ヘルメットの下にもOKのおすすめ防寒インナーキャップ

秋から冬、自転車で釣りにいくことが増え、特に耳の防寒が必要だと感じました。

そこで、ヘルメットの下でも被れる防寒インナーキャップを探した結果、TARO WORKS®︎というブランドの、コスパの良いインナーキャップを見つけたので、購入。

実際に着用して、自転車を漕いで釣りに行ってきましたので、タロウワークスのインナーキャップの特徴と、使ってみて感じたことを紹介します。

TARO WORKS®︎とは?

Amazonの販売サイト(こちら)と同社ホームページ(こちら)から得られた情報をまとめると、ザックリ下記の通り。

  • 株式会社タロウワークスのブランド = TARO WORKS®︎
  • 同社は福井県に本社を構える日本の中小企業
  • 2014年創業の新しい企業
  • 事業内容は、化学繊維製品の企画、開発、製造、輸出入、販売ならびに、関連業務

Amazonには、様々な中国ブランドの商品が並んでいたのですが、たまたま見つけることができた日本企業。

値段も安かったので、日本の中小企業を応援したいという思いから、同社の製品を購入しました。

TARO WORKS®︎ インナーキャップ概要

ブランド
(メーカー)
TARO WORKS®︎
(株式会社タロウワークス)
商品名防風加工 イヤーウォームキャップ
メイン素材ポリエステル フリース(防風加工)
サイズフリー(約54×22cm)
重さ36g
カラーブラック
製造国中国
製品情報ソース:TAROWORKS®︎Amazon販売サイト、商品タグ
実勢価格

2022年12月21日、Amazonで購入しました。当時の価格で980円。

主な機能・特徴

保温力のあるフリース素材と辛い風の対策として複合防風膜加工を採用したウォームキャップ

引用元:TAROWORKS®︎Amazon販売サイト

イヤーウォームキャップとう名前からも、冷たい風を防いで耳を温かく保つためのキャップという、明確な役割が伝わってきます。

洗濯方法

  • 手洗い(40℃まで)
  • 乾燥機不可
  • 漂白剤不可
  • アイロン不可

素材・質感

内側

全体的に、フリース素材となっています。内側は全面フリースで優しい被り心地。

縁はゴム素材で伸縮性あり。

キャップの下半分は防風加工がしてあるので、触り心地が少し違います。カサカサした乾いたような質感となっています。

使ってみて感じたこと

風が強い日が多かった

2022年、関東地方としては厳しい冬となり、例年よりも寒く感じました。

下記の条件で、インナーキャップを被って釣りとサイクリングに数回行ってきました。

エリア関東地方
時期12月下旬
時間帯(移動時間含)13:00〜16:00
移動手段自転車(クロスバイク)
天気
気温10℃前後
釣りスタイルバス釣りオカッパリ(岸釣り)
主な釣り場田園地帯の川(水路)

使ってみて感じたことは下記の通り。

防風・防寒性能は高い

釣りに行く場合、自宅を出発してから帰宅するまで、ずっと被りっぱなしですが、とにかく耳と頭を風と寒さからしっかりと守ることが可能だと実感。

河川敷の土手を自転車で走った時、漕ぐのが精一杯くらいの強風でしたが、耳は全く寒くありませんでした。

自転車を漕いでいても、川沿いで釣りをしていても、頭・耳は温かく快適でした。

冬の自転車では手放せないアイテムとなりつつあります。

普通のニットキャップとしてもOK

自転車で釣り場に到着したら、ヘルメットを脱いで、このキャップを被ったまま釣りを始めます。

単なる防寒キャップとしても使用可能。デザインも特に悪くないので、使いやすいです。

また、ヘルメットを脱いだら頭が寒くなったということもありません。

透湿性は悪くない

片道30-40分くらい自転車を漕ぐと、真冬でもけっこう汗をかきます。

帰宅後にキャップを外した時、汗ですこしムワっと暖かい蒸気が抜ける感じがしましたが、キャップに汗が染みて濡れていることはなく、「ちょっと湿ってるかなあ」程度ですぐ乾きます。

ヘルメットとの相性について

自転車のヘルメット

少し余裕のあるサイズのヘルメットなので、インナーキャップを被っても特に問題なく、しっかりと被ることができました。

ヘルメットは耳の部分を覆いませんが、走っていても耳が冷えることはありません。

バイクのヘルメット

バイクのヘルメットの場合、ヘルメットが覆う面積が多いこともあり、少しキツく感じるかもしれません。

筆者の場合、もともと少しキツめのヘルメットを被っていたので、若干の窮屈感があります。

インナーキャップにヨレを作らずにヘルメットを被ることにより、窮屈感は軽減されます。

1日被り続けて長距離ツーリングとなると、頭への負担がかなり多そうだなあという印象。

普段のヘルメットのサイズ感にもよりますが。

ジェット型ヘルメットはフェイスシールドがあるものの、やはり、どうしても隙間から風が入ってくるため、真冬はけっこう耳が冷えて寒いです。

しかし、このキャップを被ったところ、寒さ・冷えは無くなりました。隙間風対策に良いです。

音が聞こえづらい

防風性能が高いので、風と共に音も遮断してしまいます。

キャップを被っている時に、人に話しかけられたのですが、聞き取りづらかったです。

自転車で走行中は、特に他の自転車や歩行者には注意する必要があるでしょう。

コスパは良い

辛い冬の寒さと風をシャットダウンできて980円は、お手頃価格でしょう。

実際に使ってみて、「これで980円ならアリだな」と思えました。

日本企業の商品なので、何かあった際のフォローアップなども安心ですし、コスパは悪くないと思います。

サイズ感について

筆者は、身長173cmで成人男性としては平均的な体格ですが、頭のサイズはけっこう小さいです。

以前、250ccのバイクに乗っていた時は、男性用ヘルメットが大きすぎて、女性用のヘルメットを使用していました。

現在、スーパーカブ110に乗っていますが、Sサイズのヘルメットを被っています。

そんな頭の筆者ですが、このインナーキャップは、ちょっとだけ余裕がある感じです。

被る時は、そんなに力を入れる必要なく、すんなり奥まで被ることができます。

しかしながら、耳の下までスッポリと被るタイプなので、ずれたりすることはなく、心地よいフィット感です。

おわりに

冬の釣りやサイクリングで、寒さが辛いと感じる原因の一つが、耳の冷え。

耳をしっかり防寒できると、思っているよりも温かく感じます。

タロウワークスのインナーキャップは、防風仕様で耳をしっかり守ってくれる格安アイテムで、ヘルメットの下にも被れる優れもの。

冬でも釣り、自転車、バイクを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

ただ、少し音が聞こえづらくなるので、十分注意しましょう。

ボディ全体の防寒なら、おたふく手袋のインナー・タイツがおすすめ。

足先の防寒なら、おたふく手袋の冬用防寒ソックスがおすすめ。