【インプレ】5インチハーフスレンダーグラブ シルエットで誘えるアピール力

ゲーリーヤマモトのグラブシリーズの中で、少しマイナー感があるのが、5インチハーフスレンダーグラブ。定番である4インチグラブの、ボディ長いバージョンです。

このスレンダーグラブを使い、オカッパリでバスを釣って、実力を検証してみました。

使用したリグ(仕掛け)をはじめとした、使い方・釣り方、使ってみて感じたことをお伝えします。

5インチハーフスレンダーグラブ概要

基本情報

ブランドゲーリーヤマモト
Gary YAMAMOTO
ルアー名5インチハーフスレンダーグラブ
5-1/2”SLENDER GRUB
5.5″ SLENDER GRUB
サイズ(長さ)5.5インチ
入数10本
色数5
製品情報ソース:ゲーリーヤマモト公式サイト
実勢価格

筆者が通う店舗では、1パックあたり税込891円。

Amazonでは800円台〜1,000円台。

流通量はかなり少ないようです。

重さ
10本

1本あたりの重さは、約6.8g。

サイズ感・フォルム

ゲーリーヤマモトの他のグラブシリーズと比較してみました。

4インチグラブとの比較

4インチグラブとボディの太さは同じで、長さが2倍になっています。

テールは同じサイズ。胴長のグラブですね。

グラブとカーリーテールワームのハイブリッドのような感じもします。

5インチスーパーグラブとの比較

優っているのは、ボディの長さのみ。

スーパーグラブの方がボディが太く、テールも大きいです。

ジャンボグラブ(6インチグラブ)との比較

長さは同じくらいですが、ジャンボグラブの方がボディが太くテールも大きいです。

泳がせてみるとわかりますが、存在感とアピール力は、ジャンボグラブの方がかなり強め。大きな差を感じます。

釣果データ

日にち時間天気風速
(m/s)
表水温
(℃)
魚のサイズ
(cm)
釣り場の種類
(規模)
水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ルアーカラーリグ/チューニング アクション
2022/9/2615:541m23.6℃22cm河川A(小)濁っている水門まわり1m297 グリーンパンプキン/ブラックフレークダイワ ジグスピナーSS 5g ゴールドアユただ巻き(普通の速度)
2022/10/1016:580m18.6℃約15cm河川H(小)濁っている斜め護岸際70-80cm297 グリーンパンプキン/ブラックフレークネコリグ(#2/0.9g)ボトムバンピング
2022/10/1115:531〜2m21℃23cm河川H(小)かなり濁っている護岸沿い70-80cm297 グリーンパンプキン/ブラックフレークジグヘッドリグ(#2/0、1.8g)ただ巻き(やや速め)

台風や雨の影響で増水と濁りが入ったため、大きめのシルエットで攻めようと思い、使ってみました。

もっと大きいのが釣れると思ってたので少し残念でしたが、それでもちゃんと釣れてくれたのでよかったです。

しかしながら、15cmのミニサイズでも喰ってくるのには驚きました。

使用タックル

スーパーカブに積んだボックス
ロッドダイワ 
ブレイゾンモバイル666TMB
リールシマノ
SLX MGL70(ノーマルギア)
ラインダイワ 
BASS X ナイロン 12lb

原付バイク・自転車移動がメインなので、ロッドは携帯に便利なテレスコロッド(振り出し竿)。

普段、7g〜12gくらいのプラグを投げているタックルをそのまま使っています。

使用したフィールド

エリア関東地方の田園地帯
釣り場タイプ河川(水路)
規模
水の流れ緩やか
水質時期によるが濁っていることが多い
水深最も深い場所で推定1.5m程度
減水期は50cm前後
特徴・変化に乏しい
・わずかながら橋や水門はあり
主なベイト・オイカワやタモロコなどの魚
プレッシャーやや高い

上記は、1匹目を釣ったフィールドの情報。

ここの他にも、もう一ヶ所、似たような条件の水路で釣れています。

使用リグ(仕掛け)

