【インプレ】ゲキアサシャッド!イマカツのシャッドクランク

シャローエリアをテンポよく攻めるために、イマカツのゲキアサシャッドを使ってバスを釣ってみました。俗に言うシャッドクランクというやつ。

オカッパリで使用して感じた所感、使い方・釣り方の例をご紹介します。

ゲキアサシャッド概要

基本情報

メーカー/ブランドイマカツ
ルアー名ゲキアサシャッド
サイズ/長さ5.8cm
重さ7g
タイプデッドスローフローティング
潜行深度最大50cm
推奨タックルロッド:ベイトキャスティング6.3〜6.6フィート L〜MLアクション
ライン:7〜12ポンドフロロカーボン
製品情報ソース:イマカツ公式サイト
サイズ感

5.8cmと長さはないですが、クランクとシャッドを混ぜたようなふっくらボディ。

一般的なクランクベイトほどの丸さはなく、やはり少し平らさがあります。

シャッドラップSR5との比較

ラパラのシャッドクランク「シャッドラップSR5」と比べてみると、近いものを感じます。

似たようなフォルムとサイズ感ですが、ゲキアサシャッドの方がガタイが良いです。

フォルム(形状)

特定の魚を意識したフォルムではなさそうですが、逆に言えばあらゆるベイトフィッシュにイミテートできる印象を受けます。

ギルやフナほどの体高は無く、かといってワカサギほど細長くはないですね。

リップ

ゲキアサ仕様とあって、サーキットボードタイプの小さめリップが搭載されています。

フックサイズ

フックサイズはフロントもリアも#8

価格

ネットでザっと見た感じでは、1,800〜1900円台が多いです。

使い方・釣り方

ゲキアサシャッドでの初バス

釣果データ

日にち時間天気風速
(m/s)
表水温
(℃)
魚のサイズ
(cm)
釣り場の種類(規模)水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ルアーカラーアクション
2022/6/2416:324〜5m24.4℃28cm河川A(小)やや濁り弱め斜め護岸沿い70-80cm3Dメスギルただ巻き(普通の速度)
2022/6/2417:414〜5m24.6℃29cm河川A(小)やや濁り弱め斜め護岸沿い70-80cm3Dメスギルただ巻き(普通の速度)

風が強い日に、ブリブリのナイスコンディションを2匹、釣ることができました。

使用タックル

ロッドダイワ
ブレイゾンモバイル 666TMB
リールシマノ
SLX MGL 70
ラインダイワ
BASS X ナイロン 12lb

ロッドはバイク移動だったのでテレスコロッドを使用(テレスコロッドの記事はこちら)。

使用したフィールド

関東の田園地帯にある小規模河川(水路)。

水質はいつもだいたいマッディですが、釣れた日は、いつもより濁りが弱めでした。クリアでもないですが、マッディとまではいかないくらい。

このフィールドでは、釣れた日の1週間くらい前からオイカワのライズがよく観察できたので、似たようなサイズ感・フォルムのルアーに反応が良かったのだと思います。

実績のあるルアーカラー

カラー釣果
3Dメスギル2匹

この3Dが、どんなふうにバスに見えているか気になるところ。

このフィールドで会ったアングラーが、「ここはギルけっこういますよ」と言っていたのを思い出したけど、このカラーが効いたのかはわからない・・・。

ルアーアクション

ただ巻きで泳がせて釣りました。巻く速度は、遅くもなく速くもなく、普通の速度。

釣れたポイント・レンジ

画像はイメージ

斜め護岸沿いをテンポよく巻いていきました。岸から1-2m離れた場所を、岸に沿って巻いてくる感じです。

レンジは、水深70-80cmくらいのところを巻きました。ボトムノックはしない水深。

シャローエリアの中層〜ボトム付近です。

使ってみて感じたこと

※あくまで筆者の使用タックル、フィールド等の条件で感じたことです。参考程度にご覧ください。

その1:軽い

ルアーの重量が7gと軽いため、巻いているときも軽く感じます。巻き抵抗は少なめ。ベイトタックルだとかっ飛ばすような遠投はしづらいです。

その2:シャッドラップに似たスイミングアクション

シャッドラップSR5

泳いでいる時の動きは、ラパラのシャッドラップに似ていると感じました。

ボディを左右にフリフリしながら泳ぐわけですが、その振り幅は控えめで、ナチュラルなスイミングアクションという印象。

その3:巻き速度は控えめが良い(?)

巻きのルアーとあって、速めに巻いても安定した姿勢で泳いでくれます。

ですが、このナチュラルなスイミングアクションを活かすなら、やはり普通の速度がいいのかもしれません。実際、筆者は2匹とも普通の速度か、気持ち少しだけ遅めに巻きました。

高速で巻いてリアクションで喰わすというよりは、バスに見つけてもらい、餌と認識させて喰わす釣り方になるのかなと感じました。

その4:河川のシャローをテンポよく探るのに良い

釣った川(水路)では、護岸付近の岸際にオイカワやタモロコが頻繁にウロウロしているので、バスはそいつらを狙っているはず。

似たようなサイズ感のゲキアサシャッドが同じエリアを泳いでいたら、バスは喰ってくるでしょう。

こんなフィールドで、護岸沿いのシャローエリアをテンポよく投げていくのに非常に便利でした。

中層か底スレスレを泳がせながら、ガンガン進んでいく感じです。

その5:絶妙な喰わせのサイズ

上の方でも少し触れましたが、ゲキアサシャッドは、リアクションではなく餌として喰わせるルアーだと思うんです(筆者の勝手な決めつけ)。

そうなった時に、絶妙な一口サイズだと思うわけです。5.8cmとなると控えめに聞こえますが、ボディはふっくらしてて、適度なボリューム感があります。

その6:強風時のアイテムのひとつに良い

釣れた日の実際の水面

同じ日にゲキアサシャッドで2匹釣れましたが、この日は風が強く、水面がけっこう波打っていました。

もちろん、王道のスピナーベイトや一般的なクランクベイトでも釣れた可能性は十分にあります。

ですが、フィールドのプレッシャーの強さ、ベイトの種類、濁りの度合い、水深など、状況によって様々なタイプの巻物ルアーがあっていいはず。

それらのメンツの中に、ゲキアサシャッドがいても損はないでしょう。

おわりに

強風により、使えるルアーの選択肢が限定され、久々に巻きまくって釣るバスフィッシングを楽しめました。

ゲキアサシャッドは、絶妙な喰わせのサイズ感と、ベイトフィッシュとしてのナチュラルなスイミングアクションが魅力です。

突出した個性があるという訳ではありませんが、筆者のようなビギナーでも巻いて釣れるルアーです。

強風時のメンツの一員として、追加してみてはいかがでしょうか。

参考記事

同じくナチュラル系の泳ぎなら、バンタムコザックSRという選択肢もあり。

リズィー/アピールプラスは、トリッキーな動きのシャッドクランク。