小物釣り道具の収納にメイホウ ウォーターガード36

淡水小物釣りの仕掛け・道具一式を収納して持ち運ぶのに便利なのが、ハンドル付きのボックス、メイホウのウォーターガード36。

特徴、収納可能な道具、収納例など、使用してみたインプレをお伝えします。

ウォーターガード36概要

基本情報

ブランドメイホウ(明邦化学工業株式会社)
商品名ウォーターガード36
サイズ218×173×108mm
素材本体・仕切板・ハンドル:耐衝撃コーポリマー
フタ:インパクトスチロール
止具:ABS
パッキン:シリコーンゴム
備考防滴仕様
仕切板5枚付き
JANコード4963189・102971
税込定価2,090円
製品情報ソース:メイホウ公式サイト
実勢価格

2022年9月中旬時点、Amazonでは1,300円〜1,600円台。

筆者は釣具店で、1,800円台で購入しました。

特徴
黄色い部分がパッキン
  • 衝撃に強い材質
  • パッキン付きの防水仕様
  • 中身が見えるクリア仕様のフタ
  • ハンドル付き

収容力

サイズ(内寸)

上の写真は、メジャーをあててザックリ計測したもの。ボックス内側の寸法です。

  • 横幅:約20cm
  • 奥行き:約15cm
  • 高さ:約8cm

上の写真は、仕切板をすべて設置した場合の、各スペースの寸法。

こちらもメジャーをあててザックリ計測したもの。

仕切り

黄色いのが仕切板。合計5枚。

縦の仕切板は、横の仕切板がないと設置できないので注意。

収納例

上は、筆者が実際にタナゴ・小物釣りに行くときに持参している道具一式です。

①道糸

糸が細くて、外で仕掛けを作る気にはなりませんが、念のため持参してます。

②予備のハリス等

ハリスなどの予備一式。特にハリスは根がかりなどで失くすこともあるので、必須です。

③仕掛け巻き

糸の太さと長さで分けた仕掛巻です。

外で仕掛けを作りなおす必要がないように、予備を作っておくと良いでしょう。

④タナゴグルテン(練り餌)

こちらも必需品。このボックスにちょうど収まる高さでした。

タナゴグルテンはニンニクの匂いが強いせいか、アリとか虫が集まりやすいです。

なので、密閉できるウォーターガードに入れておけば安心。

⑤針外し・ハサミ

タナゴ用の針外しで、クチボソやタモロコなど全般に対応できます。

ハサミも、念のため。

⑥予備スペース

こちらは、空きスペース。

今後、仕掛けや道具が増える可能性もあるので、その時に使うことになりそうです。

以上が、筆者がボックスに入れている道具です。

練り餌をこねたりする容器や観察ケース、水汲み用のバケツ等は、ビニール袋に入れて持ち運んでます。

ちなみに、わくわく観察ケースMサイズなら、縦の仕切板を取り外せば入りました。

携帯性

筆者は、小物釣りと健康維持の両立を目指し、自転車移動が基本です。

大きめのバックパック(リュック)を背負っていく訳ですが、余裕をもってスッポリ収納可能です。

メリット

  • ハンドル付きで持ち運びが楽
  • 最低限の道具一式をすべて収納可能
  • フタをしっかりロックできて中身が飛び出さない
  • パッキン付きでしっかり密閉 → 水・虫が入らない

デメリット

今のところ特にデメリットは感じていませんが、価格がわりと高いところ、くらいでしょうか。

高めですが、けっこう頑丈な作りなので、長持ちしそうではあります。

おわりに

小物釣りデビューを控えた方、または、したばかりの方で、収納ボックスに悩んでいる方は、ウォーターガード36を検討してみてください。

最低限の道具がまるまる入るのでおすすめです。

ちょっと高いですが、耐衝撃仕様・防水仕様で寿命は長そうだし、コスパは悪くないと思います。

参考記事

ウォーターガードには収納せず、別途、持ち運んでいる便利グッズ3選です。