【インプレ】DEXスピナーベイト 米国仕様、上陸

バークレイ(Berkley)のデックススピナーベイトは、豊富なラインナップが魅力。アメリカ規格を感じる大型サイズやダブルコロラドも用意があります。

オカッパリでバスを釣ってみましたので、特徴、使い方、使ってみた所感をお伝えします。

DEXスピナーベイト概要

基本情報

ブランドバークレイ
Berkley
ルアー名デックス スピナーベイト DW/TW/DC
DEX SPTG
重さ1/4oz(7g)
3/8oz(11g)
1/2oz(14g)
タイプDW(ダブルウィロー/11g・14g)
TW(タンデムウィロー/7g・11g・14g)
DC(ダブルコロラド/11g・14g)
ブレードサイズDW11g:フロント3/リア4
DW14g:フロント3.5/リア4.5
TW7g:フロント3/リア3.5
TW11g:フロント3/リア4
TW14g:フロント3.5/リア4.5
DC11g:フロント3/リア4
DC14g:フロント3.5/リア4.5
フックサイズDW11g:#3/0
DW14g:#4/0
TW7g:#2/0
TW11g:#3/0
TW14g:#4/0
DC11g:#3/0
DC14g:#4/0
カラー展開6色
定価(税込)DW:1,320円
TW:1,265〜1,320円
DC:1,320円
製品情報ソース:バークレイ公式サイト

バークレイってどんなブランド?

  • バークレイ・ベデル氏が米国のアイオワ州で創業
  • バークレイ氏のビジネスの始まりは1937年6月
  • 最初はフライやリーダーを作り売っていた
  • 1945年にBerkley and Companyを立ち上げ
  • 戦後はビジネスを拡大

要点をまとめると、上記の通り。バークレイの公式サイトに詳細が載っています(こちら)。

日本では、ワームが有名かなと思います。

豊富なラインナップと米国のサイズ感

カラーは6種類ですが、ブレードタイプは珍しいダブルコロラドも展開。

重さは、TWのみ1/4oz(7g)となっており、やはり発祥地アメリカの規格を感じます。

1/4oz(7g)モデル
左:O.S.Pハイピッチャー、右:DEX1/4oz

ハイピッチャー(1/4oz〜1/2oz)と同等のサイズ感で、コンパクトなシルエット。

右がDEX

しかし、フックはハイピッチャーよりも一回り大きいです。

3/8oz(11g)モデル
左:ジャッカルのドーン、右:DEX3/8oz

全体のシルエット的には、ジャッカルのドーンと同等サイズ。ちょっと小さいくらい。

上の写真は、左からO.S.Pハイピッチャー、ジャッカルDOOON、DEXスピナーベイト。

写真だと少しわかりづらいですが、やはり、ハイピッチャーとドーンよりも一回り大きいフックです。

1/2oz(14g)モデル
左:クリスタルSウインドレンジ

ノリーズのクリスタルSウインドレンジ1/2ozと比べてみました。

DEXの方がアームが長く、ブレードの大きさも相まって大きめのシルエット。

DEXのリアブレードの大きさは#4.5で、かなり大きく感じます。

左:ハイピッチャーMAX

フックも大きめの#4/0で、O.S.PハイピッチャーMAXより一回り大きいです。

ラインアイ用チューブ

他社のスピナーベイトとの大きな違いの一つが、ラインアイ用チューブが搭載されている点。

ソフトワイヤーであるチタンワイヤーのフッキング効率を上げるためにラインアイ用チューブを採用。スナップでの使用も実現し、素早いルアー交換を可能にした。

引用元:バークレイ公式サイトDEXスピナーベイト製品情報ページ

筆者はスナップではなくライン直結ですが、ラインの結び目がズレるのを防止できていると思います。

重さ

表記全体の重さ
1/4oz(7g) TW約13g
3/8oz(11g) DC約16g
1/2oz(14g) DW約21g

筆者が所持しているモデルの、全体の重さを計量してみました。

トレーラーフックを含むものもありますが、ざっくり上の表のような重さです。

スカート

左:ハイピッチャー、右:DEX

ハイピッチャーはフワっとフレアしやすいのに対し、DEXの方は控えめ。

ワームキーパー

フック型のワイヤーでホールドできる仕様。

ワイヤー

形状記憶チタンワイヤーなるものが採用されています。

一般的なワイヤーよりも、柔らかくて弾力がある感じです。

使い方・釣り方

DEXスピナーベイトでの初フィッシュ
DEXスピナーベイト 1/4oz TW(マットキンクロ)
DEXスピナーベイト 3/8oz DC(パールホワイト)
DEXスピナーベイト 1/2oz DW(マットブラック)

*筆者が使用しているのは、上記の3種。釣ったことがあるのは、1/2oz DWモデルのみです。

釣果データ

日にち時間天気風速
(m/s)
表水温
(℃)
魚のサイズ
(cm)
釣り場の種類(規模)水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ヒットルアー ルアーカラーチューニング アクション備考
2022/7/2818:42小雨2〜3m30℃30cm河川H(小)濁っている斜め護岸沿い70-80cmDEXスピナーベイトDW(1/2oz)マットブラックトレーラーフック(T・N #2/0)ただ巻き(普通の速度)トレーラーフックに掛かった

真夏、天気が不安定な夕まずめ。ちょうど小雨が降り始めたタイミングで釣れました。

使用タックル

1/4oz・3/8ozモデル
スーパーカブに積んだボックス
ロッドダイワ 
ブレイゾンモバイル666TMB
リールシマノ
SLX MGL70
ラインダイワ 
BASS X ナイロン 12lb

