【インプレ】メガバスX-80トリックダーター!ガタイは良いが機敏

メガバスのX-80トリックダーターは、日本各地でマッチザベイトを実現するサイズ感と、キレのあるダーティングが魅力。

オカッパリで使用してみましたので、使ってみた所感、釣り方・使い方をご紹介します。

X-80トリックダーター概要

基本情報

メーカーMegabass(メガバス)
商品名X-80 TRICK DARTER
(エックスハチマルトリックダーター)
サイズ/長さ80.5mm
重さ3/8oz(9.8g)
タイプサスペンド
フックサイズ前後#6
定価(税込)1,760円
製品情報ソース:メガバス公式サイト
サイズ感
下はHMKLのK-1ミノー85SP

約8cmですが、かなり体高がありボディの幅も広く、ボリューム感はかなりのもの。

下はK-1ミノー85SP

HMKLのK-1ミノー85SPと比べると、同じ8cmクラスながら体格が全然違います。

下は同じメガバスのX-70

弟分のX-70との比較。差が目立ちますね。

フォルム・形状
下はタモロコ、完全に一致

タモロコやオイカワなど、日本のベイトフィッシュとマッチするフォルム。一般的なミノーよりも体高がある分、よりベイトフィッシュに近づいていますね。

リップ形状
下はLive-X SMOLT

リップは一般的なミノーのリップと違い、凹んでいます。メガバスのLive-X SMOLTと似た形状のリップですね。少しシャッド的な要素も感じられます。

ラトル

振ってみると、カチャカチャと大きなラトル音がします。

使い方・釣り方

X-80トリックダーターでの初バス

釣果データ

日にち時間天気風速
(m/s)
表水温
(℃)
魚のサイズ
(cm)
釣り場の種類(規模)水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ルアーカラーアクション
2022/6/215:113〜4m22.4℃22cm河川A(小)濁っている護岸沿いの段差の下50-60cmオイカワ系トゥイッチ
2022/7/1316:302m26.2℃24cm河川H(小)濁っている用水路(角)1mトラウト系トゥイッチ

梅雨入り前に1匹。戻り梅雨に1匹を追加。

使用タックル

アイテムメーカー品名・型番
ロッドダイワブレイゾンモバイル 
666TMB
リールシマノSLX MGL 70
ラインダイワBASS Xナイロン 
12lb

ロッドはバイク移動だったのでテレスコロッドを使用(テレスコロッドの記事はこちら)。

使用したフィールド

関東の田園地帯にある小規模河川、2ヶ所。

いずれも、水質は、1年を通してほとんどマッディウォーター。

タモロコやオイカワなどがいるフィールドです。

ルアーアクション

トゥイッチで左右にダートさせたところ、バイトがありました。

釣り場に着いて2投目、「お!いい動きするじゃん」と思いながらトゥイッチしてダートアクションを確認していたら、目の前でバイト!

釣れたポイント・レンジ

1匹目は、護岸沿いですが、段差がある場所だったため、段差の下の死角に隠れていたようです。

下からヌっと現れて必死にルアーを追ってバイトしてきました。レンジは表層。水深20-30cmくらい。

2匹目は、水路と野池をつなぐ用水路。用水路の角っこに落とし、トゥイッチですぐにバイト。

レンジは、こちらも表層。水深20-30cm程度でした。

実績のあるルアーカラー

ルアーカラー釣果
オイカワ系1匹
トラウト系1匹

オイカワ系とトラウト系のカラーで1匹ずつ。

オイカワ系で釣った川は、実際にオイカワがわらわらと泳いでいる時期でした。

どちらのカラーも塗装・光沢が美しく、フラッシング効果が強くて良い反応を得られました。

使ってみて感じたこと

※あくまで筆者の使用タックル、フィールド等の条件で感じたことです。参考程度にご覧ください。

その1:キレのあるダートアクション

名前の通り、トリッキーなダートアクションが強みだと感じました。トゥイッチやジャークで、縦に横にキレのあるダートを見せてくれます。

強めにジャークすると、時折、水面に浮いてジャンプしたりしますが、これはこれでボイルっぽくて良いかなと個人的には思いました。

その2:軽めの力でよく動く

着水後、最初のトゥイッチに反応した

あまり力まずに、ロッドをクイっと動かしてトゥイッチすると、しっかりとダートアクションで応えてくれる感触があります

その3:しっかり止まる

12lbのナイロンラインを使用しましたが、わりとピタっと止まってくれるので、バスが潜んでいそうな障害物まわりでポーズさせる時などに助かりそうです。

低水温期での出番も増えそうな予感。

その4:小型・軽量ミノーと同等クラスの機敏性

スピニングで投げているミノーたち

筆者は、スピニングタックルで4g前後の小型・軽量ミノーをよく投げるのですが、ミノーは小さく軽い方が機敏な動きを出しやすいです。

X-80トリックダーターは、4g前後のミノーと同等クラスの機敏性があります。

その5:潜行深度は50〜80cm程度

もちろん使用するラインや動かし方で変わってきますが、ナイロン12lb使用でのトゥイッチやジャークでは、潜行深度は50〜60cm程度でした。ただ巻きではもう少し、70〜80cm近く潜る感じです。

小規模フィールドのシャローエリアであれば、表層〜中層をカバーできるでしょう。

その6:ただ巻きでも安定した泳ぎ

がっちりした体型で、ただ巻きでも姿勢を崩さず安定した泳ぎを披露します

トゥイッチやジャークに疲れたり、広範囲をテンポよくランガンする際に助かるでしょう。

その7:アピール力はかなり強め

光沢と色彩が美しい

晴れ、風がけっこう強く水面は波立っていて、水は茶色っぽく濁っていましたが、バスは簡単に見つけてくれたようです。これは、このルアーのアピール力によるものでしょう。

  • 体高と幅のある大柄な体格
  • 体格による強めの水押し
  • 大きめのラトル音
  • キレのあるダートアクション
  • ヒラ打ち時の明滅効果
  • 光沢のある塗装による反射

以上のようなアピール要素が詰まっています。

その8:ベイトタックルで扱いやすい

ほぼ10gあるので、ベイトタックルでも投げやすいです。少なくとも小規模フィールドではストレスなく必要な飛距離が出るでしょう。

また、上の方で少し触れましたが、ベイトタックルでも、そこまで力まずにロッドを動かすと、それに応えるようにしっかりダートしてくれます。

おわりに

初めてX-80トリックダーターを投げてトゥイッチした時、その動きを見て、「えっ、こんなん絶対に釣れるじゃん!」と思ったのを今でも覚えています。

予感通り、2回目の釣行で、小バスながら2投目であっさり釣れてしまいました。今後、まだまだサイズUPを狙えると思っています。

普段、スピニングで小型・軽量ミノーを投げまくっている筆者ですが、このルアーはベイトタックルで投げても、小型・軽量ミノーたちと同等の機敏性を示してくれます。

アピール力はかなり強めなので、マッディウォーターや風のある日でも使いやすいでしょう。

個人的に、強くおすすめしたいミノーです。ぜひ、試してみてください。

参考記事

筆者がベイトタックルで投げている他のミノーの記事です。よろしければご覧ください。