【バス釣り】夏のオカッパリには冷感インナー!おたふく手袋製の長袖シャツが安くてオススメ

夏のバス釣りオカッパリ。服装とウェア選びは意外と悩みがちです。

毎年、半袖Tシャツ1枚で釣りしていましたが、暑さ・日焼け対策に長袖の冷感インナーを導入したところ、これが予想以上に良かったので、みなさんに共有したいと思います。

実際に着用した、おたふく手袋製の冷感インナーの使い勝手・所感をお伝えします。

冷感インナー導入のきっかけ

きっかけは、バイク・自転車移動がメインとなったため。

ちょっと遠出すると、運転している間もジリジリと焼かれてしまうので、暑さ・日焼け対策に導入を決意しました。

おたふく手袋製 冷感インナー概要

筆者が実際にオカッパリで使っているモデルをご紹介します。

ちなみに、この冷感インナーを製造している「おたふく手袋株式会社」は、ざっくり下記のような会社です(同社ホームページにて確認)。

  • 大正15年創業の日本企業
  • 製造業の多い大阪に本社を構える
  • 作業用手袋をメインにインナー等も展開

ずっと作業用手袋を製造してきたとあって、機能性の面で期待できそうです。

基本情報

メーカーおたふく手袋株式会社
商品名BT 冷感・消臭パワーストレッチ 
長袖バックハイネックシャツ
型番/品番JW-625
素材ポリエステル85%・ポリウレタン15%
メッシュ部分/ポリエステル100%
製造国中国
サイズ展開S/M/L/LL/3L
税込定価1,400円
製品情報ソース:おたふく手袋公式販売サイトおよび商品パッケージ
主な機能
商品パッケージ

商品パッケージには、以下の機能が記されています。

  • コンプレッション
  • ストレッチ
  • 吸汗速乾
  • 紫外線軽減
  • 接触冷感
  • スピード消臭
形状・素材の特徴
グレー部分はメッシュ素材
  • ワキの下から腰にかけてはメッシュ素材
  • ハイネック仕様で首を日差しから守る
  • ポリエステル素材がメイン素材
  • よく伸びるストレッチ素材
洗濯方法

洗濯ネットを使用すれば洗濯機の使用OK。

使ってみて感じたこと

冷感インナーを使用した条件
16時頃でも日差しは強かった

2022年6月下旬、筆者が住む関東地方は、記録的な暑さとなりました。強烈な日差しと40℃に迫る気温。

6月下旬から、釣りにいく際は冷感インナーを着用してみました。

時期6月下旬〜7月下旬
釣行の時間帯16時〜19時頃
移動手段原付バイク・自転車
釣行時の天気
釣行時の気温30℃前後
釣りスタイルオカッパリ
主な釣り場野池・河川
服装冷感インナーの上に半袖Tシャツ着用

上記のような条件で検証してみました。

昼間は危険なので、暑さが弱まり始める頃から釣り場へ向かいました。

さて、使ってみて感じたことは下記の通り。

その1:肌への負担が軽減された

ハイネックで首も守る

肌というよりは体全体かもしれませんが、負担が減った感じ。

16時といっても、30℃を超えており強い日差しはありました。

今まで半袖Tシャツで釣りをしていた時と比べ、肌がジリジリと焼かれる感じや、暑さ・痛さから解放された感じがします。

その2:過度な暑さ・不快感はなし

真夏に長袖を着ることにずっと抵抗がありました。特に、肌にピッタリとするインナーなので、ちょっと気持ち悪い感じというのが正直なところでした。

ですが、いざ着用してみると不快感はなく、涼しくて思っていたより快適でした。

コットンTシャツの重ね着はどうか?

