【インプレ】スライドスイマー115 首振りで捕食スイッチON

デプスのスライドスイマー115は、喰わせサイズの小型ビッグベイト。

ジョイントボディが機敏な首振りアクションを演出します。

オカッパリでバスを狙ってみましたので、釣った方法、使ってみたインプレをご紹介します。

※マイナーチェンジする前の、2009年モデルで実釣したインプレとなります。

スライドスイマー115概要

ブランドDeps
デプス
ルアー名new SLIDESWIMMER 115
ニュー スライドスイマー 115
タイプスローシンキング
長さ(サイズ)115mm
重さ22g
税込定価 3,300円
発売時期2020年8月
フックサイズ#5
スプリットリング#3
製品情報ソース:デプス公式サイト

上記は、2022年12月1日時点の情報です。

2020年8月にマイナーチェンジした「new」スライドスイマーがデビュー。

筆者が使用しているのは、マイナーチェンジ前の2009年モデルです。

サイズ感
下:ジョイクロ128

同じく小型ビッグベイトのひとつに、ガンクラフトのジョインテッドクロー128があります。

長さはないものの、ボディはジョイクロ128よりも太く、ボリューム感はあります。

ソフトシェルをまとったボディ

ゴムのような樹脂でボディが覆われており、本物のベイトフィッシュに近い質感となっています。

可動域が広いジョイントボディ
手で引っ張れば曲がる

90度まで曲がるジョイントボディは、首振り能力の向上に寄与。

ジョイクロ128と比べても、可動域の広さがわかります。

釣果データ

1匹目
2匹目
No.日にち時間天気風速
(m/s)
表水温
(℃)
魚のサイズ
(cm)
釣り場の種類
(規模)
水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ヒットルアー ルアーカラーアクション
111月14日14:511〜2m13℃25cm河川H(小)濁っている用水路70-80cmスライドスイマー115コアカ水中ドッグウォーク
(高速デジ巻き)
211月30日14:381m16.8℃32cm河川H(小)かなり濁っている用水路50-60cmスライドスイマー115コアカ水中ドッグウォーク
(高速デジ巻き)

晩秋11月、中旬と下旬に1匹ずつ。

末日は、関東では気温が20℃まで上昇した暖かい日で、活性が高かったようです。

使用タックル

ロッドメジャークラフト
バスパラBXCT-705H
リールシマノ
SLX MGL 70XG
(エキストラハイギア)
ラインダイワ
BASS X ナイロン 16lb

ロッドは、バイク移動だったのでテレスコロッド(振り出し竿)を使用。

11〜42gのルアーに対応した、ヘビークラスのテレスコロッドです。

リールは、エキストラハイギア。

こういった首振りが得意なジョイント系ルアーであれば、デジ巻きで良いアクションを出しやすいので、ハイギアタイプがおすすめです。

ラインは、格安のものを使用しました。

使用したフィールド

エリア関東地方の田園地帯
釣り場タイプ水路
規模
水の流れ緩やか
水質通年で強い濁り
水深最も深い場所で推定1m程度
特徴・変化に乏しい
・大河川の本流と繋がっている
主なベイト・ブルーギル
・オイカワやタモロコ等の魚
プレッシャーやや低い

上記のような条件の水路から分岐している、幅2m以下の小さめの用水路で釣りました。

当日は、いずれも雨の翌日だったため、カフェオレのような強い濁りでした。

ルアーアクション

2匹とも、水中ドッグウォークで釣りました。

ロッドを動かさず、リールのハンドルを規則的に動かすデジ巻きで、素早く首振りをさせました。

一定のリズムで高速で動かすことで、速めのドッグウォークが可能。

幅2m弱の用水路で、水深10〜20cm程度のレンジを泳がせていると、バイトがありました。

実績のあるルアーカラー

カラー釣果
コアカ2匹

2009年のdepsメンバーシップ限定カラー。

視認性が高く、マッディウォーターでも使いやすいです。

また、ソフトシェル内部はホログラム仕様となっており、動かすとフラッシング効果もあります。

使ってみて感じたこと

※マイナーチェンジ前の2009年モデルを使用した所感です。また、あくまで筆者の使用タックル、フィールド等の条件で感じたことですので、参考程度にご覧ください。

水中ドッグウォークしやすい

ボディの可動域が広いので首振りしやすく、水中ドッグウォークが得意です。

見切られないために、一定の速度で規則的に動かすのがおすすめ。

そのためには、ある程度のスピードを維持しないと、アクションが破綻してしまいます。

速めのデジ巻き・水中ドッグウォークを実現するために、リールはハイギアの方がベターでしょう。

リトリーブは遅めに

リトリーブなら、遅めに巻いたほうが良いです。

速すぎるとキレイに泳ぎませんが、遅めのただ巻きなら、左右に蛇行する感じでリアルな泳ぎを披露します。

サイズと機敏なアクションで喰わせる

釣れたのは11月。表層をうろつくバスが少なくなってきた時期でした。

同じ用水路で、ゆっくり動かしたり、ただ巻きしてみたり、様々なアクションを試しましたが、結局は、2匹とも、速めにキビキビと首振りをしたら釣れました。

おそらく、機敏に動く「喰わせサイズ」のスライドスイマーを見て、捕食スイッチが入ったのでしょう。

ストラクチャーがほとんどない用水路なので、縄張りに侵入してきた他社への攻撃ではなく、ボトム付近にいた個体が、表層を泳ぐスライドスイマーを発見して、喰うために上がってきたと推測します。

ジョイクロ128との使い分け

筆者は、ジョイクロ128のフローティングモデルも使っていますが、スライドスイマー115との使い分けは、下記の通り。

ジョイクロ128F
  • ウェイトチューンでサスペンドに近い仕様に調整
  • ストラクチャーが多い小場所でゆっくり動かして誘う
  • デッドスローでストラクチャーに沿ってタイトに動かして誘う
  • ストラクチャーに付いているバスからの威嚇バイトも誘発
スライドスイマー115
  • チューニングなしで使用
  • ストラクチャー少なめのエリアで速めに動かして使う
  • 高速デジ巻きによる水中ドッグウォークでバスの捕食スイッチをON

おわりに

デプスのスライドスイマー115は、可動域の広いジョイントボディが特徴的で、機敏な首振りアクションが魅力。

喰わせのサイズ感なので、25cm程度の魚も釣れてしまいます。

デッドスロー的なアクションは苦手ですが、ある程度スペースのある場所で、首を振り振りさせてやると、良い釣果を得られることでしょう。

ジョイクロ128とうまく使い分けながら、小型ビッグベイトを楽しめると思います。

参考記事

ウェイトチューンで自分の好みの使用にするなら、ジョイクロ128がおすすめ。