【インプレ】リトルプレゼンツ ライトウエイトWDシューズ

ウェットウェーディングで、渓流を安全に進むのに必要なのが、フェルトソールのウェーディングシューズ。

リトルプレゼンツのライトウエイトWDシューズを実際に着用し、ウェットウェーディングをしてみましたので、使用したインプレをご紹介します。

ライトウエイトWDシューズ概要

ブランドリトルプレゼンツ
LITTLE PRESENTS
商品名ライトウエイトWDシューズ
LIGHT WEIGHT WD SHOES
型番/品番SH-04
カラーグラネット(GR)
材質ポリエステル、人工皮革
ラバーソール:ポリプロピレン
製造国カンボジア(商品タグに記載)
サイズ展開US6(23-24cm)
US7(24-25cm)
US8(25-26cm)
US9(26-27cm)
US10(27-28cm)
US11(28-29cm)
US12(29-30cm)
税込定価12,980円
製品情報ソース:リトルプレゼンツ公式サイト、商品タグ
実勢価格

筆者は、2022年4月上旬、US8サイズを購入。アウトドア用品店で税込11,660円でした。

2022年12月17日時点、AmazonではUS8が税込8,800円台。

主な機能・特徴

登る、へつる。フレキシブルでやや細めのフェルトソールが、強いグリップ力を生みます。山岳渓流向きの軽量ウエーディングシューズです。

引用元:リトルプレゼンツ公式サイト製品情報ページ

このフェルトソールは、かなり重要なポイント。苔でヌルヌルした岩や石の上でも、滑りにくい素材です。

洗濯・手入れ

タグ

やはり、「濡れたまま放置」と「直射日光」を避けるのが大事。

筆者は帰宅後、汚れを落として、外で陰干ししました。

構造・素材

排水の穴

構造は山登りに使うブーツと似ていますが、大きく違うのが2点。

一つ目は、排水のための穴が空いている点。濡れることを前提にしたブーツなので、水捌けは大事です。

靴の裏側(フェルトソール)

二つ目は、靴底がフェルトソールになっている点。苔でぬるぬるした岩場でも歩ける仕様です。

装着方法

ウエットゲーターと合わせた図

リトルプレゼンツのウエットボトム、ウエットゲーターを装着し、このウェーディングシューズを履きました。

フック

靴紐の結び方ですが、三ヶ所のフックを使うのがキーポイント。

これは、筆者がちょくちょく訪れるアウトドア用品店から教わった結び方。

1
2

最初のフックに引っ掛けたら、靴紐をクロスして、次のフックにかけます。

3

もう一度クロスさせてから、最後のフックにかけて結びます。

4
5

筆者はこの方法で結び、釣りを楽しみました。

ただ、靴紐がけっこう余ります。これは、くるぶしの裏側まで靴紐を巻き付けてホールドできるように、長くなっているのかと推測します。このやり方で、さらにガッチリと結んでいる方もいます。

使ってみて感じたこと

ライトウエイトWDシューズを使用した条件

下記の条件で着用し、渓流でトラウトを狙ってみました。

時期8月中旬〜下旬
主な釣行の時間帯13時〜15時
移動手段原付バイク
釣行時の天気晴れ時々曇り
釣行時の気温30℃前後
釣りスタイルウェットウェーディング
釣り場タイプ渓流
服装・インナーパンツ(下着)
・ウェットトップ
・ウェットボトム
・Tシャツ
・SPフィッシングハーフパンツ
・ウェットゲーター
・ライトウェイトWDシューズ

