冬の釣りや自転車におたふく手袋の防寒ソックス

真冬の釣り・自転車などにおける防寒対策で、意外と重要なのが靴下。

一般的な薄い靴下では、なかなか辛いものがあります。そこで、「おたふく手袋」製の冬用防寒ソックスを使ってみました。

ユニクロの無地ソックスとの差を検証してみましたので、検証の結果と合わせ、この冬用ソックスの特徴、使ってみた所感を紹介します。

おたふく手袋ってどんな会社?

おたふく手袋株式会社は、ざっくり下記のような会社です。

  • 大正15年創業の日本企業
  • 製造業の多い大阪に本社を構える
  • 作業用手袋をメインにインナーなども展開

手袋をはじめ、作業用の衣類を製造してきたとあって、機能性の面で信頼できそうです。

手袋が得意なら、靴下にも応用ができるはず。

おたふく手袋株式会社の公式サイトはこちら

おたふく手袋 冬用ソックス概要

ブランド
(メーカー)
ボディタフネス BODY TOUGHNESS
(おたふく手袋株式会社)
商品名BTサーモフットパイルソックス先丸2足組
型番/品番JW-134
サイズ25-27cm
カラーブラック/グレー
素材綿・アクリル・レーヨン・ポリエステル・ポリウレタン
製造国中国
製品情報ソース:おたふく手袋公式サイト、商品パッケージ

実勢価格

2022年12月28日時点、Amazonでのグレーの価格は、1,100円台でした。

※セール期間や個人向け割引などで価格変動があるので注意

主な機能・特徴

製品テストにより実証済の高い発熱性能を誇るレーヨン糸「テックサーモ」を使用しています。

引用元:JW-134BTサーモフットパイルソックス商品パッケージ

商品パッケージには、このテックサーモの発熱性能をアピールする文言が並んでいます。

洗濯方法

  • 洗濯機OK
  • 乾燥機はNG

筆者は、洗濯用ネットに入れて、ドラム式洗濯機の標準モードで洗ってから、部屋干ししています。

素材・質感

ユニクロの無地ソックス

靴下にこだわりがない筆者は、釣りやアウトドア全般に、ユニクロの無地ソックスをずっと使ってきました。あの、3足か4足でまとめて買うと安いやつ。

しかし、やはり冬場は足が冷えて辛いため、以前から釣り用インナーでお世話になっていたおたふく手袋の、冬用ソックスを試してみたわけです。

くるぶしから厚くなる

くるぶしから上を一般的な靴下と同じ厚みにしフィット性を高め、くるぶしから下を保温性に優れた厚地パイル編み(フットパイル)にし、フィット性と保温性を両立しました

引用元:JW-134BTサーモフットパイルソックス商品パッケージ

上記のように記載があり、確かにくるぶしから下の部分に厚みがあります。

上:ユニクロ無地ソックス

ユニクロの靴下と比べると、約2倍の厚み。

内側(くるぶしより下)

そして、内側の素材も特徴的で、ふわふわ・モコモコで肌触りが良く、保温性が高そうな印象を受けます。

保温性・速乾性を検証してみた

まず、前提として、筆者は手足が非常に冷えやすい体質で、冬に素手で握手をすると必ず相手に驚かれます。手だけでなく、足先も同様にめちゃくちゃ冷たいです。

さて、検証ですが、野外で1時間ほど自転車を漕いでみました。

条件は下記の通り。

エリア関東地方
時期12月下旬
時間帯14:00〜15:00頃
移動手段自転車(クロスバイク)
天気
土手の上は、通常走行が困難なほどの強風
気温10℃前後
検証場所河川敷(土手)
足の装備右足:おたふく冬用ソックス
左足:ユニクロ無地ソックス
靴:KEENジャスパー2ウォータープルーフ
左:ユニクロ、右:おたふく

