【インプレ】6.5インチカットテールワーム 実釣力は健在

ゲーリーヤマモトの大人気商品「カットテールワーム 」は、6.5インチもかなりの実釣力があります。

4インチばかりを使っていましたが、6.5インチを投げてすぐに結果が出て、やはりカットテールはサイズ関係なく釣れると実感しました。

むしろサイズと共に存在感とアピール力がアップしているかも。

オカッパリでバスを釣ってみましたので、使い方・釣り方、使用リグ(仕掛け)、使ってみた所感などをご紹介します。

6.5インチカットテールワーム概要

基本情報

メーカーゲーリーヤマモト
Gary YAMAMOTO
ルアー名6.5インチカットテールワーム
6.5”KUT TAIL WORM
サイズ(長さ)6.5インチ
入数10
カラー展開10色
製品情報ソース:ゲーリーヤマモト公式サイト
実勢価格

税込で1,100円前後。

重さ
5本乗っています

ひとつあたりの重さは、約10.6g

長さ

インチといってもピンとこないので、実際にメジャーで測ってみたところ、約17cmでした。

サイズ感・ボリューム感
下は4インチ

定番の4インチと比較してみると、かなり存在感のあるサイズ感。長さ、太さ、共に大幅アップ。

圧倒的な存在感
サイズ重さ
6.5インチ約10.6g
4インチ約3g

重さは4インチの3倍以上。ボリューム感もかなり違ってきます。

使い方・釣り方

6.5インチでの初バス

釣果データ

日にち時間天気表水温魚のサイズ釣り場の種類(規模)水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ルアー カラーリグ アクション
2021/8/3115:1526.4℃ 33cm河川A(小)かなり濁っている水門まわり50-60cm341 ダークブラウンブルーギルネコリグ/ネイルシンカー0.8g/ガート付きマス針#2ボトムバンピング
2021/9/1414:4322.8℃20cm河川A(小)かなり濁っている水門まわり1m020 ブラック(ソリッド)ネコリグ/ネイルシンカー1.2g/ガート付きマス針#2フォール

8月末から9月中旬、減水が始まった関東の小規模河川にて、3〜4回の釣行で2匹釣りました。

1匹目はブリブリのずっしりした良型だったので、2匹目もラインが走った時はかなり期待したのですが、20cmのコバスでした(笑)。

20cmくらいの小バス

それでも、やはり良い感じにに太っていて、6.5インチを飲み込むヤル気を感じました。

使い方・釣り方

使用タックル

ロッドシマノ
バスワンXT 1610H-2 
リールシマノ 
SLX MGL 70XG
(エキストラハイギア)
ラインダイワ
BASS X ナイロン14lb/16lb

高級機種は使っていません。

使用したフィールド

釣り場タイプ小規模河川
水流緩やか
水質マッディ
(時期により多少変動)
水深減水時は50cm前後
(ポイントにより異なる)
特徴変化に乏しいが
減水すると杭などが露出
主なベイトオイカワ、タモロコ等の魚

関東の田園地帯にある川。大河川の本流へと繋がる水路タイプ。

釣れたポイント
水門まわり

いずれも水門まわりで釣りました。水門から流れ出る水と本流がぶつかる場所です。

常にベイトフィッシュとそれを狙うバスが集まるポイント。本流の水がかなり濁っており、グレーっぽい色でした。

使用リグ(仕掛け)

ワームの頭にネイルシンカーを埋め込んでマス針をさした「ネコリグ」で釣りました。

フックを刺す位置

筆者は「だいたい真ん中らへん」です。そこまで神経質にならなくても大丈夫だと思います。

一度、浅瀬でアクションを確認して、自分が気に入ったアクションになるよう調整すると良いでしょう。

使用フックとフックサイズ

DECOY(デコイ)の「カバーフィネスHDワーム220」を使いました。

ガード付きマス針です。サイズは「#2」。

根がかりが多めのエリアではガード付きが良いでしょう。このフックは太くて頑丈な印象。

ベイトタックルで安心してフルフッキングできておすすめ。

使用ネイルシンカーと重さ

0.8g1.2gを使いました。

スタジオワンハンドレッドのネイルシンカーは、コスパが良いのでおすすめ。

ルアーアクション

釣り場にいる小魚をイメージして動かす

水底の餌をついばむ小魚や甲殻類をイメージして、底でチョンチョン動かしながら、ゆっくりラインを巻き取ります。

2匹目が釣れた時は、フォール中か着底と同時くらいのタイミングでラインが走りました。

実績のあるワームカラー

ダークブラウンブルーギル(上)とブラック(下)
カラー釣果
341 ダークブラウンブルーギル1匹
020 ブラック(ソリッド)1匹

いずれも、かなり濁りが強いポイントでしたが、これらのカラーはしっかり効きました。

参考記事

使ってみて感じたこと

  • 良型もやる気のある小バスも釣れる
  • 4インチと比べアピール力大幅UP
  • 4インチと同じ使い方・動かし方で釣れた(ネコリグ)
  • 4インチと同じく実釣力は高い

おわりに

おそらく大多数の方が、カットテールは3.5インチか4インチを最初に投げるかと思います。

しかし、6.5インチも4インチと同様に、すぐに魚からの反応が得られました。むしろ存在感とアピール力がアップして良いかもしれません。

やはりネコリグは6.5インチになっても変わらぬ強さ。

ベイトリールで良型を狙いたいときは、6.5インチカットテールを使ってみてください。

参考記事

スピニングでアピール力を重視するなら5インチ!