【インプレ】HMKLアライブベイトは生き物!5連結ボディのリアルなアクションが魅力

HMKL(ハンクル)のジョイントミノー「アライブベイト」は、その名の通りまるで生きているようなリアルな動きが魅力です。

関東でのおかっぱり釣行でニョロニョロさせてバスを釣りましたので、この経験をもとに、ウェイトチューンをはじめとした使い方をご紹介します。

HMKLアライブベイト概要

メーカー/ブランドHMKL
(ハンクル)
商品名ALIVE BAIT
(アライブベイト)
サイズ14cm
(テール除く本体のみは12cm)
タイプフローティング
重さ16.5g
フックサイズ前:#4
後:#6
定価(税込)4,290円
備考スペアテール1個付き
製品情報ソース:HMKL公式サイト製品情報ページ

サイズ感

長さは14cmとそこそこありますが、ボディは細身なのでボリューム感はそこまでないかと思います。

細身であるため、ジョイント”ミノー”なのでしょう。

ジョイクロ128、バイオベックスのジョイントベイト110SFと比べるとこんな感じです。

上からジョイクロ128、アライブベイト、ジョイントベイト110

特徴

5連結ボディ

あまり、というか今まで?見たことない5連結ボディ。

これがリアルなアクションの秘訣でしょう。短めの蛇のようです。

ニョロニョロを実現させる5連結ボディ
2つのアイ

トップウォーターを引くための鼻先のアイと、アンダーウォーター約50cmを引くためのヘッドのアイを使い分けることで、様々な状況に対応できます。

引用元:HMKL公式サイト製品情報ページ

とのこと。レンジコントロールがしやすくなっています。

鼻先と頭の上にアイがある

使い方・釣り方

2021年11月下旬、初めてアライブベイトでバスを釣りました。

下記は、釣れた時の状況や条件を記録したデータです。

日にち時間天気表水温魚のサイズ釣り場の種類(規模)水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ルアー カラーチューニング アクション
2021/11/2514:2410.8℃45cm河川A(小)濁っている岸際(ブッシュ下)70-80cm有頂天ギルスローシンキング仕様(ウェイトシール0.55g×2枚+0.25g×1枚)ただ巻き(遅め)
釣ったバスの写真

下記、使い方や釣り方のヒントとなる項目をいくつかご紹介します。

使用タックル

ロッド:メジャークラフト「バスパラBXCT-705H」

リール:シマノ「SLX MGL 70XG(エキストラハイギア)」(インプレ記事はこちら

ライン:ダイワ「BASS X ナイロン16lb」(ラインの記事はこちら

普段、ジョイクロ128を投げる際に使っているリールとラインです。ロッドは、自転車・原付バイク移動に適したテレスコロッド。

アライブベイトは遅めのただ巻きで釣りましたので、リールはハイギアじゃなくても大丈夫だと思います。

ウェイトチューン

筆者はウェイトシールを貼ってスローシンキング仕様にして釣りました。筆者の例をご紹介します。

*ルアーの沈み方は、ラインの種類・太さ、水温、水流の有無などによって異なりますので、ご自身の条件に合うように微調整してみてください。

使用ウェイトシール

BIOVEXの「ウェイトシール」を貼っています。

Mサイズ(0.55g)を2枚とSサイズ(0.25g)1枚、合計3枚を貼っています。

サイズのラインナップも豊富で使いやすく、おすすめです。

created by Rinker
ラブソウルドリーム(Love Soul Dream)
ウェイトシールを貼る位置

筆者の場合は下記の通り。

ボディウェイトシール
1番目Mサイズ(0.55g)×1
2番目Mサイズ(0.55g)×1
3番目なし
4番目Sサイズ(0.25g)×1
5番目なし
1番目のボディは顎下あたりに貼っている

マーカー(目印)

筆者のアライブベイトは「有頂天ギルカラー」で、背中がダーク系の色です。

魚を釣った時は昼間のピーカンで、マーカー無しでも見やすかったのですが、夕方に見づらさを感じたので、その後マーカーを貼りました。

視認性UP

自分の好みの大きさにカットできるティムコのルアーインディケーターがおすすめです。

釣ったフィールド

関東の田園地帯にある小さめの川です。水質はマッディ。釣れた時は灰色っぽい濁りでした。水の流れは緩やかで、変化に乏しい川です。

ルアーアクション

遅めのただ巻きで釣りました。

川の流れに逆らって、岸際に沿って、水深30〜40cmくらいをキープしながら、ゆっくりと、ニョロニョロと泳がせました。

岸際に生えている薄いブッシュの下らへんを通していると、下から突き上げるようなバイトがありました。

ちなみに、アイは二つありますが、筆者は鼻先の方のアイにスナップを通して使いました。

使ってみて感じたこと・注意点

あくまで筆者が使用したタックル、ウェイトチューン、フィールド、おかっぱり等の条件で感じたことです。参考程度にご覧ください。

その1:存在感とアピール力は高い

細身とはいえ、14cmの長さでニョロニョロ動くので、けっこう存在感とアピール力が高いと感じます。

その2:5連結ボディのアクションは秀逸

ルアーの名前の通り、まるで生きているようなリアルな動きです。長めの5連結ボディが成せる技でしょう。

その3:ウェイトチューンは必須

ウェイトチューンは必須です。ウェイト無しの動きは、かなり悪かったです。

その4:スレバスにとっても新鮮?

アライブベイトはまだ新しいルアーで、流通量はさほど多くないでしょう。

おそらく、アライブベイトを見たことあるバスは少ないはず。

ニョロニョロした独特のアクションがリアルに感じられ、本物の魚だと思い込んでバイトしたのかもしれません。

おわりに

HMKLアライブベイトは、5連結ボディのニョロニョロアクションが魅力のジョイントミノーです。

細身ですがアピール力抜群。45cmのバスをも騙す生き物のようなリアルさです。

ウェイトチューンは必須ですが、自分なりのカスタムを楽しんで釣れた時の喜びは格別です。

みなさんもぜひ、ニョロニョロしてデカバスを釣ってください。

参考記事

↓同じニョロニョロ系のBIOVEXジョイントベイトもよく釣れます!

↓HMKLについてと、アライブベイト以外のおすすめHMKLルアーも少し紹介しています。