リトルプレゼンツのインナータイツ「ウエットボトム」を着用し、その上からフィッシングハーフパンツを履きました。

そして、それらを履いたまま、釣り場まで原付バイクで移動し、釣り場に到着してからウエットゲーターとライトウエイトWDシューズを着用しました。

使ってみて感じたことは、下記の通り。

軽い・柔らかい・歩きやすい

右はKEENのトレッキングシューズ

乾燥した状態で計量すると、片方で約380g。一般的なトレッキングシューズが444gなので、60g以上軽いです。

見た目は重そうですが、手にとってみると軽さを実感できます。

柔らかい

また、登山用のブーツと比べて、素材が柔らかく、履き心地は悪くありません。

肉厚なウエットゲーターの上から履いたこともあってか、2時間くらい歩き続けましたが、マメができたとか、足が痛くなったということはなく、水中でも快適に歩けました。

水捌けは良い

これだけ大きなブーツだと、陸に上がった時に水でかなり重くなりそうですが、排水用の穴から素早く水が抜けていきます。

靴の中に水が溜まって重くなる、歩きにくい、といったことはなく、水捌けは良いと感じました。

滑りにくい

筆者は普段、バス釣りをオカッパリで楽しんでおり、濡れた石やコンクリートの滑りやすさをよく知っているつもりです。

渓流で水中の岩・石を手で触ってみましたが、苔でヌルヌルしていました。普通の靴ならば、スッテンコロリンで病院行き、というレベル。

そんな岩場でも、このフェルトソールのライトウエイトWDシューズは、しっかりグリップしながら歩けます。

丸みのある岩を避けて、最低限の注意を払えば、滑ることはなさそうです。

ウエットゲーターと同様、このフェルトソールのウェーディングシューズがないと、ウェットウェーディングは難しいでしょう。

靴紐は緩みやすい

ちょくちょく足元を見ながら、渓流の中を進んでいましたが、靴紐が緩み始めていることに気づき、結び直しました。これが、約2時間の釣行で3回ほどありました。

意識してキツめに結ぶようにした方が良いでしょう。

コスパは悪くない

コスパは悪くないと思います。

税込定価を比較してみると、Foxfire(公式サイト)のウェーディングシューズは、一番安くて2.6万円台。リバレイ(公式サイト)、は、1.6万円台。

一方で、このウェーディングシューズは、1.2万円台。

ウェーディングブーツの中では、最も安いレンジでしょう。入門者でも手を出しやすい価格設定です。

サイズ感

ライトウエイトWDシューズ
着用サイズ
US8
(25-26CM)
身長173cm
体重78kg(着用当時)
靴のサイズ25.5cm

このライトウエイトWDシューズは、US8(25-26CM)を着用しています。

リトルプレゼンツの公式サイトでは、

クロロプレンソックスの厚みを考慮したサイズ表示です。普段履いているシューズサイズでお選びください。

引用元:リトルプレゼンツ公式サイト製品情報ページ

という表示があります。

ちなみに、筆者が普段履いている靴のサイズは、下記の通り。

アイテム着用サイズ
ジャッカル
パッカブルブーツ
(レインブーツ)
Mサイズ

(25.0〜25.5m)
アディダス
スタンスミス
26cm
コンバース
オールスター
25.5cm 
KEEN
ジャスパー2ウォータープルーフ
25.5cm
メレル
モアブ2ゴアテックス
25.5cm

筆者の足は、幅は標準的なのですが、長さがありません。長さ的には25cmの靴でもOKなのですが、幅が足りずに25.5cmを履いている感じです。

リトルプレゼンツの「普段通りのサイズで選べ」という指示に従えば、US8(25-26CM)が当てはまるわけで、やはりちょうど良いサイズでした。

一番良いのは、店舗で試着することですが、近くに店舗が無い方は、上記のサイズ感をご自身のサイズに置き換えて、参考にしてみてください。

おわりに

リトルプレゼンツのライトウエイトWDシューズは、最低限の機能性を確保しつつも価格を抑えた、コスパのよいウェーディングシューズです。

実際に使用してみて、今のところ特に大きな不満やデメリットは感じておらず、入門用としては良いシューズだと感じています。

ウェットウェーディングは、ウェーディングシューズ無しでは成り立ちません。

1.2万円でも高いと感じるかもしれませんが、安全を買うつもりで投資しましょう。

参考記事

ライトウエイトWDシューズと合わせて着用したいのが、リトルプレゼンツのウエットゲーター、ウエットボトムです。