【インプレ】ドライブSSギル2インチ 遊べるギル系ワーム

O.S.PドライブSSギル2インチは、ひと口サイズのギル系ワーム。

これが、意外と遊べるワームでした。

オカッパリでバスを釣ってみたので、おすすめの使い方・釣り方、使ってみた所感をご紹介します。

ドライブSSギル2インチ概要

基本情報

メーカー/ブランドO.S.P
オーエスピー
ルアー名ドライブSSギル2インチ
DoLive SS-Gill 2”
サイズ(長さ)2インチ
入数10本
色数8色
定価(税込)858円
発売時期2020年6月
製品情報ソース:O.S.P公式サイト
基本リグ(メーカー推奨セッティング)
ライトテキサスリグオフセットフック:#3〜2
バレットシンカー:2.7g程度
ダウンショットリグシンカー1.8〜5g
オフセットフック:#3〜2
マス針:#4〜2
情報ソース:O.S.P公式サイト、商品パッケージ
重さ
10匹乗ってる

ひとつあたり、約2.2g。

サイズ感
上はゲーリーの4インチグラブ

買ってはみたものの、ダウンショット以外に使えるのか?と思ったほど小ぶりなサイズ感。

15cmくらいのバスでもパックリと丸呑みできる大きさ。

ブルーギルの稚魚って感じですね。

フォルム(形状)

シンプルにブルーギルを真似たフォルム。

扁平ボディの片面はフラットになっており、もう片方の面は本物の魚同様に少しふっくらしている。

尻尾側には、二対のテールがついており、水の流れを受けてテロテロと動いてアピール。

使い方・釣り方

ジグヘッドでの1匹目

釣果データ

日にち時間天気風速
(m/s)
表水温
(℃)
魚のサイズ
(cm)
釣り場の種類(規模)水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ルアーカラーリグアクション
2020/11/2216:00データなしデータなし約15cm野池A(小)濁っているヘラ台下データなしグリパンチャートダウンショットリグ(シンカー約1.2g/マス針#2)テクトロ
2022/8/1715:404m28.6℃約20cm河川A(小)濁っている護岸沿い70-80cmグリパン/チャートジグヘッドリグ(モノガード/#4/2.7g)ただ巻き(普通の速度)
2022/8/1715:534m28.6℃約20cm河川A(小)濁っている橋脚まわり70-80cmグリパン/チャートジグヘッドリグ(モノガード/#4/2.7g)ただ巻き(普通の速度)
2022/8/1716:194m27.8℃約15cm河川A(小)濁っている護岸沿い1mグリパン/チャートジグヘッドリグ(モノガード/#4/2.7g)ただ巻き(普通の速度)
2022/8/1818:341m27.2℃約20cm河川H(小)濁っている護岸沿い1mブルーギルジグヘッドリグ(ガードなし/#3/1.8g)ただ巻き(普通の速度)

寒さが厳しくなった11月に豆サイズを1匹。ダウンショットリグでした。

その後、夏にジグヘッドリグで遊べることに気づき、小バス4匹を追加。

ジグヘッドで35cm近いのも掛かったけど、障害物に巻かれてラインブレイクしました・・・。

使用タックル

ロッドダイワ 
ブレイゾンモバイル 646TLS
リールシマノ
セドナ2500S
ラインダイワ 
BASS X ナイロン 6lb

原付バイク・自転車移動なので、基本的にはロッドはテレスコロッド(振り出し竿)。

リールは入門機種。安物で十分遊べます。

使用したフィールド

野池
エリア関東地方の田園地帯
釣り場タイプ野池
規模
水質通年で茶系の強い濁り
(冬はやや濁り弱め)
水深最も深い場所で推定1.5m
特徴・溜池
・ヘラ台や杭など障害物多め
・オーバーハングもあり
主なベイト・テナガエビなどの甲殻類
・ブルーギル
プレッシャーかなり高い

