【インプレ】リトルプレゼンツ ウエットトップ・ボトム

真夏の渓流、ウェットウェーディング時に欠かせないのが、速乾性のあるインナー。

リトルプレゼンツのウエットトップとウエットボトムは、ウェットウェーディングでの使用を前提につくられたインナーです。

実際に着用してウェットウェーディングをしてみましたので、使用してみたインプレをご紹介します。

ウエットトップ・ウエットボトム概要

ウエットトップ

ブランドリトルプレゼンツ
LITTLE PRESENTS
商品名ウエットトップ
WET TOP
型番/品番T-08
カラーアッシュグレイ(AG)
チャコールグレイ(CHG)
素材ポリエステル90%
ポリウレタン10%
製造国中国
サイズ展開S/M/L/XL/XXL
税込定価3,190円
製品情報ソース:リトルプレゼンツ公式サイト、商品タグ
実勢価格

筆者は、2022年4月上旬にAmazonでチャコールグレイのLサイズを購入しましたが、当時の価格で2,500円台でした。

2022年12月12日時点の、Amazonでの同製品の価格を調べてみましたが、同じく2,500円台でした。

定価より少し安くなっています。

ウエットボトム

ブランドリトルプレゼンツ
LITTLE PRESENTS
商品名ウエットボトム
WET BOTTOM
型番/品番P-13
カラーチャコールグレイ(CHG)、他
素材ポリエステル90%
ポリウレタン10%
製造国中国
サイズ展開S/M/L/XL/XXL
税込定価3,190円
製品情報ソース:リトルプレゼンツAmazon販売サイト、商品タグ
実勢価格(ウエットボトム)

ウエットトップと同じく、2022年4月上旬にAmazonでチャコールグレイのLサイズを購入しましたが、当時の価格で3,190円でした。

Amazonでも定価だったということですね。

2022年12月12日現在、Amazonでは在庫が残り少ないようで、XLサイズは2,500円台になっていました。Lサイズは売り切れです。

主な機能・特徴

高ストレッチ、速乾、UVカットのラッシュガードです。

引用元:リトルプレゼンツ公式サイトウェットトップ製品情報ページ

伸縮性に優れ、乾きやすい素材となっています。

洗濯方法

筆者は、ドラム式洗濯機で洗いました。洗濯機は使えますが、下記の通りにしました。

  • 洗濯用ネットに入れて洗う
  • デリケートモードで洗濯
  • 乾燥は部屋干し

心配な方は、洗濯タグのマークを調べて判断しましょう。

使ってみて感じたこと

下記の条件で着用し、渓流でトラウトを狙いに行ってきました。

時期8月中旬〜下旬
主な釣行の時間帯13時〜15時
移動手段原付バイク
釣行時の天気晴れ時々曇り
釣行時の気温30℃前後
釣りスタイルウェットウェーディング
釣り場タイプ渓流
服装/装備・インナーパンツ(下着)
・ウエットトップ
・ウエットボトム
・Tシャツ
・SPフィッシングハーフパンツ
・ウエットゲーター
・ライトウエイトWDシューズ

