【インプレ】5インチカットテールワーム スピニングでアピール力重視の場面で活躍

ゲーリーヤマモトの大人気商品、カットテールワーム 。スピニングタックルで対応しやすい最大サイズが5インチです。

使ってみて判明したのは、定番の4インチと同様、「よく釣れる」という事実。

おかっぱり釣行で、スピニングタックルで投げてみた筆者の経験をもとに、使い方や所感などをご紹介します。

5インチカットテールワーム概要

基本情報

ブランドゲーリーヤマモト 
Gary YAMAMOTO
商品名5”カットテールワーム
5″ KUT TAIL WORM
サイズ(長さ)5インチ
入数10
カラー数29
製品情報ソース:ゲーリーヤマモト公式サイト
実勢価格

ネット通販でも店舗でも、1パック800円台が多いです。

重さ
5本乗っています

ひとつあたり、約4.6g

ノーシンカーリグ、ネコリグであればスピニングでも扱いやすいですね。

4インチとの比較

上が5インチ、下が4インチ
 CM換算重さ
5インチカットテールワーム約13cm約3g
4インチカットテールワーム約10cm約4.6g

定番の4インチと比べて、3cmくらい長く、重さは1.5倍ほど。

左:5インチ、右:4インチ

ボディも4インチより少し太く、意外とボリューム感は差が出ています。

釣果データ

足もとで食ってきた26cmのバス
日にち時間天気表水温魚のサイズ釣り場の種類(規模)水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深
(※魚がバイトした水深ではない)
ルアー カラーリグ/チューニング アクション
2021/9/1515:3023.020cm河川A(小)濁っている護岸沿い40-50cm229 ホットピンク(バブルガム)ネコリグ/ネイルシンカー0.3gリフト&フォール+シェイク
2021/10/1615:0520.8約15cm河川H(小)かなり濁っている用水路50-60cm229 ホットピンク(バブルガム)ネコリグ/ネイルシンカー0.45gボトムバンピング
2021/11/615:4114.4約20cm河川H(小)濁っている用水路50-60cm241 シナモン(ソリッド)ネコリグ/ネイルシンカー0.8gボトムバンピング
2021/11/616:0414.426cm河川H(小)濁っている用水路50-60cm241 シナモン(ソリッド)ネコリグ/ネイルシンカー0.8gボトムバンピング

2021年秋に5インチカットテールワームで小型ながら4匹釣りました。

使用タックル

ロッドダイワ
ブレイゾンモバイル646TLS
リールシマノ
セドナ2500S
ラインダイワ
BASS X ナイロン6lb

いくつか使ってきましたが、直近では上記のタックルです。

原付バイク・自転車移動が多いので、テレスコロッド(振り出し竿)を使用。

使用したフィールド

エリア関東地方の田園地帯
釣り場タイプ水路
規模
水の流れ緩やか
水質通年で強い濁り
水深最も深い場所で推定1m程度
特徴・変化に乏しい
・大河川の本流と繋がっている
主なベイト・ブルーギル
・オイカワやタモロコ等の魚
プレッシャーやや低い

上記のような水路で釣れています。

この他にもう1ヶ所、似たような条件のフィールドでも釣れました。

使用リグ(仕掛け)

ネコリグ

ワームの頭にネイルシンカーを埋め込んでマス針を刺したネコリグで釣りました。

ネコリグの詳細は下記の記事で紹介しています。

フックを刺す位置

真ん中より、少し頭寄りにさしています。

使用フックとサイズ

基本的には4インチカットテールの時と同様のアイテムを使用。

筆者は、ハヤブサのガード付きマス針、フィネスガード(公式サイトはこちら)を使うことが多いです。

フックサイズは#4が基本。

使用ネイルシンカーと重さ
使用ネイルシンカー

スタジオワンハンドレッドのネイルシンカーはスリムなので、細身のカットテールに差し込みやすく、コスパも良いのでおすすめです。公式サイトはこちら

ネイルシンカーの重さ

今まで使用して釣れたのは、0.3g、0.45g、0.8gです。

フィールドの水深、風、出したいアクション、どんなテンポで探りたいか等で、変えてみると良いでしょう。

実績のあるカラー

ホットピンク(上)とシナモン(下)
カラー釣果
229 ホットピンク(バブルガム)2匹
241 シナモン(ソリッド)2匹

ホットピンクは、濁った水の中では、かなり目立つ色です。釣り人自身も確認しやすく、おすすめ。

シナモンは、ミミズっぽいカラーだと思い使ってみましたが、こちらも濁りの中でも有効でした。

ルアーアクション

その水域にいる小魚をイメージ

基本的には、ボトムでちょんちょん動かし、時にバンピングさせるような感じです。

水底の餌をついばむ小魚や甲殻類をイメージして動かしながら、ゆっくりラインを巻き取っていきました。

また、シェイクを混ぜたリフト&フォールでも釣れました。

釣れたポイント・レンジ

用水路での1匹

水路の護岸沿いや、水路から伸びている小さな用水路で釣れています。

ネコリグなので、やはりボトムでバイトがありました。

4インチとの使い分け

使い方は4インチと全く同じで、スピニングタックルでストレスなく操れます。

では、4インチとどう使い分けるのか?

  • 少しでもアピール力・存在感を出してバスに反応してもらいたい
  • 少しでも大きいバスにバイトしてもらいたい
  • もう少し飛距離を出したい

筆者は上記のような場合に5インチを使っています。

濁りが強まった時などは、4インチより5インチでしょう。

とはいえ15cmのバスも喰ってくる
釣れた15cmクラスのコバス

少しでも大きい魚を!と意気込んで投げるのですが、15cmクラスのコバスも果敢にバイトしてきます。

ただ、15cmクラスだと、一度にワーム全体が口の中に入りきらないようで、フッキングしてもだいたいの場合はスッポ抜けてしまいます。

26cmのバスは上顎にガッツリ刺さっていた 21年11月撮影

26cmが釣れたときは、ガッツリ上顎にささっていました。少しでも大きいバスを狙って投げましたが、現在のところ最大はこの26cm。

一方で、3.5インチカットテールで30cmが釣れたり、さらに大きい6.5インチカットテールで20cmが釣れたり、バスフィッシングは奥が深い・・・。

おわりに

3.5インチや4インチに慣れてきたら、アピール力重視で狙いたい場面で5インチを使うと良いでしょう。

5インチになっても実力は変わらず、よく釣れるワームです。

ノーシンカー 、ネコリグであればスピニングタックルでストレスなく操れますよ。

参考記事

テールがカットされる前の「6インチ”カーリーテール”」も、スピニングで扱いやすいワームです!

同じサイズ感で、ドバミミズ感が欲しいなら、フォールシェイカーがおすすめ。