【バス釣り】スピニングタックルで投げるミノー入門!確実に釣るなら小型ミノーでトゥイッチング!

小型のミノーは、確実にバスが釣れるルアーです。

良型をコンスタントに釣るのは難しいかもしれませんが、数釣りを楽しむのには適しており、釣り方を覚えておいて損はないルアーです。

これからミノーで釣ってみたい方に向けて、小型ミノーのバスフィッシングにハマってしまった筆者の経験をもとに、釣り方や魅力をお伝えします。

小型ミノーの定義

本記事では、筆者の個人的な定義に基づいて話を展開していきます。

スピニングタックルで投げやすいミノー全般を小型ミノーと定義しており、サイズは7cm台以下、重さは7g以下です。

個人的に一番操りやすいのは、7cmくらいで、重さは3〜4gです。

小型ミノーの例

コバスの数釣りなら小型ミノー最強説

筆者は2020年5月にバス釣りを本格的にスタートし、釣果をずっと記録してきました。

2021年は小型ミノーにハマってしまい、ほとんどのバスをミノーで釣ったような気がしています。

釣果に関するデータは下記の通りです。

記号項目結果
A2021年1月〜12月に釣ったバスの数(全てのルアー)205匹
BAのうち、スピニングで投げた小型ミノーで釣ったバスの数99匹
CBのバスの平均サイズ18.1cm
DBのうち、釣れたバスの最大サイズ35cm
EBのうち、釣れたバスの最小サイズ11cm
FBのうち、野池で釣ったバスの数49匹
GBのうち、河川で釣ったバスの数50匹

2021年は小さいバスを数多く釣った1年でした。1年で205匹を釣り、そのうち約半数を、スピニングタックルで投げた小型ミノーで釣りました。

秋の減水した河川で釣れた1匹 21年9月下旬撮影

小型ミノーを持参した日は、ボウズは少なく、勝率は8割程度といった感覚です。

野池と河川の両方で安定して釣果を出せているのも、注目すべき点でしょう。

水質は透明度が高い方がベター

上の写真、左くらいのマッディなフィールドでも、釣れることは釣れますが、右くらいの透明度があると、より釣れやすいです。

数釣りでの強さ

筆者は丸一日釣りをすることはなく、1日平均で3〜4時間程度で、どんなに長くても5〜6時間です。

2021年、小型ミノーで1日に2匹以上釣った日数を、釣った数ごとに見ると下記の通り。

小型ミノーで
1日に釣ったバスの数
日数
(回数)
2匹6
3匹3
4匹3
6匹3
7匹1
10匹1
13匹1

1日に2〜7匹釣れた日が15回もありました。2桁釣れたことも2回あり、数釣りに強いルアーだと証明しています。

ちなみに、13匹釣った時は、1時間ちょっとの間にバンバン釣れました。

1時間弱の間に10匹釣ったミノー

トゥイッチング最強説

筆者は小型ミノーを投げるとき、ルアーアクションは決まってトゥイッチングです。

ロッドの先をチョン・チョンと動かして、ちょこまかと逃げ惑う小魚を演出しています。

2021年に小型ミノーで釣った99匹を、ルアーアクションごとの割合で見ると下記の通り。

ルアーアクション釣った数
トゥイッチ96
ただ巻き1
落ちパク2

実釣動画

小型ミノーをトゥイッチで操った動画です。動かし方のイメージを掴んでいただけると思います。

5分程度の動画です。よろしければご覧ください。

参考記事

トゥイッチングで心掛けていること

  • フラッシング効果で誘う
  • 水中で素早く移動させてリアクションでも誘う
  • 一定のリズムで動かし続けて見切らせない
捕捉説明
フラッシング効果はすごい

ブラックバスはキラキラと光るものに反応する習性があります。スピナーやスピナーベイトで釣れるのはそのせいでしょう。

川で小魚の群れを見ると、確かに動く度にキラっと反射しているのが確認できます。

小魚のボディは光沢があって動くたびに光る

割と水がクリアなフィールドで見えバスを何度か釣っていますが、フラッシング効果の高いルアーカラーを選ぶと、魚からの反応が良い印象です。

下の写真は、HMKL(ハンクル)のK-1ミノー65SPの「シルバーミラー」というカラーですが、こういった強めのフラッシングが期待できるカラーがおすすめです。

リアクションバイトも期待できる

フラッシングでミノーの存在に気がついて、1m以上遠くから突進してくるバスもいますが、目の前、または隠れている場所のすぐ近くにシュ!っとミノーが来た時に、反射的にバイトしてくるバスも何匹かいました。

