【インプレ】イマカツ ジンクスミニ スーパーブレードTG

実際に投げて巻いてみたら、「スーパーブレード」というネーミングの意味がわかりました。

他のスピナーベイトにはない特徴的なブレードが搭載されています。

イマカツのジンクスミニスーパーブレードTGを小場所でのオカッパリで使い、バスを釣ってみました。

特徴と使ってみて感じたインプレをご紹介します。

*タングステン仕様の3/8ozモデルで実釣した経験をベースにお伝えします。

ジンクスミニ スーパーブレードTG 概要

基本情報

ブランドイマカツ
IMAKATSU
ルアー名ジンクスミニ スーパーブレードTG
ZINX MINI SUPER BLADE TG
重さ1/4oz、3/8oz.、1/2oz
ブレードタイプダブルウィロー(DW)
製品情報ソース:イマカツ公式サイト

たまたま手にとったのがタングステン(TG)モデルでしたが、TGではないノーマル仕様もあります。

実勢価格

筆者が通う店舗では、税込1,386円。

Amazonでも1,300円台で売られています。

重さ

ヘッド以外も含めた全体の重さは、3/8oz モデルで約14g

かなり軽いスピナーベイトですね。

サイズ感
左:O.S.Pハイピッチャー3/8ozDW

コンパクトスピナーベイトの代表格、ハイピッチャーと比べてみると、ほぼ同サイズのシルエット。

重ね合わせてみたところ、アームの長さもフックサイズもほぼ同じでした。

やはり「ミニ」と付くだけあってコンパクトですね。

ブレード

ルアー名にもなっている通り、このスピナーベイトの一番の特徴は、そのブレード。

スーパーブレードと名付けられたブレードは、下記の通り説明されています。

0.2mmという極薄で高弾性、高比重の特殊鋼を採用。これによりブレードの回転にキレとパワーを持たらしました。
薄く面積が広い為、低速でも立ち上がりがよく、回転も軽い。それでありながら、浮き上りにくいのも特徴です。
また、高比重の為、振動は強く、アングラーにも明確な回転振動が伝わり、高い操作性を実現しました。

引用元:イマカツ公式サイト ジンクスミニスーパーブレードTG製品情報ページ

他社のスピナーベイトをたくさん使ってきましたが、ブレードの薄さは、おそらくナンバーワンです。

釣果データ

11月の貴重な1匹 (一応、草の上に乗せてます)
No.日にち時間天気風速
(m/s)
表水温
(℃)
魚のサイズ
(cm)
釣り場の種類
(規模)
水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ヒットルアー ルアーカラーリグ/チューニング アクション
111月12日16:080m16.6℃36cm河川H(小)濁っている駆け上がり70-80cmジンクスミニスーパーブレードTG DW3/8oz有頂天サンセットザリガマカツ トレーラーフック(ブラック) #2ただ巻き(やや遅め)

晩秋11月中旬、冷え込んできて数を釣るのが厳しくなってきた季節に、貴重な1匹。

やはり、大きめの個体は巻物に食いつく元気はあるようです。

晴天で完全な無風でしたが、釣れました。

使用タックル

ロッドダイワ 
ブレイゾン モバイル 666TMB
リールシマノ
SLX MGL70
ラインダイワ 
BASS X ナイロン 12lb

ロッドは、原付バイク・自転車移動に便利なテレスコロッド(振り出し竿)。

リールはスタンダードなノーマルギア。ラインは安物です。

使用したフィールド

エリア関東地方の田園地帯
釣り場タイプ水路
規模
水の流れ緩やか
水質通年で強い濁り
水深最も深い場所で推定1m程度
特徴・変化に乏しい
・大河川の本流と繋がっている
主なベイト・ブルーギル
・オイカワやタモロコ等の魚
プレッシャーやや低い

上記のような条件の、関東の田園地帯によくあるマッディな水路です。

トレーラーフック

がまかつのトレーラーフック(公式サイト)を使用し、外がかりでしたが、このトレーラーフックに掛かって釣れました。

サイズは#2

ブッ刺して貫通させるだけなので、セッティングは非常に楽です。

実績のあるルアーカラー

オレンジ、レッド、ブラックが混ざった非常に目立つカラー。

ブレードはゴールド。

マッディウォーターで効果的です。

ルアーアクション

やや遅めのただ巻きで釣りました。

水路の対岸に投げて巻いてきて、もう少しで巻き終わるという頃に、ちょうどブレイク(駆け上がり)のような段差があるのですが、底に隠れていたらしき魚が、下から出てきてバイトしました。

だぶんココにいた

一番深いところで70〜80cmくらいの水深で、ジンクスミニを水深30〜40cmあたりのレンジを引いていました。

おそらく、頭上を通過するジンクスミニに反応したのでしょう。

使ってみて感じたこと

※あくまで筆者の使用タックル、フィールド等の条件で感じたことです。参考程度にご覧ください。

※また、実際に使用した3/8ozモデルをもとにした情報です。

ブレードは超高速回転

極薄のブレードは、かなりの高速回転。

ブルブルブルとかブルンブルンといった回転ではなく、超ハイピッチでブーンという感じ。

滑らかな巻き心地

手元には適度な重みが伝わってきて、滑らかな巻き心地です。

振動・バイブレーションのような荒いイメージではなく、超ハイピッチなブレードの回転と共に、ブーンと一定の速度で、安定を保ちながら巻くことができます。

レンジキープしやすい

11月の貴重な1匹

高比重なブレードの特性もあってか、スローに巻いてもハイピッチなブレードの回転を維持しながら、一定のレンジを安定して泳いでくれます。

ジンクスミニでの初バスは11月中旬だった訳ですが、ボトムにいるであろう魚の頭上を通すイメージで、中層をやや遅めに巻いて釣りました。

レンジキープしやすく、低水温期でも出番が増えそうです。

着水時からブレードがよく回る

薄いブレードは着水時からよく回り、護岸沿いでの落ちパクも狙えそうです。

ワイヤーは意外と頑丈

36cmの魚を抜きあげましたが、ワイヤーは変形しませんでした。

そのまま投げてみましたが、通常通り泳いだので、意外とワイヤーは丈夫だと感じました。

キャスタビリティよし

コンパクトなので空気抵抗が少なく、キャスタビリティに関してストレスはありません。

少なくとも小場所では問題なし。

おわりに

ジンクスミニスーパーブレードTGを使ってみましたが、スーパーブレードの名にふさわしいアクションと実力だと思いました。

巻き心地は好みによると思いますが、ズシっとした重みや強めのバイブレーションよりは、軽めで滑らかな巻き心地の方が好きなので、個人的にはジンクスミニの巻き心地が気に入りました。

レンジキープしやすいのも、けっこう大事なポイントですね。特に寒い時期は、表層よりも中層以下を通したいという場面が多く、ジンクスミニは季節問わず活躍しそうです。

正直、ジンクスミニスーパーブレードは、ノーマークのルアーでした。名前をほとんど聞いたことが無かったし、どの店頭でも必ず見かけるという印象もありませんでした。

しかしながら、使ってみると良いスピナーベイトでした。11月中旬、ピーカンで完全なる無風でしたが、良い釣果をもたらしてくれて感謝。

今後も期待を込めてキャストしてみようと思います。