【インプレ】フォールシェイカー5.5インチ 欲しかったゲーリー素材のドバミミズ

ゲーリーマテリアルのワームの中で、おそらく最もドバミミズ感があるのが、ゲーリーヤマモトとフィッシュアローとのコラボ商品であるフォールシェイカー。

5.5インチは、スピニングで無理なく投げられ、そこそこのボリューム感と存在感があります。

オカッパリでバスを釣ってみましたので、使用したリグ、アクション、使ってみた所感をご紹介します。

フォールシェイカー5.5インチ概要

基本情報

ブランドゲーリーヤマモト×フィッシュアロー
Gary YAMAMOTO/Fish Arrow
ルアー名フォールシェイカー5.5インチ
FALL SHAKER 5.5”
サイズ(長さ)5.5インチ
入数10本
色数15
定価(税込)935円
製品情報ソース:フィッシュアロー公式サイト
重さ
4匹乗ってる

一つあたり、約4.8g

サイズ感

上の写真は、上から5インチカットテール、フォールシェイカー5.5インチ、4インチカットテール。

カットテールは下半身がかなりスリムですが、フォールシェイカーはスリムな部分が少なめで、そこそこのボリューム感があります。

フォルム(形状)

フォルムは、ドバミミズを連想させる細長いストレート形状。

尻尾側に向かうにつれ、一度くびれて再度少し膨らむものの、先端はシュっとすぼむ感じ。

使い方・釣り方

フォールシェイカーでの初バス
2匹目と3匹目

釣果データ

日にち時間天気風速
(m/s)
表水温
(℃)
魚のサイズ
(cm)
釣り場の種類(規模)水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ルアーカラーリグアクション
2021/4/1916:14データなし16.4℃約25cm河川B(小)濁っている岸際50-60cm177 スモーク/シルバー&ブラックフレークノーシンカーワッキー フォール
2022/9/316:392m25.6℃約20cm河川H(小)濁っている用水路70-80cm177 スモーク/シルバー&ブラックフレークジグヘッドワッキー(1/16oz)リフト&フォール
2022/9/316:542m25.6℃約20cm河川H(小)濁っている用水路70-80cm177 スモーク/シルバー&ブラックフレークジグヘッドワッキー(1/16oz)表層スイミング

春と初秋に、合計3匹の小バス。

使用タックル

ロッドメジャークラフト 
バスパラBXST-645L
リールシマノ
ネクサーブ2500S
ラインダイワ 
BASS X ナイロン 5lb
組み合わせ1
ロッドダイワ 
ブレイゾンモバイル 646TLS
リールシマノ
セドナ2500S
ラインZALT’S
ALL BASSナイロン6lb

バイク・自転車移動なので、ロッドはテレスコロッド(振り出し竿)。テレスコロッドの記事はこちら

リールもラインも、格安商品です。

使用したフィールド

関東にある河川(水路)2ヶ所で実績あり。

いずれも田園地帯を流れる水路で、流れは緩やか。

水質は通年でマッディ。

使用リグ(仕掛け)

ノーシンカーワッキー

ボディの真ん中にマス針をぶっ刺した、ノーシンカーワッキーで1匹。

使用フックとサイズ

ハヤブサのフィネスガードダブルハードガード(公式サイトはこちら)。

サイズは#4を使用。

ジグヘッドワッキー

ジグヘッドをワームの真ん中にぶっ刺した、ジグヘッドワッキーで2匹。

使用フックと重さ

ジャクソンのエグジグワッキーヘッドノーマル(公式サイトこちら)。

重さは、1/16oz(1.8g)を使用。よく基準とされる重さです。

バスプロの伊藤巧さんが使用・紹介していたので、使ってみました。

実績のあるカラー

177
カラー釣果
177 スモーク/シルバー&ブラックフレーク3匹

シルバーのラメが散りばめられており、フォール時は、ゆらゆらと揺れるボディと相まって、キラキラと存在感を出します。

濁った水の中でも、ちゃんと見つけてバイトしてもらえました。

ルアーアクション

ノーシンカーワッキー

対岸の岸際にキャスト。

フォールさせ、数秒間放置したところ、ラインが横に走り出したので合わせました。

おそらく着底の前後に、ボトム付近で喰ったのだと思います。

ジグヘッドワッキー

表層スイミングで

1匹目は、リフト&フォール

リフト時は、ロッドをちょんちょん動かしてシェイクさせました。ボトム付近でバイト。

2匹目は、表層スイミング

ロッドでちょんちょん動かしながら、横方向に泳がせていたところ、バイト。

2匹とも用水路で釣りました。

使ってみて感じたこと

※あくまで筆者の使用タックル、フィールド等の条件で感じたことです。参考程度にご覧ください。

存在感を強めるサイズ感とシルエット

ある程度の太さと長さが存在感を出し、水中でバスに気づいてもらいやすいです。

スピニングで投げられるストレートワームの中では、かなり存在感を発揮するサイズ感です。

やはりフォールで活きる

フォールシェイカーという名前の通り、やはりフォール時のユラユラ・ウネウネした動きで誘うことができます。

ノーシンカーではナチュラルな揺れ方で、ジグヘッドワッキーではボディを大きく曲げながら違った揺れ方を披露します。

良い感じのドバミミズ感

シルエットも動きも、良い感じのドバミミズ感。

ジグヘッドワッキーでは、ちょんちょんと動かすたびに、ボディをくの字にしてクネクネと躍動感のある動きでアピール可能。

欲しかったシルエットとサイズ感

ゲーリーヤマモトの大ファンである筆者は、下記のような条件で探していました。

  • ゲーリーマテリアルのワーム
  • スピニングで投げられる大きめのストレートワーム
  • ワッキーで使いやすいドバミミズ感あるやつ

もちろん、5インチスリムヤマセンコーや5インチプロセンコーという選択肢もあったのですが、シュッとしたキレイなストレートボディではなく、やはりドバミミズ感のあるシルエットを求めていました。

ボディの形状、サイズ感、動き、スピニングでの扱いやすさ、ワッキーでの扱いやすさ、こういった要素で総合的に見たときに、この5.5インチフォールシェイカーは、筆者の要望を満たしてくれました。

重さは約4.8gなので、ジグヘッドワッキーの場合、標準的な1.8gのジグヘッドを使っても、重さは約6.6g。スピニングのバーサタイルロッドでも無理なく扱えます。

おわりに

フォールシェイカー5.5インチは、ゲーリーマテリアルでドバミミズ感のあるワームを探している方におすすめ。

特にノーシンカーワッキーとジグヘッドワッキーで使いたい方にとっては、フォール時やシェイク時のアクションと存在感に満足するでしょう。

スピニングでなるべく存在感のあるワームを投げたい時、フォールシェイカー5.5インチの出番です。