また、チャートカラーのドゥルガで釣った魚は、岩の上を通した際に、岩の隙間から飛び出してきました。おそらく待ち伏せしていた時に、反射的に食らいついたのでしょう。

岩の間から飛び出してきたバス
一定のリズムで動かし続ける

これは、特に野池で釣る時の話です。ハイプレッシャーな野池では、ミノーの動きを止めてしまうと、近くまで見に来て見切るバスが多いです。見切らせないためにも、動かし続けた方が釣れやすいです。

これらのポイントを心掛けて、野池にて表層をトゥイッチングで泳がせていたところ、35cmくらいのバスが釣れました。たまに良型も釣れるので楽しいです。

ハイプレッシャーな野池にて鉄板カラーで釣れた1匹

トゥイッチングで釣る魅力

  • 必死に追いかけてバイトするバスの姿を観察するのが面白い
  • 必ずしも空腹でなくても捕食スイッチを入れることができる(たぶん・・・)
  • サイトでの見えバスにも効く
  • ルアーの潜行深度は深くても50cm程度で根掛かりがほとんどない
  • ある程度テクニックが必要なので釣れたのではなく自分で“釣った”感がある

一番の魅力は、やはり自分自身の実力で釣ったと感じることができる点です!

最初の1匹を釣るためのポイント

魚の活性が高い時期に釣る

バスが産卵を終える頃から梅雨までの、プカプカと表層に見えバスが浮いている時期がおすすめです。

スクールがいれば尚よしです。スクールの近くにミノーを投げてトゥイッチし、反応を見てみてください。どんな動きやリズムだと反応しやすいか、自分の感覚で掴んでいけます。

5月下旬に釣れた1匹

もしくは、9月〜10月の初秋。減水が始まった河川もおすすめです。筆者が初めてミノーで釣ったのは秋でした。また、ミノーだけで2桁釣れたのも秋でした。

下記の記事、少し関連性があるので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

流れの無い/緩いフィールド

はじめは、野池や流れの緩い水路がおすすめです。ミノーを操りやすいのと、ミノーの動きと反応するバスの動きを観察しやすいです。

流れのほとんどない水路にてO.S.Pのベントミノー76Fで 21年11月撮影
活性の低い時期と荒天は避ける

晩秋〜冬、魚の活性が低い時期は避けましょう。素早く動くルアーを追ってくるほどの元気がないでしょう。

また、風が強い日は投げにくいです。

強風では投げにくい
タックルは入門機種でOK

筆者が今まで小型ミノーを投げる時に使ってきたタックルは下記の通りです。

 メーカー機種名
ロッド1シマノBASS ONE XT 263L-2
ロッド2メジャークラフトバスパラBXST-645L
ロッド3ダイワブレイゾンモバイル646TLS
リール1シマノネクサーブ2500S
リール2シマノセドナ2500S

いずれも5千円〜1万円程度。高級タックルは必要ありません。

ロッドはL(ライト)クラスで、2g〜7gのルアーに対応しているロッドです。

ラインはずっとダイワの「BASS X ナイロン」を使っています。太さは5か6lbを使ってきましたが、現在では6lbで落ち着きました。

入門者・初心者におすすめしたい小型ミノー

O.S.P「ドゥルガ73F」

バス釣りを始めて半年も経っていない2020年10月、筆者が初めてミノーでバスを釣ったルアーで、入門者・初心者でも釣れることが証明されています。

参考記事

下記の記事で詳しく書いていますので、ぜひご覧ください。

HMKL「K-Iミノー50SP」

ハンクルのケイワンミノー50SPは、筆者が小型ミノーにハマるきっかけとなったルアー。

「小型ワームの方が釣れる」という先入観を取り払ってくれた、コバスキラーです。

参考記事

詳しくは下記の記事にまとめていますので、よろしければご覧ください。

HMKL「K-Iミノー65SP」

21年11月上旬、関東の小規模河川にて1時間弱の間に10匹連続で釣れた実力を持っています。

数釣りの強さはもちろんのこと、関東の超ハイプレッシャーな野池で35cmの良型も釣れました。

大きさ、重さ、アクション、様々な要素においてバランスが取れた操りやすいミノーです。

「シルバーミラー」カラーは鉄板!
参考記事

詳しくは下記の記事にまとめています。よろしければご覧ください。

スピニングで投げられるおすすめミノー7選

上で紹介した3つのミノーも含まれますが、筆者がスピニングタックルで使って結果を残したミノー7選を紹介した記事です。ご興味のある方はご覧ください。

おわりに

ミノーでトゥイッチして釣ると、釣れたのではなく、自分のテクニックで釣り上げた感じがするので、かなり嬉しく感じます。

基本的にはコバスが食いついてきますが、数釣りを楽しみつつ、たまーに出る良型を楽しむのもよしです。

プラグで釣りたい!と思った時は、まずはお手軽に、小型ミノーを投げてみてはいかがでしょうか。