【インプレ】メガバス X-70 キレキレのダートアクション

メガバスのX-70(エックスナナマル)は、スピニングタックルで投げやすい初心者にもおすすめの小型ミノーです。

トゥイッチ時のダイナミックなアクションでバスを誘惑し、ハイプレッシャーなフィールドでも結果を残してくれます。

X-70をオカッパリで使いバスを釣ってみましたので、使い方・釣り方、使ってみた所感をご紹介します。

X-70 概要

基本情報

ルアー名X-70
(エックスナナマル)
メーカーMegabass
(メガバス)
サイズ70mm
重量3/16oz
(約4.5g)
タイプサスペンド
SUSPEND
フックサイズ#10
定価(税込)1,650円
製品情報ソース:メガバス公式サイト製品情報ページ
サイズ感

7cmなので、クチボソ、タモロコ、オイカワなど、日本各地のベイトフィッシュにマッチするサイズ感。

フォルム(形状)

お腹の方にポコっと小さな突起があり、そこから尾っぽにかけてシュっと細くなっています。

全体的には、細長いスリムな体型で、一般的なミノーのフォルム。

ボディ幅はさほど広くなく、尾っぽ付近はかなりスリム。

リップ

リップの幅は狭く、縦に長め。

ラトル

振ってみると、カチャカチャと大きな音がするので、ラトル入り。

使い方・釣り方

釣果データ

日にち時間天気水温魚のサイズ釣り場の種類(規模)水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ヒットルアー ルアーカラーアクション
2021/8/259:48小雨27.6 約20cm野池B(中)やや濁っている(表面にアオコあり)ブッシュ際70-80cmX-70GGテネシーシャッドトゥイッチ
2021/8/2816:4430.6 約15cm河川A(小)かなり濁っている護岸沿い50-60cmX-70GGオレンジゴールドトゥイッチ
2021/9/2213:5423.6 約20cm河川A(小)濁っている護岸沿い50-60cmX-70GP ワカサギトゥイッチ
2021/9/2214:1023.6 27cm河川A(小)濁っている護岸沿い50-60cmX-70GP ワカサギトゥイッチ
2021/9/2410:0722.6 約20cm河川E(小)やや濁っている護岸沿い20-30cmX-70GP ワカサギトゥイッチ
2021/9/2410:2122.4 23cm河川E(小)やや濁っている川中(淀み)50-60cmX-70GP ワカサギトゥイッチ
2021/9/2915:3623.6 約20cm河川A(小)濁っている川中70-80cmX-70SGカワムツトゥイッチ
2021/10/715:2521.8 約15cm河川G(小)かなり濁っているシャロー(溜池エリア)1mX-70GGテネシーシャッドトゥイッチ

21年8月下旬から10月上旬に、X-70で8匹のバスを釣りました。

小型ばかりですが、関東のハイプレッシャーフィールドでは小型でも釣れにくいなかで、なかなかの高成績を残してくれています。

使用タックル

ロッド1シマノ
バスワン XT 263L-2
ロッド2メジャークラフト
バスパラ BXST-645L 
リール1シマノ
ネクサーブ 2500S
リール2シマノ
セドナ2500S 
ラインダイワ 
BASS X ナイロン 6lb

入門機種を使っています。バスパラはテレスコロッドですが、これは自転車・バイク移動の際に便利。

使用したフィールド

野池
規模
水質濁りはやや弱め
(時期により変動あり)
主なベイトブルーギル、ハゼ、甲殻類、虫
特徴障害物は少ないが、ウィード多め
プレッシャーかなり高い

野池では1匹だけ実績があります。

河川

条件の違う小規模な河川3ヶ所で実績あり。

  • 水質:クリア寄りからマッディまで
  • 水流:緩やかから速めまで
  • 主なベイト:オイカワ、タモロコ等の魚

実績のあるルアーカラー

GPワカサギ
上からSGカワムツ、GGテネシーシャッド、GGオレンジゴールド
ルアーカラー釣果
GPワカサギ4匹
GGテネシーシャッド2匹
GGオレンジゴールド1匹
SGカワムツ1匹

ルアーアクション

トゥイッチで釣っています。わりと強めのトゥイッチが効果的。

ロッドを強めにクイッと動かしてダートさせ、逃げ惑う小魚を演出します。

ただ巻きでは釣ったことはありませんが、ただ巻きでも良い動きをします。

トゥイッチを続ける

高水温期であれば、トゥイッチを連続で続けて、ルアーを動かし続けた方が見切られることがないです。

これは、特に流れの無い野池や流れの緩やかな河川で有効。

参考記事

使ってみて感じたこと

キレッキレのダートアクション

「トゥイッチ時の左右へのダートアクションがキレッキレ

というのが第一印象でした。このキレのあるアクションがバイトを誘います。

捕食スイッチをONにする

強めのトゥイッチでスイッチが入ったバス

トゥイッチで激しくダートさせていると、下からバスが現れて、必死に追いかけ回してバイトしたことが何度かありました。

様子を観察した限りでは、確実に捕食スイッチが入っている印象でした。

キレッキレのダートアクションは、このスイッチをONにする力があります。

トップクラスのアピール力

筆者は小型ミノー大好き人間で、数多くの小型ミノーをスピニングタックルで投げてきましたが、X-70のダートアクションは、トップクラスのアピール力です。

活性の高い時期であれば、強めのトゥイッチでダートさせ、捕食スイッチをONにする釣りが楽しめるでしょう。

おわりに

メガバス「X-70」は、スピニングタックルで扱いやすく、よく釣れる小型ミノーです。

ただ巻きでも非常に良い動きをしますが、やはりトゥイッチでのダイナミックなアクションが魅力です。

ハイプレッシャーフィールドでも確実に結果を残しますので、ルアーケースにひとつ入れておいて損はないはずです。

筆者は今後も、大型を狙って投げ続けたいと思います。

参考記事

弟分?的なメガバスのミノー「X-55(F)」や「X-48アクロバット」も良いミノーです。