ジグヘッドリグ

4インチグラブと同様に、オーソドックスなジグヘッドリグで釣れます。

フックが通っていないボディの下半分は、泳がせるとフリフリと少しお尻をふるような感じで動き、良い感じのアクションを披露します。

使用ジグヘッドとサイズ

がまかつのホリゾンヘッド(公式サイトはこちら)を使用。

サイズは#2/0

重さは1.8gを使用しましたが、キャスタビリティや巻きたいレンジなどを考えて、調整すると良いでしょう。

他社製のジグヘッドと比べて、かなり安かったので少し心配でしたが、問題なく釣れました。

ネコリグ

ボディがストレート状で長いので、ネコリグにも使いやすいです。

使用フックとサイズ

デコイのボディガードワーム107(公式サイトはこちら)を使用。

フックサイズは、#2

使用ネイルシンカー

デコイシンカー・タイプネイルDS-10(公式サイトはこちら)。

重さは0.9gを使用しました。

使用ワームチューブとサイズ

ゲーリーワームの素材はけっこう脆いので、身切れ防止のためワームチューブを使いました。

ジーニアスプロジェクトのシリコンチューブ。

サイズは、5mm

参考記事

ジグスピナー

増水や濁りなど、アピール力をプラスしたい場面では、ジグスピナーを使うという手もあり。

使用ジグスピナー

ダイワのジグスピナーSS(公式サイトはこちら)。

重さは5gを使いました。

参考記事

実績のあるカラー

297
カラー釣果
297 グリーンパンプキン/ブラックフレーク3匹

濁りに強いカラーです。

雨の後、水がカフェオレのように濁っていた中でも、ジグヘッドリグで泳ぐスレンダーグラブを追いかけてバイトしてきました。

ルアーアクション

ジグスピナー

水門付近で、水深のあるポイントにただ巻きで通したところ、下から食い上げるようにバイトがありました。

巻く速度は普通。水深20〜30cmくらいを巻いていました。

ネコリグ

斜め護岸沿いで、際の水底をボトムバンピングさせていると、小さなアタリがありました。

水深20cm程度の場所です。

ジグヘッドリグ

水路の分岐点、丁字路のようになっているポイントで、ただ巻きのスイミングで釣りました。

1投目でチェイスしてきたので、2投目に、やや速めに巻いたところ、バスもスピードを上げてきてバイトしてきました。

表層、水深10cmくらいでした。

使ってみて感じたこと

※あくまで筆者の使用タックル、リグ(仕掛け)、フィールド等の条件で感じたことです。参考程度にご覧ください。

シルエットでアピール

4インチグラブのボディ部分が2倍の長さになっているので、やはりシルエット的にアピール力があります。

増水+濁りが入った場面で、バスに見つけてもらいやすかったです。

ただ、テールの大きさも4インチグラブと変わらないので、全体のバランス的に見ると、テールのアピール力は弱めに感じてしまいます。

思っていたより小さいバスが釣れる

長さも太さもそこそこあるので、25cm以上のキーパーサイズが釣れると予想してましたが、小バスが釣れました。

数釣りが好きな方も、とりあえず投げてみる価値があると思います。

万能なワーム

4インチグラブと同様、さまざまなリグに対応できる万能ワームだと感じました。

特に、長さがあるのでネコリグでも使いやすいです。

横の動きも、縦の動きも、テールがテロテロ動いてアピールしてくれるので助かります。

また、まだ釣れてはいませんが、ライトテキサスリグでも使いやすかったです。

ウェイトは少し中途半端

6.8gくらいなので、特にノーシンカーだとスピニングかベイトか迷ってしまう重さ。

ネコリグは0.9gのネイルシンカーを使ったので、8g弱だったと思いますが、やはりベイトでは遠投はしづらい感じでした。

フッキングはワンテンポおいてから

フッキング時、すっぽ抜けが数回ありました。

おそらく魚が小さくて、一度に飲み込めていなかったのでしょう。

長さのあるカーリーテールワームなどもそうでしたが、バイトがあった時に、すぐに合わせずに、ワンテンポおいてからフッキングすると良いと感じました。

おわりに

5インチハーフスレンダーグラブは、4インチと同様に、様々なリグに対応できる万能なワーム。

4インチグラブと比べると、濁りや増水などで、いつもよりアピール力をプラスしたい場面で役立ちます。

やはり、ボディの長さが2倍となると、シルエット的なアピール力がけっこう違ってきます。

意外と小バスも釣れてしまうので、普段は小型のワームを投げている方にも、試してもらいたいワームです。