上の写真の通りです。比較するにはベストな方法でしょう。

室内で感じた差

出発の1時間ほど前から、自宅で右におたふく・左にユニクロの靴下を履いていました。

左(ユニクロ)足がスースー、冷んやり
右(おたふく)冷んやり感はないが、ポカポカとまではいかない

上記の通り、差は感じることができました。

しかし、右足を靴下の上から触ってみると、足先は冷たかったです。

開始10分で広がる差

自転車を漕ぎ始めて10分が経過する頃、差が明確になってきました。

左(ユニクロ)かなり冷えて、足の甲や土踏まずあたりまで硬くなる
右(おたふく)指同士が触れると冷たさを感じたが、足が硬くなるほど冷えていない

30分経過時の差

川沿いの土手を走り、30分経過した時に休憩と検証をしました。

靴下の上から素手で左右の足を触ってみました。

左(ユニクロ)汗の湿りをはっきり感じられ、冷たい
右(おたふく)靴下の中に水分(汗)を感じとれたが、靴下には染みておらず、そこまで冷たくはない

次に、靴下を脱いで、足を素手で触ってみました。

左(ユニクロ)足先(指付近)はかなりヒンヤリ冷たく、かかとまで冷たくなっていた
右(おたふく)足先は、左足ほど冷たくはなく、かかとは温かかった

左右で足の温度と冷たい部分の範囲に差が出ていました。

1時間経過時の左

さらに30分ほど自転車を漕いで帰宅し、もう一度、足をチェックしてみました。

左(ユニクロ)汗がかなり靴下に染みており、湿り気を明確に感じ取れた
右(おたふく)汗は靴下の中にわずかに感じる程度で、靴下までは染みていなかった

そして、靴下を脱いで素手で足を触ってみましたが、30分経過時と同じ結果でした。

検証結果

  • 保温性も速乾性も、おたふくの靴下の方が高い
  • おたふくの靴下でも冷えるは冷えるので、筆者のような冷えやすい体質の人にとって、改善は「劇的」と言えるレベルではない
  • おたふくの靴下でも「ぽかぽか」とまではいかないが、冷たくて辛いということはなかった

釣りに使って感じたこと

釣り場まで片道30分ほど自転車を漕いで、1時間半くらいバス釣りのオカッパリ(岸釣り)をしてみました。

ポイントを求めて常に歩きながらの釣りでしたが、寒さと冷たさで辛いとか、釣りに集中できないということはありませんでした。

むしろ、釣りに集中しすぎてあっという間に1.5時間が経過しました。

ぽかぽか暖かいレベルではないが、冷たさを感じることもなく、という感じです。

原付バイクに乗って感じたこと

20分の短時間の乗車(往復で40分)では、足が冷たくて辛いという感覚はありませんでした。

帰宅後、靴下を脱いで足を触ってみましたが、自転車で検証した時の結果とほとんど変わらず。

足先、指付近が少し冷たくなっていて、かかとの方が温いくらいでした。

おそらくですが、数時間のツーリングでは、冷えて辛くなりそうです。ツーリングに出かけたら、また追記したいと思います。

コスパは悪くない

わりと安くてコスパの良い商品を扱う釣具メーカーさんがあるのですが、そこが出している冬用のソックスは、一足で税込2,000円以上します。

一方で、おたふくのこの靴下は、2足組で1,100円台でしたので、一足あたり600円弱。

もちろん、前者とは素材が違うので完全な比較はできませんが、それでもかなりお買い得に感じます。

ユニクロのヒートテックソックスじゃダメなの?

おたふくの冬用インナー・タイツ

ユニクロのヒートテックソックスは、正直、試したことがないのでわかりません。

しかしながら、ユニクロのヒートテックインナーと、おたふくの冬用インナー・タイツを両方使って、比較したことがあります。

結果的に、保温性も速乾性も、おたふくインナーの方が高かったので、靴下に関しても、釣りや自転車には、おたふく製品を使うことにしました。

このおたふくの靴下やインナーを展開するボディタフネスシリーズは、作業やスポーツをする人向けに開発された商品なので、やはりヒートテックとは特性が違うと感じます。

おたふくの冬用インナー・タイツの記事は、下記をご覧ください。

サイズ感について

筆者の足のサイズは、25.5cmです。

おたふくの靴下は、25-27cmサイズですが、筆者には少しだけ大きかったです。

筆者の足は25.5cmといっても、長さは25.5cmよりも短く、幅が25.5cmないとキツい形。

ですので、幅はちょうど良い感じでも長さでやや余りが出てしまい、くるぶしより下の部分が少し余る感じでした。

おわりに

おたふく手袋のボディタフネス製品は、作業やスポーツをする人向けに作られた商品で、釣りや自転車をはじめとしたアウトドア全般でも使えます。

この冬用ソックスは、「劇的な差」や「常にポカポカ」とまでは言えませんが、それでも一般的な靴下と比べ、保温性と速乾性の面で、明確な差があります。

コスパも悪くなく、手をだしやすい価格。節約重視の方にはおすすめです。

自転車・バイクに乗る方は、ヘルメットの下に被れる防寒インナーキャップがおすすめ。