今まで、ヘインズのビーフィーTシャツ(半袖)1枚で夏を乗り切っていました。この分厚いTシャツを、おたふく冷感インナーの上に着て、釣りに行ってみましたが、それでも不快感はなし。

むしろ、今まで日差しで肌にダメージを受け、汗だくでベタベタしていた方が、よほど不快だったなと思ったほど。

ポリエステル素材のTシャツも、インナーの上から着て釣りに行ってみました。やはり、こちらの方が涼しい感じがしますが、コットンと劇的な差があるかと言われれば、そうでもないと感じました。

その3:通気性は抜群

脇から下のメッシュ部分

このインナーは、とにかく通気性に優れていると感じます。

16時以降とはいえ、30℃を超える暑さで釣りをしていても、汗だくになりません。

実際は、喉が乾いて水分補給もしているので、汗をかかないのではなく、かいてもすぐに乾いているのだと思います。

その4:虫刺され対策にもなる

半袖Tシャツ1枚の時は、腕にたくさんの虫除け液を塗りたくっていましたが、これを着てからは、その必要もなくなりました。手の甲と顔・首に塗るだけ。

ただ、魚影ならぬ蚊影が濃い場所では、インナーの上から刺されたことがありました。100%防止は難しいですが、刺される確率は素肌よりもグンと下がります。

参考記事

強力で頼りになる虫除けスプレーの記事です。

その5:ケガ対策にもなる

筆者がケガをした竹藪

多少の藪こぎをするので、肌を露出しているよりは、やはり素材が薄くても服に覆われていた方がベター。

ある日、着替えるのが面倒で半袖シャツのまま釣りに行ったところ、帰宅後、腕に変な傷ができていて、かゆみもありました。半袖のデメリットですね。

その6:原付バイク・自転車にも良い

運転中の日差し対策はもちろんのこと、バイクや自転車を乗るときに考えてしまうのが、万が一、転倒したときのこと。

薄手とはいえ、やはり肌を露出しているよりは、多少の安心感があります。

夕マズメの釣行後、19時を過ぎてバイクに乗ると、汗をかいた部分を中心に少しヒンヤリするほどです。

その7:コスパ最強

迷わず2枚目を購入

1枚あたり1,000円ちょっと。それでいて、快適に釣りが楽しめています。

ワンシーズン着たら捨てて、翌年にまた新品を買うくらいでも良いのかもしれません。

筆者は、初めて着用して釣りに行った日、帰宅後すぐに2着目を注文しました。現在のところ、2着でローテーションしています。

番外編:クーラーが効いた室内ではヒンヤリ

クーラーが効いた室内で着ると、ヒンヤリします。スーパーマーケットとか行くとけっこうヒンヤリ。あ、やっぱり「冷感」インナーなんだと感じます。

長時間、クーラーのかかった部屋で着用するのには向いていないと思います。

サイズ感とカラーについて

サイズ感

参考までに、筆者のサイズとインナーのサイズを。下記の通り。

  • 身長:173cm
  • 体重:78kg
  • 着用サイズ:Lサイズ

筆者はLサイズでピッタリでした。袖の長さもちょうど。

プリスポーンのメス

恥ずかしながら、筆者のお腹まわりは、プリスポーンのメス状態。しかしながら、圧迫感はありません。

カラーについて

カラーは、ブラック・ネイビー・ホワイトの3種。筆者はネイビーとホワイトを使っています。

ホワイトは嘘偽りない純白ですが、ネイビーは、ややブルーに近い色です。

脇から下のメッシュ素材部分は、共通してグレーですね。

おわりに

初めて、長袖の夏用インナーを着用してみましたが、おたふく手袋の冷感インナー、良いです。

やはり、安いというのが何よりも良いですね。

1,000円ちょっとなので、毎年、シーズンごとに使い捨てるくらいの感覚で着ようかなと思っています。

バイク・自転車に乗るし、筆者としてはすごく助かっています。半袖Tシャツ1枚の釣行とはサヨナラだなあ。

参考記事

夏用フィッシンググローブも試してみました。

ボトムスは、TIGORAのロング丈パンツを履いています。おすすめ。