ダイワのテレスコロッド(振り出し竿)で、いつも投げています。特に問題なし。

1/2ozモデル
ロッドメジャークラフト
バスパラBXCT-705H
リールシマノ
SLX MGL70XG
ラインダイワ 
BASS X ナイロン 16lb

こちらもテレスコロッド。バイク・自転車釣行に非常に便利です。

使用したフィールド

釣り場タイプ河川(水路)
規模
水質マッディ
推定水深1m程度
特徴大河川の本流と繋がっている
ベイトは豊富
主なベイトタモロコ、クチボソ、
ブルーギル、他
プレッシャー低め

かなりマッディな水路。ベイトが豊富なので、それを狙ったバスを釣っています。個体数も多い印象。

釣れたポイント・レンジ

イメージ

釣れたのは、斜め護岸沿い

斜めと言っても、角度はけっこう急で垂直に近い感じ。

いつも、1段下から見上げるように、岸際付近のベイトを狙っているようです。

バイトしたレンジは表層で、水深10cm程度でした。

トレーラー

トレーラーフック

モデルごとの使用フックとサイズは下記の通り。

モデル使用トレーラーフック(サイズ)
DEXスピナーベイト 1/4oz TWT・Nトレーラーフック(#1/0)
DEXスピナーベイト 3/8oz DCT・Nトレーラーフック(#1/0)
DEXスピナーベイト 1/2oz DWT・Nトレーラーフック(#2/0)

T・N TRAILER HOOK(ティエヌトレーラーフック)は、O.S.Pの並木敏成さんプロデュース。

ハイピッチャー用に購入したものを、DEXスピナーベイトにも使っています。

トレーラーワーム

今のところ、トレーラーワームは無しで使用中。

実績のあるルアーカラー

マットブラック
カラー釣果
マットブラック1匹

初めてブラックのスピナーベイトで釣れました。ブレードもブラック系。

ルアーアクション

ただ巻きで釣りました。巻く速度は、普通。

1/2ozは高速で巻けないので、どうしても遅め〜普通速度となります。

使ってみて感じたこと

※あくまで筆者の使用タックル、フィールド等の条件で感じたことです。参考程度にご覧ください。

※また、実際に使用して釣れた1/2oz DWモデルの情報がメインとなります。

※その他のモデルの情報は、随時追加していく予定です。

コスパは悪くない

日本メーカーのスピナーベイトの例
ルアー税込定価
DEXスピナーベイト 1/4oz TW1,265円
DEXスピナーベイト 3/8oz DC1,320円
DEXスピナーベイト 1/2oz DW1,320円
O.S.P ハイピッチャー DW 3/8oz1,155円
ジャッカル ドーン DW 3/8oz1,386円
エバーグリーン Dゾーン DW 3/8oz1,650円
ソース:メーカー公式(DEX/O.S.P/ジャッカル/エバーグリーン)

上の表の通り、そこまで高くはありません。

日本メーカーの製品ではあまり見かけない、大型ブレードやダブルコロラドなど、ちょっと珍しいスピナーベイトが、そこそこの値段で試せるのは良いと思います。

ウェイト確認は印字で

ウェイトごとにカラービーズを搭載してますが、これがちょっと見づらい・・・。

ヘッドの裏側にちゃんと印字しているので、こちらを確認した方が早いです。

1/2ozモデルはアメリカンなスケール

1/2oz DW

まず、全体的にデカイです。アームは長く、ブレードは巨大、フックも太く大きく、本場アメリカの規格を感じます。

半端ない水押し

この1/2ozDWで表層を泳がせると、デカイ魚が泳いでいるように、水面にボワーンと大きな波ができるほど。水押しの力はハンパなくデカいです。

大型ブレードで強アピール
上はハイピッチャーMAX

上の写真、ハイピッチャーMAXよりも一回り大きなブレードです。

以前、ブレードがシルバーのパールホワイトモデルを持っていたのですが、3月にプリスポーンのメスらしきデカバスがバイトしてきました。

惜しくもバラしたのですが、45cmクラスのデカバスにも効く可能性を感じました。

巻き抵抗も大きい

当然ながら、巻き抵抗もかなり大きいです。長時間にわたりリトリーブするのは疲れるでしょう。

また、水の抵抗が大き過ぎて、速巻きは難しいですね。

トレーラーフックは付けるべし
トレーラーフックに掛かったバス

#2/0のトレーラーフックを付けて投げました。かなり大型のシルエットなので、40UPを期待しましたが、釣れたのは30cm。でも釣れただけで満足。

そして、このバスは、トレーラーフックに掛かっていました。想定より小型のバスもしっかり拾いたいのであれば、トレーラーフックを付けておいた方がよいでしょう。

参考記事

ダブルコロラドはアピール力強過ぎ?

ダブルコロラド(DC)

筆者はマッディウォーターのフィールドをメインにしており、3/8ozのダブルコロラドもけっこう投げているのですが、まだ釣れていません。

一応、風と濁りのある場面で使うのですが、もしかしたら、アピール力が強すぎるのかも?

もう少し、濁りも風もキツイ時に投げてみようと思います。

*1/4ozモデルは、まだ出番が少ないので、今後投げてみます。釣れたら追記してみようと思います。

おわりに

DEXスピナーベイトは、豊富なラインナップとアメリカンなサイズ感が特徴的。

大型ブレードのアピール力でデカバスを狙いたい方や、ダブルコロラドを試してみたい方には、おすすめです。

値段も控えめで、コスパは悪くないと思います。ラインナップの一員に加えてみてはいかがでしょうか。

参考記事

安定感を求めるならハイピッチャー!