【JA07カブ】簡単5分!メーターランプの交換方法

スーパーカブ110(JA07型)のメーターランプが切れてしまったので、自分で交換してみました。

思っていたよりも簡単で、バイクメンテ経験ゼロの筆者でも、5分もあれば終わりました。

交換方法を写真付きでご紹介します。

使用した新品ランプ概要

基本情報

ブランドPIAA(ピア)
品番(モデル名)HR15
製品サイズ10.8×6.71×1.5cm; 9.07g
バルブ種類白熱灯、ハロゲン
バルブ形状(タイプ)T10
ボルト数/定格12V 3.4W
口金W2.1×9.5d
製品情報ソース:Amazon(購入先サイト)商品説明欄、商品パッケージ

少し迷いましたが、メーター部分にLEDの明るさを求めていないので、ハロゲンランプにしました。

アマゾンレビューを見る限り、この製品の評価が非常に高かったので決めました。

あとは、PIAAは有名なメーカーで、車・バイクにそこまで詳しくない筆者でも知っていたし、信頼できるかなと思いました。

2個入りなので、一つは予備として持っておけるので、安心です。

実勢価格

2022年9月中旬、Amazonで購入した際は、230円台でした。

交換に必要なもの

新品のメーターランプとプラスドライバー、この2点があれば作業できます。

メーターランプ交換方法

手順1:ヘッドライト両端のネジを緩める

右側
左側

ヘッドライトの少し後ろに、左右に一つずつ、ネジがあります。

プラスドライバーで緩めて、ネジ2つを外します。

ネジは、失くさないようにしっかり保管しておきましょう。

手順2:ヘッドライト部分を取り出す

このヘッドライト部分は抜けるようになってるので、スポっと取り出します。

スポっと

上の写真のように、完全に取り出します。

手順3:メーターランプの位置を確認する

上が、スポっと抜いたあとの中の様子。赤い丸の部分が、メーターランプです。

上は、ズームした写真。これです、この黒いやつからイエローとグリーンの配線が出ているやつ。

手順4:メーターランプ部分を抜き出す

蜂の巣から、蜂の子(幼虫)を摘んで抜き出すのと同じように、抜き出します。

もう少し

スポっと抜き出すと、メーターランプが顔を出します。こんにちは。

手順5:バルブを取り出す

黒いラバー状のソケットから、バルブを抜き取ります。

こちらも、指で摘んで、スポっと簡単に抜けます。

お疲れ様でした

手順6:新品バルブを入れて戻す

新品バルブを差し込みます。

ソケットにしっかり入れて、

穴に戻してあげます。

奥までしっかり差し込んだら、設置完了。

手順7:逆の手順でヘッドライトを戻しネジを締める

ヘッドライト部分を、片手で押し込みながら、ドライバーで締めて完了。

ネジはしっかりと締め込みましょう。

エンジンをかけて、確認してみましょう。

上の写真、日差しが降り注いでいたので、わかりづらいですが、両手で暗くして確認したら、ちゃんと点いてました。

以上!5分もあれば終わります。

夕方

夕方にも確認してみました。ちゃんと点いていますね。安心しました。

おわりに

最初は、これ素人にできるのか?と不安になったのですが、やってみると意外と簡単ですね。

本記事に載せた写真を見ながらやってみてください。

プラスドライバーさえあれば、素人でも5分です。