【インプレ】スーパートリックスターネットSTN-380!伸縮式ランディングネットはオカッパリ釣行に向いている?

ランディングネットはおかっぱりで大活躍します。個人的には必須アイテムだと思っています。

伸縮式のランディングネット「スーパトリックスターネット」を、おかっぱり釣行で実際に使ってみた所感・メリット・デメリットを紹介したいと思います。

おかっぱりにランディングネットは必要

個人的には必要だと感じています。詳しくは下記の記事にまとめていますので、よろしければご覧下さい。

参考記事

スーパートリックスターネットSTN-380基本情報

メーカー/ブランドジャクソン 
品名スーパートリックスターネット
型番/品番STN-380
長さ3.8メートル
重さ約740g
税込価格15,950円
製品情報ソース:ジャクソン公式ウェブサイト製品情報ページ

スーパートリックスターネットは伸縮式のランディングネットで、長さの異なる3タイプが販売されています。

STN-180、STN-280、STN-380の3タイプで、それぞれ1.8m、2.8m、3.8mまで伸びます。

筆者が購入したのはSTN-380。重さは自分で計ってみたところ、約740-750gでした。

サイズ感

ノーマルフレームのサイズ感

ネットのフレームも大きさの異なる3タイプがありますが、筆者はノーマルフレームを使っています。

下の写真は37cmのバスを入れていますが、深さにはだいぶ余裕がありそうです。

琵琶湖などでモンスターサイズを狙わない限りは、ノーマルフレームで十分でしょう。

37cmのバスを入れた場合

実際に使ってみた所感・メリット・デメリット

私はボートに乗ることはなく、おかっぱりのランガンで使用しています。

数ヶ月使ってみて、感じたことをお伝えします。

オプションパーツの購入がベター

ちなみに、筆者はオプションパーツのランガンマグネットとランガンジョイントを別途購入して使用しています。

詳細は下記の記事にまとめています

3.8mも必要か?

回収できたルアーは一つや二つではない

おそらく、2.8mあれば、ほとんどの場面で対応できそうです。

3.8m必要な場所で釣りをすることはほとんど無さそうですが、短いものは伸ばせないが、長いものを短くして使うことはできるので、380を買っちゃいました。

しかしながら、引っ掛けたルアーの回収や落とし物をすくう際に、3.8mでよかった!思う場面が多々あります。

メリット

・高さがある場所や足場の悪い場所でもランディングが可能

・落とし物の回収にも使える

・杭などに引っ掛かったルアーを回収できる

高さがある場所や足場の悪い場所でも攻められるようになり、今まで諦めていたようなポイントでも釣りができるようになったことが、一番のメリットだと感じています。

デメリット

・重くて大きいので機動力が落ちる=歩きづらい

・藪漕ぎする時や柵を越えたりする際にかなり邪魔(落下することもある)

・網目が細かいので、プラグが引っ掛かりやすく外しづらい

22年4月下旬追記

シャフトの下栓が、一度、知らないうちに外れてしまっていたことがあります。バイクに乗せて走行中に、スルスルと伸びていることに気づき、慌てて停車しました。

使用する際は、出発の前後に下栓の締まり具合を必ず確認しましょう。

失くした下栓は、キャスティング店舗に電話して取り寄せてもらいました。パーツ代と送料込みで1,000円程度だったと記憶しています。

21年10月中旬の追記

しばらく使い続けて痛感したことがあります。

それは、プラグがネットの網目にひっかかり、ものすごくストレスになるということです。

釣ったあと、素早く写真撮影してリリースしたいのですが、とにかくプライヤー無しでは外すのが不可能なほど。

所感まとめ

攻められるポイントと安心感が増えるため、買ってよかったと思っていましたが、残念ながらプラグが網目に引っかかり過ぎるのでストレスが大きいです。

21年10月時点では、重いとか邪魔とかではなく、何よりもネットに絡みやすいというのが最大のストレスとなっています。

追記:フック絡まる問題は解決!

網目が粗いラバーネットに交換しました!これで全て解決!

詳細は下記の記事をご覧ください。

おわりに

スーパートリックスターネットは、確実におかっぱりアングラーの味方になってくれるでしょう。

足場の悪い場所、高さのある場所、傾斜のある場所、様々なポイントで安心感をもたらしてくれる頼もしい存在。。

デメリットもありますが、筆者はメリットの方が多いと感じています。

一時期はプラグのフックが絡まる問題に悩まされましたが、ネット部分を交換して解決し、快適に釣りを楽しんでいます。

おかっぱりをメインとする方は、ぜひ使ってみてください。

ネットで購入可能

気になった方はチェックしてみてください。