【インプレ】X-80Jr. キビキビダートアクションで誘う

メガバスのX-80Jr.は、キレのあるダートアクションでバイトを誘発できる小型ミノー。

スピニングタックルでミノーイングを楽しめます。

一般的なミノーより少し体高があり、日本のベイトフィッシュに近いシルエットも魅力の一つ。

オカッパリで使用してバスを釣ってみましたので、使ってみた所感、釣り方・使い方をご紹介します。

X-80Jr. 概要

基本情報

ブランドMegabass
メガバス
商品名X-80Jr.
エックスハチマルジュニア
サイズ/長さ65mm
重さ1/4oz
タイプサスペンド
フックサイズ前後#8
定価(税込)1,815円
製品情報ソース:メガバス公式サイト
実際の重さ

公式サイトでは1/4oz表記だったので、7gくらいあるのかと思ってましたが、計量したところ約5.6gでした。

サイズ感・フォルム
上から:X-80トリックダーター、X-80Jr.、X-70

小型ミノーの中ではよくある65mmというサイズ。

左から:X-80トリックダーター、X-80Jr.、X-70

X-70より長さはありませんが、体高とボディの太さは勝っていて、ボリューム感はそこそこあります。

クチボソ

少し体高があるので、フォルム的にもサイズ的にも、クチボソやタモロコとマッチします。

リップ

円形に凹んだリップは、X-80トリックダーターやLive-Xスモルトと同タイプのもの。

ラトル

振ると、カチャカチャとしっかりしたラトル音がします。

釣果データ

X-80Jr.での初バス
日にち時間天気風速
(m/s)
表水温
(℃)
魚のサイズ
(cm)
釣り場の種類
(規模)
水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ルアーカラーアクション
2022/7/2017:192m28.2℃約20cm河川H(小)濁っている用水路(角)40-50cmMG VEGETATION REACTORトゥイッチ
2022/10/316:171m21.8℃約20cm河川A(小)濁っている護岸沿い70-80cmMG VEGETATION REACTORトゥイッチ
2022/10/316:331m21.8℃28cm河川A(小)濁っている護岸沿い70-80cmMG VEGETATION REACTORトゥイッチ
2022/10/316:391m21.8℃21cm河川A(小)濁っている護岸沿い70-80cmMG VEGETATION REACTORトゥイッチ

真夏に1匹。初秋には、30分の間にサクっと3匹釣れてしまいました。

数釣りにも使えそうです。

実釣動画

1分半くらいの短い動画です。動かし方のイメージを掴めるかと思います。

使用タックル

ロッドダイワ 
ブレイゾンモバイル 646TLS
リールシマノ 
セドナ 2500S
ラインダイワ 
BASS X ナイロン 6lb

原付バイク・自転車移動が多いのでロッドはテレスコロッド(振り出し竿)。

リールとラインは格安のもの。

特に操りづらいということはありません。

使用したフィールド

エリア関東地方の田園地帯
釣り場タイプ河川(水路)
規模
水の流れ緩やか
水質時期によるが濁っていることが多い
水深最も深い場所で推定1.5m程度
減水期は50cm前後
特徴・変化に乏しい
・わずかながら橋や水門はあり
主なベイト・オイカワやタモロコなどの魚
プレッシャーやや高い

上記のような水路2ヶ所で釣れました。

基本的にはマッディなフィールドですが、釣れた時・釣れたポイントは、ステインとマッチの中間くらいの水質でした。

ルアーアクション

いずれも、トゥイッチで左右にダートさせて釣りました。

水深50cm程度のレンジを、護岸沿いにトゥイッチでダートさせていると、バイトがありました。

小さな用水路の角で釣れた時は、着水後の最初のトゥイッチで、リアクション気味にバイトしてきました。

実績のあるカラー

MG VEGETATION REACTOR
カラー釣果
MG VEGETATION REACTOR4匹

MGベジテーションリアクターというカラー。

背中がイエローとレッドなので、視認性抜群。

ボディ側面はベイトフィッシュに近いシルバーで、フラッシング効果もあり有能なカラーです。

使ってみて感じたこと

※あくまで筆者の使用タックル、フィールド等の条件で感じたことです。参考程度にご覧ください。

キビキビとしたダートアクション

トゥイッチやジャークを入れた時、キビキビとした左右へのダートアクションを披露してくれます。

この時の、左右への移動速度がかなり速く、非常に機敏な動きという印象。

バイトを誘発します。

X-80トリックダーターとの比較

兄貴分であるX-80トリックダーターと比べると、ダート時の移動距離やヒラ打ちアクションは控えめに感じました。

トリックダーターの方が、アクションのダイナミックさ・アピール力は強めという印象です。

(X-80トリックダーターの記事はこちら)

水中でピタッと止まる

トリックダーターと同様、トゥイッチやジャークを入れた後、水中でピタッと止まってくれます。

止まった時にバイトしてくることがけっこう多いですね。

障害物まわりでサスペンドさせたい時や、低水温期でも使いやすいでしょう。

その他

  • 飛距離は十分出る(スピニング)
  • 潜行深度は50cm前後(ナイロン6lbでのトゥイッチ)
  • 小場所で使いやすいサイズ感

おわりに

X-80Jr.は、キレのあるダートアクションで確実な釣果をもたらしてくれます。

兄貴分のX-80トリックダーターと比べると控えめな感じもしますが、それでもアピール力は十分あります。

スピニング1本での数釣りでも活躍すること間違いなし。

小型ミノーが好きな方にも、小型ミノーに挑戦してみたい方にもおすすめです。

参考記事