【インプレ】ワンダージョイント58ティンセル 変幻自在のトリックアクション

ラッキークラフトのワンダージョイント58ティンセルは、ユニークなルアー。

ジョイントボディを持ったシンキングペンシルという、なかなかの変わり種。

ただ、これが、数釣りで活躍するめちゃくちゃ面白いルアーでした。

オカッパリでバスの数釣りに使ってみましたので、特徴、釣り方・使い方、使ってみて感じたことをお伝えします。

ワンダージョイント58ティンセル概要

基本情報

ブランドラッキークラフト
Lucky Craft
ルアー名ワンダージョイント58ティンセル
Wander Joint 58 Tinsel
サイズ/長さ58mm
重さ2.2g
タイプシンキング
潜行深度0m
定価(税込)1,650円
製品情報ソース:ラッキークラフト公式サイト
フックサイズ

フックサイズは#12(筆者調べ)。

純正フックと市販のトレブルフックのサイズを照らし合わせてみたところ、フックサイズは#12でした。

サイズ感
上はフラッシュミノー

同じラッキークラフトのフラッシュミノーと比べてみました。

80mmでかなり細身のフラッシュミノーですが、それよりもさらに細いですね。

上からの図

ボリューム感はありません。

フォルム(形状)

フォルムは、細長いベイトフィッシュの稚魚といった感じ。

ワカサギ、オイカワ、クチボソなどの細長い魚の稚魚を連想させます。

アイ

横アイを搭載。

シンキングペンシルなので、リップは搭載なし。

ラトル

振ってみると微かに、シャカシャカ音がします。

基本的にはフラッシングや動きで誘うルアーで、音のアピール力はあまりないと感じます。

釣果データ

小型がよく釣れる
30cmクラスも釣れる
日にち時間天気風速
(m/s)
表水温
(℃)
魚のサイズ
(cm)
釣り場の種類
(規模)
水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ルアーカラーアクション
2022/8/2515:222m26.2約17河川A(小)濁っている護岸沿い70-80cmベイトフィッシュシルバートゥイッチ
2022/8/2515:332m26.2約17河川A(小)濁っている護岸沿い70-80cmベイトフィッシュシルバートゥイッチ
2022/8/2515:462m26.2約17河川A(小)濁っている護岸沿い70-80cmベイトフィッシュシルバートゥイッチ
2022/8/2516:012m26.2約17河川A(小)濁っている護岸沿い70-80cmベイトフィッシュシルバートゥイッチ
2022/8/2516:052m26.2約17河川A(小)濁っている護岸沿い70-80cmベイトフィッシュシルバートゥイッチ
2022/8/2516:452m26.2約17河川A(小)濁っている護岸沿い1mベイトフィッシュシルバートゥイッチ
2022/8/2516:542m26.2約17河川A(小)濁っている護岸沿い1mベイトフィッシュシルバートゥイッチ
2022/10/314:341m23.2約15河川A(小)濁っている橋の下(護岸沿い)30-40cmベイトフィッシュシルバートゥイッチ
2022/10/314:511m23約15河川A(小)濁っている障害物まわり/橋の下40-50cmベイトフィッシュシルバートゥイッチ
2022/10/315:071m2312河川A(小)濁っている障害物まわり/橋の下40-50cmベイトフィッシュシルバートゥイッチ
2022/10/315:431m21.830河川A(小)濁っている護岸沿い70-80cmベイトフィッシュシルバートゥイッチ

