釣りバイクはスーパーカブ110がおすすめ!積載力・機動力・走破性に長けた万能バイク

ホンダ「スーパーカブ110」は釣りに適したバイクです。

釣りに使うことを想定して、数あるバイク・原付バイクの中から、スーパーカブ110を選んだのには理由があります。

実際に、ブラックバス釣りのおかっぱり(岸釣り)に使用してみて感じた、「スーパーカブ110」と「釣り」の相性の良さや、使い勝手についてご紹介します。

*筆者が乗っている2009年製のJA07型のスーパーカブに乗った経験をもとにした記事となります。

積載力が高い(釣具を積載しやすい)

カブといえば、新聞・郵便配達や出前に使われてきたバイクです。

それは、やはり荷物の積載・運搬に適しているからでしょう。

釣りに行く場合も、釣具一式を積載する必要があり、カブの積載力が最大のメリットだと感じます。

積載力のキーとなる純正キャリア
純正キャリアでも釣具は詰める

極論、ロープ1本あれば、純正キャリアに釣具を載せて釣りに行けます。

大型リアキャリアが標準装備されているのは、釣りに使う上でかなり大きなメリットです。

筆者の釣具一式を積載した例
参考記事

 バイク釣行に便利なテレスコロッドの使い勝手に関する記事です。よろしければご覧ください。

釣りスタイルに合わせてカスタムしやすい

カスタムを楽しめるのもカブの魅力です。

例えば、ボックスを積めば、その中に釣具一式を詰め込んで雨を避けることができます。

帽子、手袋、雨具をボックスに入れておくことも可能。

また、自作のロッドホルダーを作成・取付している方もいます。

カブのキャリアにはボックスを載せるのが主流

積載力のポイントまとめ

・大型リアキャリアが標準装備

・純正キャリアのみで釣具一式積載可能

・ボックスを積むなどのカスタム・アレンジが可能

機動力・走破性が高い

ギアチェンジできるスクーター?

カブのギアシステムは「ロータリー式」と呼ばれるもので、一般的なバイクのリターン式とは違います。

詳細な説明は割愛しますが、エンストしない構造となっており、誰でも簡単にギア操作ができます。

わかりやすく言うと、ギアチェンジできるスクーターみたいなものかなと思います。

一般的なバイクとはギアのシステムが異なる
未舗装路の走破性

川沿いの未舗装路を走っていると、草が生い茂っていて、低めのギアを保ちながらの方が進みやすい場面があります。

また、タイヤのサイズが比較的大きめなのも未舗装路ではメリットです。

最近は、クロスカブハンターカブといった車種も人気ですが、スーパーカブ110でも、ある程度の未舗装路は問題なく走行可能です。

比較的大きめのタイヤ
足つきの良さ

シートの幅はスクーターのように広くはなく、シート高もさほど高くないので、足つきがすごく良いです。

これは、特に未舗装路で勾配のある道、細い道が入り組んでいる場所で、停車・発進を繰り返す際に安心・楽チンです。

173cmの筆者は両足とも地面にべったりつく

機動力・走破性のポイントまとめ

・エンストしない構造

・ギアチェンジ可能

・ギア操作は楽チン

・足つきの良さ

・大きめのタイヤ

110ccならではのメリット

小柄ながらパワフルなエンジン

スーパーカブの場合、50ccのカブと体格はほぼ同じです。

車体重量100kg以下で、小柄なまま排気量が倍以上となっています。

50ccの原付バイクで感じていた「加速力」や「制限速度」の面でストレスが緩和され、それでいて機動力・小回り性能は維持しています。

時速60キロまでならスムーズに加速してくれるので、遠征する際も安心です。

110ccならではのメリットまとめ

・小柄で軽量ながらパワフルなエンジン

・制限速度や加速力など50ccの課題をクリア

・時速60キロまでの加速がスムーズで遠征でも安心

おわりに

課題である釣具の積載を克服しやすく、小柄ながら機動力・走破性のあるスーパーカブ110は、釣りに適しているバイクでしょう。

自分の釣りスタイルに合わせて、DIY的なカスタムを施せるので、新たな楽しみが広がります。

もちろん、燃費の高さも非常に魅力的。

スーパーカブ110を、釣りの相棒として迎え入れてはいかがでしょうか。

参考記事

スーパーカブ110購入にかかる初期経費と手続きについての記事です。ご参考まで。