【冬の釣り】おたふく手袋の防寒インナー・タイツがおすすめ

釣り用の防寒着を調べると、釣具メーカーの防寒インナーが目に入ってきます。

しかし、その価格の高さに驚きませんか?

なるべく出費を抑えつつ、コスパ重視で選ぶなら、おたふく手袋の冬用インナー・タイツがおすすめです。

実際に着用して、自転車を漕いで釣りに行ってきましたので、インナー・タイツの特徴と、使ってみて感じたことを紹介します。

おたふく手袋ってどんな会社?

本題に入る前に、この冬用インナーをつくっている「おたふく手袋株式会社」について、少しだけ。

ざっくりですが、下記のような会社です。

  • 大正15年創業の日本企業
  • 製造業の多い大阪に本社を構える
  • 作業用手袋をメインにインナーなども展開

手袋をはじめ、作業用の衣類を製造してきたとあって、機能性の面で信頼できそうです。

おたふく手袋株式会社の公式サイトはこちら

おたふく手袋 冬用インナー概要

上に着るインナー

ブランド
(メーカー)
ボディタフネス BODY TOUGHNESS
(おたふく手袋株式会社)
商品名BTパワーストレッチ
サーモデオ ハイネックシャツ
型番/品番JW-275
サイズS/M/L/LL/3L
カラーブラック
素材ポリエステル90%/ポリウレタン10%
製造国中国
製品情報ソース:ボディタフネス公式サイト、商品タグ

ハイネックタイプなので、首元も防寒。

下に履くタイツ

ブランド
(メーカー)
ボディタフネス BODY TOUGHNESS
(おたふく手袋株式会社)
商品名BTパワーストレッチ サーモデオ ロングタイツ
型番/品番JW-274
サイズS/M/L/LL/3L
カラーブラック
素材本体:ポリエステル90%/ポリウレタン10%
ウエスト部分:ポリエステル70%/ナイロン30%
製造国中国
製品情報ソース:ボディタフネス公式サイト、商品タグ

実勢価格

2022年9月下旬、メンズLサイズの上下をAmazonで購入しました。当時の価格で、上のインナーが1,400円台、下のタイツが1,500円台でした。

2022年12月26日時点、AmazonでのメンズLサイズの価格は、上が1,500円、下が1,630円となっています。

機能・特徴

微細裏起毛保温×汗対策速乾×全面消臭(全域に消臭糸を使用)

引用元:商品パッケージ

商品パッケージとタグには、この三つの要素が全面的に押し出されています。

洗濯方法

  • 洗濯機で洗濯可能(40℃まで)
  • ただし洗濯ネットを使用
  • 乾燥機は使用不可
  • 日陰干し

筆者は、洗濯用ネットに入れて、ドラム式洗濯機の標準モードで洗ってから、ハンガーにかけて部屋干ししました。

暖房を入れていれば数時間ですぐ乾きますし、冬は室内の乾燥対策にもちょうどいいです。

素材・質感

左:ヒートテック

普段着の冬用インナーといえば、ユニクロのヒートテックが有名ですね。筆者はヒートテック上下の使用経験があります。

初めておたふくの冬用インナーを手に取ったときに、まず感じたのが、その厚み。ヒートテックの2倍近い厚みがあります。

裏起毛

そして、もう一つの大きな違いが、内側の素材。おたふくの方は、起毛仕様になっており、かなり柔らかく優しい肌触りとなっています。

また、ヒートテックがわりと余裕をもってサラリと着るのに対して、おたふくインナーは、かなりピッタリと肌に密着する感じです。しかし、窮屈感はありません。

よりタイトに密着することもあり、ヒートテックより暖かく感じます。

使ってみて感じたこと

おたふく冬用インナーを使用した条件

2022年冬、筆者が住む関東地方は、かなり寒さが厳しくなっており、11月の後半から真冬並みの寒さを記録。

12月後半になると、朝は氷点下という日が増えてきて、例年よりも厳しい寒さという印象です。

そんな中、12月中旬〜下旬にかけて、おたふくインナーを着用して釣りに行ってきました。

エリア関東地方
時期12月中旬〜下旬
釣りスタイルバス釣りオカッパリ(岸釣り)
釣行の時間帯
(移動時間含)
13:00〜16:00
移動手段自転車(クロスバイク)
釣行時の天気
釣行時の気温8〜14℃(日によって異なる)
主な釣り場田園地帯の川(水路)
服装おたふく冬用インナー(上下)
フリース(ザ・ノース・フェイス)
クライムライトジャケット(ザ・ノース・フェイス)
ジョガーパンツ(ズボン)
おたふく冬用靴下
ネックウォーマー
冬用インナーキャップ(TARO WORKS)