バスの個体数が減っているうえに、プレッシャーが高い野池。「見えブルーギル」はけっこう多い。

河川(水路)
エリア関東地方の田園地帯
釣り場タイプ河川(水路)
規模
水質時期によるが濁っていることが多い
水深最も深い場所で推定1〜1.5m程度
特徴・変化に乏しい
・わずかながら橋や水門はあり
・大河川の本流と繋がっている
主なベイト・オイカワやタモロコなどの魚
プレッシャーやや低め〜やや高め
(エリアによる)

水路タイプのフィールド2ヶ所で釣れています。この2ヶ所に共通する特徴は、上の表の通り。

とにかくベイトフィッシュがわらわら泳いでいるので、野池のバスと比べて、かなり太っているのが釣れます。

釣れる魚は20cm台でもけっこう引きが強いです。

使用リグ(仕掛け)

ダウンショットリグ

ドライブSSギル2インチでの初バスは、ダウンショット。

使用フックとサイズ

フックは、ハヤブサ FF205 フィネスワッキー(公式サイトはこちら)。

サイズは#2を使いましたが、#4でも大丈夫でしょう。

使用シンカーと重さ

メーカーは忘れてしまいました・・・。重さは約1.2g。

ジグヘッドリグ

意外と面白かったのがジグヘッドリグ。夏は小バスがよく釣れます。

使用フック・サイズ・重さ
フックサイズ 重さ
ケイテック 
モノガードラウンドジグヘッド
#43/32oz
(2.7g)
ケイテック 
スーパーラウンドジグヘッド
#31/16oz
(1.8g)

ケイテックのジグヘッド(公式サイトはこちら)は、かなり細いので、小さいワームでもセットしやすくておすすめ。

根がかりが気になる方は、モノガードを使うと良いでしょう。多少の根がかり回避はできます。

実績のあるカラー

上:グリパン/チャート、下:ブルーギル
カラー釣果
TW107 グリパン/チャート4匹
W015 ブルーギル1匹

グリパン/チャートは、濁りに強い野池でも釣れました。

ブルーギルカラーは、かなり本物を連想させるカラーで、こちらも釣れています。

ルアーアクション・ワームの動き

ダウンショットリグの場合

ブルーギルの多い野池での1匹

大きめのヘラ台の上で、テクトロのような感じで数メートル、上下に動かしながら歩いたところ、釣れました。

ジグヘッドリグの場合

シンプルに、ただ巻きのスイミング。水路の護岸沿いに沿って巻くだけの単純作業。

巻く速度は普通か、やや速めくらい。

バラした良型は、速巻きでバイトしました。リアクションだったのでしょう。

使ってみて感じたこと

ジグヘッドの巻き(スイミング)でよく釣れる

意外だったのが、ジグヘッドをセットした、ただ巻きのスイミングで反応が良かったこと。

40分ほどで3匹釣れましたが、バイトも数匹ありました。小さすぎて乗らなかったのがほとんど。

テール部分は薄くて柔らかい

泳がせるとテールがチョロチョロ動き、微波動を発生させます。

バラしたものの、35cm前後の良型もヒットしたので、それなりに興味をひくのだと思います。

ブルーギルのいるフィールドで効果的

シンプルなことですが、釣ったフィールドは3ヶ所とも、ブルーギルがけっこう生息しています。

マッチ・ザ・ベイトですね。シルエット的に違和感がないのでしょう。

その他

その他に感じたことは下記の通り

  • ワーム素材は脆い
  • 小バスがよく釣れる
  • スピニングタックルの数釣りに良い

おわりに

ドライブSSギル2インチは、ダウンショットやライトテキサスがベーシックな使い方のようですが、個人的にはジグヘッドで巻いて釣るのが楽しくておすすめ。

グラブを巻くように、ジグヘッドリグで巻いてみてください。

ブルーギルのいるフィールドであれば、数釣りを楽しめるでしょう。

初心者の方には、ぜひ試してもらいたいです。

参考記事

同じO.S.PのHPシャッドテール3.1も、ジグヘッドリグで遊ぶのが楽しいワーム。