夏。小バスが元気な時期に、1.5時間ほどで7匹釣れました。

チェイス、バイト、バラしを含めたら相当な数でしたが、しっかり釣り上げたのは7匹。

1匹だけ計測したら17cmくらいで、全く同じサイズが立て続けに釣れました。

10月、初秋、相変わらずミニサイズが立て続けに釣れましたが、ついに30cmクラスを確保。

30cmクラスも釣れる時は釣れることが判明しました。

実釣動画

約3分の実釣動画です。動かし方のイメージを掴んでいただけるかと思います。

よろしければご覧ください。

使用タックル

ロッドダイワ 
ブレイゾンモバイル646TLS
リールシマノ
セドナ2500S
ラインZALT’S
ALL BASSナイロン6lb

ロッドは、バイク移動だったのでテレスコロッド(振り出し竿)を使用。

リールもラインも、格安のものです。

ラインとの接続方法

筆者はスナップを使用しました。

使用したフィールド

エリア関東地方の田園地帯
釣り場タイプ河川(水路)
規模
水の流れ緩やか
水質時期によるが濁っていることが多い
水深最も深い場所で推定1.5m程度
特徴・変化に乏しい
・わずかながら橋脚や水門はあり
主なベイト・オイカワやタモロコなどの魚
プレッシャーやや高い

マッディとまではいかないものの、少し濁りの入ったステインウォーターという感じで、小柄なワンダージョイント58ティンセルでも、よく気づいてもらえました。

実績のあるルアーカラー

カラー釣果
ベイトフィッシュシルバー11匹

これぞベイトフィッシュといったシルバーカラー。

背中、側面、お腹、それぞれカラーが異なるので、動かしていると明滅効果抜群で、めっちゃ魚を寄せてくれました。

ルアーアクション

小刻みなトゥイッチで動かして釣りました。

言葉では説明し難いトリッキーな動きをしてくれるのですが、とにかく小バスがよく反応します。

釣れたポイント・レンジ

釣れたポイントは、護岸沿い、橋の下、沈んでいる障害物まわりなど。

表層で動かすので、基本的には水深5cm〜10cmくらいでバイトしています。

使ってみて感じたこと

*あくまで筆者の使用タックル、フィールド等の条件で感じたことです。参考程度にご覧ください。

変幻自在のトリッキーなアクション

ジョイントボディを活かしたクネっと曲がるターン、水中ドッグウォーク、ローリングなど、縦に横に斜めに動き、非常にトリッキーなアクションをします。

一般的なミノーでもペンシルベイトでも不可能な動きでバスを寄せてしまいます。

ボイルアクションも可能

水面で、細かく連続で高速トゥイッチをすると、水面を逃げ惑うベイトフィッシュのボイルそのもの。

これは、ベントミノーに近いものを感じますが、ベントミノーとはまた違ったアクションです。

参考記事
ただ巻きでi字引きも可能

せっかくの連結ボディを活かさないアクションですが、ただ巻きをすればi字引きもこなします。

釣れませんでしたが、i字引きでもバイトはありました。

フラッシング・明滅効果が強い

背中、側面、お腹、それぞれ違うカラーなので、水中でローリングなどの動きをしていると、明滅効果が強いです。

側面のシルバーはよく光を反射して、フラッシングでアピール可能。

基本的には動かし続けて釣る

シンキングペンシルなので、何もしないと沈んでいきます。

見切らせないという意味でも、基本的には動かし続けて表層を泳がせて誘います。

ミノーやペンシルベイトなど、動かすのが得意・好きな方には楽しいルアーです。

フック1つだが意外とフッキング率は高い

小バスという前提ですが、もちろん、フッキングして乗らないこともあります。

しかし、7割〜8割はフッキングが決まる印象。あまり心配しなくても大丈夫です。

数釣りに強いが良型も狙える

11匹目にして釣れた30cm

ミニサイズからの反応が圧倒的に良く、たくさん釣れます。

しかし、30cmクラスも釣れることは釣れます。

おわりに

スピニングタックルで投げる小型プラグに関しては、相当な数を投げてきた筆者ですが、このワンダージョイント58ティンセルは、初めて動かした時に、釣れることを確信しました。

予想通り、90分ほどで7匹を釣り、その他に多数のバイトとチェイスがありました。

一般的なミノーやペンシルベイトでは出せないトリッキーなアクションが魅力的。

スピニングタックルで小型プラグを投げるのが好きな方には、楽しんでもらえるルアーだと感じています。