ネット交換で解決!スーパートリックスターネット”フック絡む問題”に終止符を打つプロックス(PROX)「交換用ラバーランディングネット」

バス釣りをおかっぱり(岸釣り)で楽しむアングラーにとって、ジャクソンのスーパートリックスターネットは人気があると思います。

しかし、網目が細かいためルアーのフックが絡みやすく、ランディングする度にフックの取り外しに時間をとられ、ストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで、ネット部分だけラバーネットに交換してみましたので、使った商品や交換手順についてお伝えします。

フック絡みすぎる問題

スーパートリックスターネットの最大のデメリット、それが、ルアーのフックがネットに絡みやすく、外しづらいという点。

毎回、プライヤーを使って必死に格闘して、釣りをする時間が減っていくのがストレスでした。

それが、ネット交換を決意した理由です。

トレブルフック×3のプラグは本当に地獄

用意するもの・作業時間

必要なのは、下記3点のみ。

  1. スーパートリックスターネット
  2. 交換用ラバーネット
  3. ハサミ

作業は5分〜10分程度で終わります。

純正ネットは黒く網目が細かい
スーパートリックスターネットの参考記事

交換用ラバーネットの製品情報

メーカー/ブランドプロックス(PROX)
品名交換用ラバーランディングネット
型番/品番PX89415C
サイズ15型
カラークリア
素材ラバー
直径38cm
底直径28cm
深さ27.5cm
重さ175g
定価(税込)1,100円
製品情報ソース:プロックス公式サイト製品情報ページ

交換の手順

手順1:柄(グリップ部)とフレームを分離する

フレームを数回まわして柄の部分から外します。

手順2:フレームの結合部を外す

少し力を入れて、両手を使って、穴からネジ部分を抜くだけです。

手順3:ハサミを使ってネットをフレームから外す

構造上、ネットを切らないと外せないと判断したため、ハサミでザックリいきました。

純正ネットは捨てることになるので注意です。

手順4:交換用ラバーネットをフレームに通す
フレーム用の穴

交換用ラバーネットにフレーム用の穴がありますので、

そこにフレームを通していきます。

手順5:全ての穴に通しフレームを再度結合する

全ての穴にフレームを通したら、

フレームを結合して元の形に戻します。

手順6:フレームと柄(グリップ部)を結合して完成!

網目が粗いのでルアーを簡単に外せる

下の写真、黒いネットが純正ネット。網目の細かさにこれだけの差があります。

これで、ストレスから開放されそうです。というのも、もともとプロックスのネットを使っていたので、フックの絡みにくさ、外しやすさは既に経験済み。

下記の記事に記載のネットを使っていました。

サイズ感は問題なし

他社製品でしたので、一種の賭けでしたが、15型がサイズ的にもピッタリのようです。特に違和感を感じません。

37cmのバスを入れると、こんな感じです。

実際にランディングしてみた

交換したプロックスのラバーネットを使い、45cmのバスを取り込みました。

特に問題なしです。フックが絡まることなし。

45cmのバス

なかなかの重量級でしたが、大丈夫でした。

おわりに

スーパートリックスターネットを使っているおかっぱりアングラーをよく見かけます。

みなさんは、フックが絡んでストレスになっていませんか?

他社製品・ネットの色・1,100円の出費、この三つが気にならないようでしたら、プロックスの交換用ラバーネットはありだと思います。

ただし、交換すると、純正ネットは使用不能になるのでご注意を

ネットで購入可能

気になる方は覗いてみてください。