上記のような条件で検証してみました。

使ってみて感じたことは下記の通り。

最低限の重ね着でも暖かい

フリースとクライムライトジャケット

ダウンジャケットなどの分厚いものは着ず、わりと薄めのものを合計3つ着ましたが、真冬に自転車を漕いで出かけるにしては軽装だと思います。

自転車で土手を走っている時は、風が強く吹き付けて少し寒いと感じましたが、辛さを感じるような寒さではありませんでした。

また、釣り場に到着し、歩きながらルアーを投げましたが、この時は終始暖かく、寒さを感じることはありませんでした。

少なくとも、太陽が登っている間は、最低限の重ね着でも暖かく過ごせます。

ちなみに、クライムライトジャケットは、ゴアテックス素材でレインジャケットとして使用できる上に、防風性能も高いのでおすすめ。

速乾性は高い

釣り場までは、自宅から片道30分。漕いだあと、特に上半身の汗の乾き方に差がでました。

 上の装備速乾性
以前ヒートテック
スウェット(コットン)
クライムライトジャケット
釣り場・自宅に到着した時に汗びっしょりで冷えた
スウェットにかなり汗が染みていた
現在おたふく冬用インナー
フリース
クライムライトジャケット
汗はさほど衣服ないにこもっておらず、冷えるほどではなかった

やはり、おたふくのインナーは、常に動く作業者向けに作られているだけに、ヒートテックとは特性が違うと感じます(素材も違います)。

おたふくのインナーは、速乾性が高いと感じました。

コスパは良い

釣具メーカーの防寒インナーは、ものによっては7,000円台とかで売られていて、なかなか手が伸びませんでした。

しかし、おたふくインナーとタイツは、それぞれ1,500円くらいで買えてしまいます。

7,000円のインナーは、着ればその機能性の高さに感謝するのかもしれませんが、おたふくインナーは、「1,500円でこれはアリだな」というお得感と納得感が得られます。

サイズ感について

参考までに、サイズ感に関する情報を紹介します。

商品のパッケージに記載されている、メンズのサイズ表は、下記の通り。

長袖インナー(上半身)
サイズ身長(cm)胸囲(cm)
S155-16580-88
M165-17588-96
L175-18596-104
LL175-185104-112
3L175-185108-116
タイツ(下半身)
サイズ身長(cm)胴囲(cm)
S155-16568-76
M165-17576-84
L175-18584-94
LL175-18594-104
3L175-18598-108
胴囲=ウエスト

そして、筆者の体型は下記の通り。

身長173cm
体重75kg
ウエスト95cmくらい
体型ガッチリ型+お腹ぽっこり

その辺によくいる、アラフォーのおっさん体型です。

ただ、学生時代から上半身を中心に筋トレを続けており、けっこうガッチリしてます。そしてお腹はぽっこり。

筆者は、上も下も、Lサイズを着用しています。

お腹まわりを心配していましたが、上のインナーは、伸縮性がある素材なので、窮屈感はありません。

下のタイツは、やはりウエストが多少窮屈な感じはしますが、やはり伸縮性に助けられています。

自宅を出発して帰宅するまで、窮屈感で辛くなったり、不快感があるといったことはありません。

おわりに

釣りの防寒インナーに迷ったら、おたふく手袋のインナー・タイツを検討してみてください。

ひとつ1,500円なので、節約重視の方は助かるでしょう。

筆者は、夏に、おたふく手袋の冷感インナーにお世話になっており、冬用も試してみたのですが、やはりコスパが良いと感じました。

寒さに負けず、楽しい釣りライフを。

このインナー・タイツと合わせて使っているのが、おたふくの冬用ソックス。こちらもおすすめです。

自転車・バイクに乗る方は、ヘルメットの下に被れる防寒インナーキャップがおすすめ。