルロッド(ベイト)で投げられる
  • 小規模フィールドにマッチしたサイズ感
  • デッドスローで誘いやすい
  • 幅広いアクションで誘える
  • ハイギアリールでのデジ巻きが使いやすい

成績

釣ったバスの数3
釣ったバスの平均サイズ約30cm

3匹とも小さな野池で釣りました。

ジョイクロ178だとなかなかバイトがないですが、128はサイズ的に小さな野池にマッチしていると感じます。

27cmも釣れた
インプレ記事

アライブベイト

驚異の5連結ボディを持ったジョイントミノー。

ルアー名ALIVE BAIT(アライブベイト)
メーカー/ブランドHMKL(ハンクル)
サイズ14cm
重さ16.5g
フックサイズフロント:#4
リア:#6
定価(税込)4,290円
製品情報ソース:ハンクル公式サイト製品情報ページ

特徴・使い方・感じたこと

  • 5連結ボディが出すヘビのような動きがリアル
  • 14cmの長さでニョロニョロするのでアピール力は高め
  • アクションとしてはニョロニョロを活かしたタダ巻きが良し

成績

釣ったバスの数1
釣ったバスの平均サイズ45cm

小さな川(水路)にて、ゆっくりとニョロニョロさせて釣りました。ファーストフィッシュが嬉しい45UP。

インプレ記事

ジョイントベイト90SF

入門しやすいサイズと価格。初めてのジョイント系ルアーにおすすめ。

ルアー名Joint Bait 90SF
(ジョイントベイト 90SF)
メーカー/ブランドBIOVEX(バイオベックス)
タイプスローフローティング
サイズ90mm(3.5inch)
重さ11g(3/8oz)
フックサイズフロント:#8
リア:#10
カラー展開23色
定価(税込)1,408円
製品情報ソース:バイオベックス公式サイト製品情報ページ

特徴・使い方・感じたこと

  • バーサタイルロッド(ベイト)で投げやすい
  • サイズ・ボリューム感・価格の面で初心者に優しい
  • 4連結ボディによるスネークアクションがリアル
  • ハイギアリールを使ったデジ巻きによるターンでも誘える
  • リアフックが関節部分に引っかかりやすい

成績

釣ったバスの数3
釣ったバスの平均サイズ約42cm

小さな野池と小河川の両方で釣れました。

大きいバスにとっての食べ頃サイズなのか、平均サイズが大きい。

22年1月時点での筆者の自己最大記録 48cm
インプレ記事(90SFと110SF)

ウェイトチューニングは必須!

今回ご紹介した5つのルアーですが、ウェイトシールを貼ってチューニングする必要があります。チューニングなしだと、かなり動きが悪いです。

チューニング方法の詳細は、上記、各ルアーの詳細記事にてご確認ください。

おわりに

今回ご紹介したルアーは、一般的なルアーとは一味違ったアクションを楽しむことができます。

ウェイトチューニングは少し面倒ですが、それも含めて楽しめる人にはおすすめです。釣れた時の喜びは格別です!

筆者が最初に買って使ったのは、ジョイントベイト90SFでした。安くて投げやすいので、入門用としておすすめです。

みなさまが思い出の1匹と出会えることをお祈りしております。