上記のインナー類を着用したまま、釣り場まで原付バイクで移動し、釣り場に到着してからウエットゲーターとウェーディングシューズを着用しました。

使ってみて感じたことは、下記の通り。

直射日光・UV対策に良い

釣り場までの片道2時間半、炎天下の中、原付バイクで移動したのですが、直射日光・紫外線から肌を守ることができ、助かりました。

陽が当たるポイントもある

渓流は、木々が多かったので、入渓した後は、直射日光を浴びることは少なかったです。

今後、里川などの開けた場所で釣りをする際は、UVカットの面で助かるだろうと感じました。

ハイネックタイプになっているので、首元もしっかり守ってくれます。

通気性は良い

着用した状態で朝9時頃に出発し、バイク移動と入渓を経て、着用したまま夕方に帰宅した訳ですが、一度も汗だくになることなく、速乾性があると感じました。

入渓中、日差しは届かない場所が多かったものの、やはり湿度は高かったです。それでも、汗による不快感はなく、快適に釣りができました。

また、釣りが終わった後は、ウエットトップ・ボトムを着用したまま帰りました。

特に、ボトムの方は、水の中に入ったため濡れていましたが、原付バイクで20分ほど日差しを浴びながら走ったら、完全に乾きました。

また、日陰を走ると少しヒンヤリするくらいでした。

虫刺され対策にも良い

渓流には、けっこう虫が飛んでいます。やはり、肌を露出している時と比べて、安心感があります。

もちろん、服の上からでも虫除けスプレーをかけて対策はしました。

ケガ対策の面でもベター

渓流の中を歩くと、やはり岩・石などゴツゴツしたものが待ち受けています。

転んでぶつかった時のことを考えると、やはり素肌よりも多少の安心感があります。

ただ、転ばないための一番の対策は、フェルトソールのウェーディングシューズを履くことでしょう。

着心地・肌触りは悪くない

触ってみると、けっこう滑らかで肌触りが良い方だと思います。

ウエットトップの場合、着る時は(汗かいてない状態)、スルっと体が入っていく感じで、着やすいです。

着用した状態で肩を回してみても、違和感なし。伸縮性が高いので動きやすいです。

コンパクトに収納可能

トップとボトム

バッグに入れて持ち運ぶ場合、コンパクトに収まるので助かります。

トップとボトム合わせても、かなり省スペースです。

コスパは悪くない

おたふく手袋の冷感インナー

筆者は、地元ではバス釣りをオカッパリで楽しんでいますが、夏用におたふく手袋の冷感インナーを着用しています。こちらは釣り用ではありませんが、1着1,000円強で、ウエットトップの半額以下。

使っている素材も同じですが、やはり触って比べてみると、ウエットトップの方が生地に厚みがあって、造りはしっかりしている印象です。

また、Foxfireというブランドからも、ウェットウェーディング向けのタイツがでていますが、こちらは税込定価9,240円(公式サイト)で、ウエットボトムの3倍近くの値段がします。

もちろん、機能性や耐久性は違うはずですが、ビギナーが入門用に購入するには、リトルプレゼンツの製品は敷居が低くて良いですね。

1,000円とかで安すぎるのも少し耐久性の面で心配がありますが、ウエットトップとウエットボトムは、総合的にコスパが良いと思います。

サイズ感

丈はLサイズでピッタリ
着用サイズL (トップ・ボトム両方)
身長173cm
体重78kg(着用時)
体格ガッチリ型

筆者は、上記のような体格です。

身長は標準的ですが、高校生の頃からずっと筋トレを続けており、特に上半身はけっこう大きいです。

さらに、筋肉の上から、中年らしく贅肉を蓄えてしまい、なかなか巨大化してしまいました。

伸縮性があるので、Lサイズで問題なかったです。

XLにすると、袖・丈があまり過ぎてしまうので、やはりLサイズでよかったなと思っています。ご参考まで。

ウエットボトムの下は何を履く?

最初に悩んだ事は、「ウエットボトムの下に何を履くべきか?」ということ。

専用らしきインナーパンツを見つけたのですが、価格が高過ぎたので、水泳用のボックスショーツを履きました。

水泳用なので、もちろんウェットウェーディングでも問題なし。

おわりに

リトルプレゼンツのウエットトップとウエットボトムは、コスパの良いインナー。

ウェットウェーディングはもちろん、水辺でのアクティビティ全般で活躍するでしょう。

速乾性・伸縮性に優れており、真夏でも快適な釣りを楽しめます。

比較的、手を出しやすい値段なので、渓流デビューをしたい方におすすめです。

参考記事

ウエットボトムの上から履きたいのが、リトルプレゼンツのSPフィッシングハーフパンツ。

膝から下は、リトルプレゼンツのウエットゲーター着用がマスト。