【インプレ】シザーコーム3.8は微波動で喰わせる

ジャッカルのシザーコームは、エビでも虫でもないユニークな形状のワーム。

4対のアームとスプリットテールの微波動は、バスの好奇心を刺激し、バイトを誘発します。

シザーコーム3.8を使い、オカッパリでバスを刺激してきました。

おすすめのリグ(仕掛け)をはじめとした使い方・釣り方、使ってみて感じたことをご紹介します。

シザーコーム3.8 概要

基本情報

ブランドジャッカル
JACKALL
ルアー名シザーコーム3.8インチ
Scissor Comb 3.8”
サイズ(長さ)3.8インチ
入数7本
推奨フックサイズオフセット#1・#1/0
税込定価836円
製品情報ソース:ジャッカル公式サイト
重さ
4匹乗ってる

ひとつあたり、約4.3g

2gのジグヘッドリグを使用しても、合計6.3g。

スピニングタックルでも十分対応できるウェイトです。

サイズ感・フォルム
上はゲーリーヤマモト4インチグラブ

スピニングで投げるワームにしては、割と大きめでボリューム感があります。

2対の触角にも見えるのは、スプリットテール。

4対のアームがアピール

そして特徴的なのが、4対のアーム。微波動の源です。

存在しそうで実は存在しないフォルムですね。エビでもなく昆虫でもない。

一番近いのはテナガエビでしょうか?

しかし、この奇妙なフォルム・シルエットは、かなりバスの興味をひくようで、かなりチェイスが多いです。

使い方・釣り方

シザーコームでの初バス
2匹目はなかなかのサイズ

釣果データ

日にち時間天気風速
(m/s)
表水温
(℃)
魚のサイズ
(cm)
釣り場の種類(規模)水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ルアーカラーリグ アクション
2022/8/2117:291m26.6℃25cm河川H(小)濁っている斜め護岸沿い70-80cmステルスカスミシラウオジグヘッドリグ(#1/1.8g)ただ巻き(普通の速度)
2022/9/1217:002m26.6℃34cm河川A(小)濁っている護岸沿い50-60cmステルスカスミシラウオジグヘッドリグ(#1/2.2g)ただ巻き(普通の速度)
2022/9/1217:192m26.6℃約15cm河川A(小)濁っている障害物まわり50-60cmステルスカスミシラウオジグヘッドリグ(#1/2.2g)ただ巻き(普通の速度)

晩夏から初秋に3匹。2匹目は、小場所にしてはなかなかの良型でした。

使用タックル

ロッドダイワ 
ブレイゾンモバイル 646TLS
リールシマノ 
セドナ 2500S
ラインダイワ 
BASS X ナイロン 6lb

原付バイク・自転車移動が多いのでロッドはテレスコロッド(振り出し竿)。

リールとラインは格安のもの。

使用したフィールド

エリア関東地方の田園地帯
釣り場タイプ河川(水路)
規模
水の流れ緩やか
水質時期によるが濁っていることが多い
水深最も深い場所で推定1.5m程度
特徴・変化に乏しい
・わずかながら橋や水門はあり
主なベイト・オイカワやタモロコなどの魚
プレッシャーやや高い

上記は、34cmが釣れたフィールド。

この他にもう一ヶ所、似たような条件の水路で釣れています。

使用リグ(仕掛け)

ジグヘッドリグ

今のところ、すべてジグヘッドリグで釣っています。

これからジグヘッドリグを試そうと思っている方は、ぜひ下記の記事をご覧ください。

使用フック・サイズ・重さ
デコイ マジックヘッド

デコイのマジックヘッドは、ベーシックなガードなしのラウンドヘッドタイプ。

根がかりが少ない水路の護岸沿いを巻くのに活躍します。

サイズは#1

重さは、1.8g

ダイワ バザーズジグヘッドSS ガード付きラウンド

ダイワのバザーズジグヘッドSS。

ガードが2本付いており、多少のウィードやブッシュであれば回避可能。

サイズは#1

重さは、5/65oz(2.2g)を使用。

実績のあるカラー

ステルスカスミシラウオ
カラー釣果
ステルスカスミシラウオ3匹

思っているよりも、濁った水中でも目立ちます。バスにはエビっぽく見えているのかもしれません。

ルアーアクション・ヒットポイント・レンジ

3匹とも、ただ巻きのスイミングで釣りました。巻く速度は、普通。

速すぎず、遅すぎずのスピード。

リアクションでバイトするようなスピードではありません。 

ヒットポイントは、護岸沿い、それから水路に沈んでいる障害物まわり。

水深10〜20cm程度の表層を泳がせて、バイトがありました。

使ってみて感じたこと

※あくまで筆者の使用タックル、フィールド等の条件で感じたことです。参考程度にご覧ください。

アピール力のある微波動

巨大なテールやハサミで、ピロピロしたりワッサワッサする訳じゃないんですが、とにかく微波動のアピール力があります。

水の抵抗を受けると、4対のアームプルプルプルと揺れて、テールを含めボディ全体がブルブルと揺れながら泳ぎます。

強すぎないのでバスが逃げることなく、逆に寄ってきます。

巻く速度は控えめの方がベター

ジグヘッドでシンプルに巻いて釣る前提ですが、巻く速度は控えめの方が良いと感じました。

高速ではなく、しっかりとアーム、ボディ全体のプルプルとした微波動が感じやすい速度が良いです。

リアクション狙いではなく、あくまで好奇心や捕食目的で喰わせる感じです。

バスの好奇心を刺激する

他のワームと比べて、バスが見に来たり追ってくる数が圧倒的に多いです。

おそらく、見たことのないシルエットと微妙な波動で訴えてくるので、気になって仕方がないのでしょう。

興味津々で喰ってきた

1匹目はバイトの瞬間が見えたのですが、勢いのあるバイトではなかったです。

「お?何だこれ?とりあえず喰っとこうかな」といった感じで、少しゆっくりめに近づき、バイトの前に若干の躊躇があったような感じでした。

小バスの口には入りにくい

咥えたまま付いてきたらしき豆バス

3.8インチは意外とボリューミー。

15cmくらいのも釣果にカウントしましたが、陸に上げてすぐにフックが外れたので、ただ咥えていたまま付いてきただけだったようです。

34cmは丸呑みしていた

20cm以下の小バスたちからかなり攻撃されますが、口に入りきらないので釣るのは難しいです。

少なくとも25cmくらいないと、口に入りづらいようです。

その他

その他に感じた点は、下記の通り。

  • 素材はけっこう強めでちぎれにくい
  • ピーカンで風が弱いような場面でも効く
  • キーパーサイズ(25cm)以上を狙いたい時におすすめ

おわりに

シザーコーム3.8は、ボリューミーなシルエットと微波動でバスを強く刺激するアイテム。

ジグヘッドで巻くだけなので、シンプルな釣りを楽しめます。

波動が強すぎないので、ピーカンで静かな場面でも効果的。

スピニングでなるべく大きなバスを狙いたい人におすすめです。

ワームのローテーションに、新たなスパイスを加えてくれるでしょう。