【カブ】冬は本格的なバイク用グローブがおすすめ!コミネGK-801ウィンターグローブカルタゴ

真冬のスーパーカブでの走行。寒風を受け続ける手先の防寒対策は重要です。

デザイン性を重視したグローブで出陣したところ手先が凍ってしまい、急遽、本格的なバイク用ウィンターグローブを購入しました。こんなにも違うとは・・・。

筆者が実際に購入して使ってみた、コミネ製「GK-801ウィンターグローブカルタゴ」の使い心地や特徴をご紹介します。

真冬はデザインより機能性を重視

スーパーカブ110(JA07)に乗り始めて初めての冬を迎え、家にあった昔のバイク用グローブを使っていました。ドラッグスター250に乗っていた時に買ったやつ。

昔のグローブ

カブならなんでも合うだろうし、これでいいやと思っていましたが、片道2.5時間ほどのツーリングで手が凍りました。あまりにも辛いので、急遽、帰り道に単車用っぽいグローブを購入。

このグローブが本当に暖かかったので、ご紹介します。

コミネ「GK-801ウィンターグローブ-カルタゴ」

基本情報

メーカー/ブランドコミネ
商品名GK-801ウィンターグローブ-カルタゴ
(W-Gloves-CARTHAGE)
定価5,830円(税込)
カラー展開9色
サイズXS・S・M・L・XL・2XL・3XL
素材(外側)ポリエステル、ナイロン、ポリウレタン、
ネオプレーン、ゴートレザー、
熱可塑性ポリウレタン
素材(裏地)ポリエステル
製品情報ソース:コミネ公式サイト製品情報ページ
「ブラック/デジタルカモ」カラー
製造国

中国で製造されています。

使ってみて感じたこと・特徴など

まず、結論として、「このグローブを買ってよかった」と思っています。

いくつかの項目に分けて、所感やグローブの特徴をお伝えします。

その1:防寒性・防風性は高い

一番大事なところですが、防寒性・防風性は十分だと感じます。

詳細は公式サイトの説明に譲りますが、防風・防水素材が採用されており、さらに中綿が保温を助けてくれます。

中綿の有無は重要

中綿が無いグローブを使っていたので、中綿がある場合と無い場合の差をかなり感じました。

1月中旬、大きな国道にて時速60kmで2時間ほど走り続けても全く辛くありませんでした。

防水性については、完全防水ではないそうで、雨天時の長時間走行は避けたほうがよいでしょう。

その2:滑らない素材でしっかりグリップ

掌側に、「滑り止めシリコンパッチ」なるものが採用されており、滑りにくくなっています。

赤枠部分が滑り止めシリコンパッチ

ハンドルをしっかりと握れます。

その3:人差し指はスマホ操作対応

左右ともに、人差し指だけタッチパネル対応の素材が採用されています。

筆者はグローブしたままスマホを触ることはなさそうですが、無いよりあった方が良い機能かなと思います。

その4:安全面に配慮した素材もあり

拳を握った時に骨が出る部分に、「ソフトナックルガード」なるものが採用されており、多少の衝撃からは守ってくれそうです。硬めの素材が入っています。

掌側には、パームスライダーという素材が備わっていて、転んで手をついたときに助けてもらえそうです。ドアみたいにノックするとコツっとなる程度の硬さがあります。

KOMINEと書かれた部分がパームスライダー

その5:伸縮性も不満はなし

公式サイトにも伸縮性のある素材を使用してあると記載がありますが、確かに、分厚い生地のわりには動かしやすいほうだと思います。

装着・脱着もスムーズにスルっといきます。

その6:携帯性はさすがに低い・・・

分厚い素材なのとそれなりの体積があるので、丸めて上着のポケットに入れるにはちょっとキツいかなあという感じです。

Lサイズ左右を丸めるとこんな感じ

停めて少しの間離れる時は、やはりボックスがあると便利ですね。

ボックスの上にネットがあれば、それも便利。

参考記事

ボックスとツーリングネットに関する記事もあります。よろしければご覧ください。

おわりに

普段着で気軽に乗れるのもスーパーカブの魅力のひとつ。

しかし、真冬は普段着で走行すると辛いもの。特にグローブは見た目よりも機能性を重視したほうが確実に良いと思います。

常に寒風があたりつづける手先。機能性の高いグローブでしっかり保護し、快適な走りを楽しみましょう。

気になった方は使ってみてください。

参考記事

夏用グローブも、コミネ製のメッシュグローブがおすすめ。