【インプレ】5インチスーパーグラブでアピール力アップ!

ゲーリーヤマモトの5インチスーパーグラブは、定番の4インチよりも存在感とアピール力がグっと上がったモデルで、日本ではティムコ社が販売している商品です。

5インチスーパーグラブを使い、オカッパリでバスを釣って、実力を検証してみました。

使用したリグ(仕掛け)をはじめとした、使い方・釣り方、使ってみて感じたことをお伝えします。

スーパーグラブ概要

基本情報

ブランドゲーリーヤマモト
Gary YAMAMOTO
販売者ティムコ
TIEMCO
ルアー名スーパーグラブ
SUPER GRUB
サイズ(長さ)5インチ
入数10本
色数44
税込定価990円
製品情報ソース:ティムコ公式サイト
実勢価格

筆写が通う店舗では、1パックあたり税込891円。アマゾンだともう少し安い時もあり。

重さ
5匹乗ってる

重さは一つあたり約4.8g

標準的な1.8gのジグヘッドリグを使用しても、合計6.6g。

スピニングタックルでも無理なく扱える重さ。

サイズ感
上:スーパーグラブ、下:4インチグラブ

4インチグラブより、全体のシルエットは二回りくらい大きく、存在感が増し増し。

ボディの長さは、ほとんど変わらないものの、やはり太くマッチョになっています。

注目すべきはテール。かなり幅が広くなり、大型化されています。

使い方・釣り方

スーパーグラブでの初バス
3匹目は30cm

釣果データ

日にち時間天気風速
(m/s)
表水温
(℃)
魚のサイズ
(cm)
釣り場の種類(規模)水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ルアーカラーリグ アクション
2022/8/2018:33小雨1m27.6℃約20cm河川H(小)濁っている斜め護岸沿い1m300 ゴールドパール(ソリッド)ジグヘッドリグ(#2/1.8g)ただ巻き(速め)
2022/8/2117:531m26.4℃約20cm河川H(小)濁っている斜め護岸沿い70-80cm300 ゴールドパール(ソリッド)ジグヘッドリグ(#2/1.8g)ただ巻き(普通の速度)
2022/9/1216:272m25.8℃30cm河川A(小)濁っている護岸際50-60cmJ18-10-955 ウォーターメロンブラックレッドフレーク/ライトウォーターメロンブラックレッドフレークジグヘッドリグ(#1/2.2g)ただ巻き(普通の速度)

8月、真夏の夕まずめに2匹。

秋の気配が強まってきた9月中旬、秋晴れの下で1匹。

使用タックル

ロッドダイワ 
ブレイゾンモバイル 646TLS
リールシマノ 
セドナ 2500S
ラインダイワ 
BASS X ナイロン 6lb

原付バイク・自転車移動に便利なテレスコロッド(振り出し竿)を使用。

リールとラインは安物です。

使用したフィールド

エリア関東地方の田園地帯
釣り場タイプ河川(水路)
規模
水の流れ緩やか
水質時期によるが濁っていることが多い
水深最も深い場所で推定1.5m程度
特徴・変化に乏しい
・わずかながら橋や水門はあり
主なベイト・オイカワやタモロコなどの魚
プレッシャーやや高い

上記は、30cmが釣れたフィールド。

この他にもう1ヶ所、似たような条件の水路で釣っています。

使用リグ(仕掛け)

ジグヘッドリグ

今のところ、すべてジグヘッドリグで釣っています。

これからジグヘッドリグを試そうと思っている方は、下記の記事をご覧ください。

使用フック・サイズ・重さ
デコイ マジックヘッド

デコイのマジックヘッドは、オーソドックスなガードなしのラウンドヘッドタイプ。

根がかりの少ないオープンエリアや、水路の護岸沿いを引いてくるのにおすすめ。

サイズは#2

重さは、1.8g

ダイワ バザーズジグヘッドSS ガード付きラウンド

ダイワのバザーズジグヘッドSS。ガードが2本付いているもの。

軽めの障害物であれば回避率は高いです。

サイズは#1

重さは、5/65oz(2.2g)を使用しました。

実績のあるカラー

上:300、下:J18-10-955
カラー釣果
300 ゴールドパール(ソリッド)2匹
J18-10-955 
ウォーターメロンブラックレッドフレーク/
ライトウォーターメロンブラックレッドフレーク
1匹

ゴールドパールは、濁った水中でもかなり目立ちます。少なくとも釣り人にとっては視認性が高くて使いやすいカラー。

もうひとつカラーは、ボディ部分がウォーターメロンとライトウォーターメロンの2トーン仕様で、日本限定カラー。赤ラメがアクセントになっていて、こちらもけっこう目立ちます。

ルアーアクション・ヒットポイント・レンジ

3匹とも、護岸沿いをただ巻きのスイミングで泳がせて釣りました。

1匹目は、目の前でバイトがあったのですが、速めにビューン!と泳いできたのに対し、リアクション気味に下からドカン!とバイト。

2匹目と3匹目は、普通の速度で巻いて釣りました。

いずれも、水深10cm〜20cmくらいのレンジを巻いていたので、表層〜中層ですね。

使ってみて感じたこと

※あくまで筆者の使用タックル、フィールド等の条件で感じたことです。参考程度にご覧ください。

存在感・アピール力が大幅にアップ

上が4インチグラブ

定番の4インチとの比較になりますが、存在感とアピール力が大幅にアップします。

ボディも太くなっていますが、やはりテールの大きさと、泳がせたときのテロテロの威力が強化されている印象。

スピニングで最大限アピールしたい時に

小場所ではこのくらいのサイズを狙いたい

4.8gあるので、1.8〜2.2gのジグヘッドなら、7gにおさまります。

筆者は2.2gを使って釣りましたが、無理なく扱えて、しっかり釣ることができました。

スピニングでアピール力を重視したい場面、なるべく大きなバスを釣りたい時に活躍します。

その他

小バスも喰らい付いてくる

その他に感じたことは下記の通り。

  • 20cm程度の小バスも釣れるは釣れる
  • ただ、4インチと比べて小バスは釣れにくくなる
  • ジグヘッドでのスイミングがおすすめ

おわりに

スーパーグラブを初めて泳がせたとき、その存在感とテールの動きを見て「おおっ!」となったのを覚えています。

スピニングタックルでも投げられる重量なので、少しでも大きなバス、やる気のあるバスにアピールしたい時は、この5インチスーパーグラブがおすすめ。

まずは、シンプルにジグヘッドリグで巻き巻きしてみてください。

参考記事

逆にサイズダウンして数釣りを楽しみたいなら、3インチでサクっと釣るのがおすすめ。