【インプレ】レインズ2.5インチGテールサターン!エビっぽさが良さげ

reins(レインズ)のGテールサターンというワーム 。小さなカーリーテールがテロテロとなびいてアピールするスリムなワームです。

より喰わせを意識した2.5インチをオカッパリで使ってみましたので、使ってみた所感を交えつつ、釣った際のリグ(仕掛け)、アクションなどをご紹介します。

2.5インチGテールサターン概要

基本情報

メーカー/ブランドreins(レインズ)
商品名2.5”Gテールサターン
サイズ(長さ)2.5インチ
入数20本
定価(税込)649円
製品情報ソース:reins公式サイト
重さ
10本乗ってます

重さは、一つあたり約1.3g

サイズ感・形状

スジエビやヌマエビに近い2.5インチ。小バスでもパクっと一口で飲み込めるサイズ感です。

名前の通り、アルファベットの「G」の形をしたテール。ボディ部分はリブがあり、水の抵抗をうける設計。

コストパフォーマンス

税込649円で20本入り。1本あたり32.45円という驚異のコスパ!

1パックあればかなり遊べそうです。

使い方・釣り方

Gテールサターンでの初バス

釣果データ

日にち時間天気風速
(m/s)
表水温
(℃)
魚のサイズ
(cm)
釣り場の種類(規模)水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ルアーカラーリグアクション
2021/4/2115:39データなし20.2℃約30cm野池B(中)濁っている岸際1mナチュラルワカサギノーシンシンカー マス針ちょん掛けトゥイッチ
2022/8/616:401m26.8℃約15cm河川A(小)濁っている橋脚まわり/岸際70-80cmナチュラルワカサギノーシンシンカー マス針ちょん掛けトゥイッチ
2022/8/616:451m26.8℃約15cm河川A(小)濁っている橋脚まわり/岸際70-80cmナチュラルワカサギノーシンシンカー マス針ちょん掛けトゥイッチ
2022/8/616:541m26.8℃約15cm河川A(小)濁っている橋脚まわり/岸際70-80cmナチュラルワカサギノーシンシンカー マス針ちょん掛けトゥイッチ

21年の春に1匹。22年の夏に豆サイズを3匹釣りました。

使用タックル

ロッド1シマノ
バスワンXT 263L-2
ロッド2ダイワ 
ブレイゾンモバイル 646TLS
リール1シマノ
ネクサーブ 2500S
リール2シマノ
セドナ2500S
ラインダイワ BASS X ナイロン 5lb/6lb

初心者丸出しの入門機種です。

2022年からは、原付バイクと自転車移動がメインとなり、テレスコロッド(振り出し竿)を使っています。

使用したフィールド

野池
エリア関東地方の田園地帯
規模中規模
水質時期によるが基本的に濁っている
水深最も深い場所で推定1.5m〜2m
特徴調整池。
変化に乏しいが、
水中のウィードやブッシュは豊富
主なベイトテナガエビなどの甲殻類、
ブルーギル、ハゼ、他

かなりハイプレッシャーな野池。魚影は濃く、見えバスがウロウロしています。

小河川(水路)
エリア関東地方の田園地帯
規模
水質時期によるが基本的に濁っている
水深最も深い場所で推定1.5m〜2m
特徴変化に乏しい
主なベイトオイカワ、タモロコ、クチボソ、
甲殻類、カエル、ブルーギル、他
プレッシャー高め

小魚が非常に多く、20cm台の魚でもガタイが良いフィールド。時期によっては、15cm〜20cmの豆バスのスクールをよく目撃できるフィールド。

使用リグ(仕掛け)

マス針をぶっ刺しただけのちょん掛けノーシンカーで釣りました。耐久性(持ち)は悪くはないです。

重さがないので飛距離はあまり出ません。小規模なフィールド、もしくは15m前後の近いポイントに投げるには適しています。

また、風が無く水面が荒れていない場面でないと、使いづらいです。

使用フックとサイズ

ハヤブサのフィネスワッキーを使うことが多いです。サイズは#6#4

実績のあるワームカラー

ナチュラルワカサギ
カラー釣果
ナチュラルワカサギ4匹

ワカサギ系のカラーですが、白っぽいボディに黒く小さなペッパーがあり、個人的にはモエビやスジエビっぽさを感じます。

釣れたポイント・レンジ

野池の岸際、ブッシュやウィードの近くで小型のギルやバスがうろうろしていました。

水深は1m近くありそうでしたが、表層を動かすワームに真下から現れてバイトしてきました。

小河川にて

小河川では、橋脚近くの岸際などで釣れました。レンジは表層。水深20-30cm程度でバイトがありました。

ルアーアクション

トゥイッチで釣りました。

ロッドをチョンチョンと動かすと、シュシュっと表層で動き、小エビや小ザリが逃げている時の動きとよく似ています。

動き・アピール
スプリットテール(上)とピンテール(下)の例

他の2.5インチ程度の小型ワームも多く使ってみましたが、ピンテールやスプリットテールに比べると、Gテールは水の抵抗を受けやすく、トゥイッチした時に割とピタっと水中で止まってくれます。

なので、トゥイッチ時の移動距離が抑えられ、距離がない場所を泳がせるときに良いです。

直前に投げていたウォーターメロンカラーのピンテールのワームでは反応しなかったのですが、同じコースをGテールサターンで通してみると、真下からバコン!とバイトがありました。

小型ワームでも、形や色をローテーションしてみるのは大事ですね。

使ってみて感じたこと

まとめるとこんな感じ。

  • スジエビやヌマエビを連想させるフォルムとサイズ感
  • Gテールとリブが水に抵抗し移動距離を抑えられる
  • トゥイッチ時の動きは逃げる小エビっぽい
  • マス針ちょん掛けノーシンカーのシンプルなリグで釣れる
  • 小バスが多い場所では数釣りが楽しめる
  • バス釣りが初めての人や入門者におすすめ
  • 重さ1.3gなのでノーシンカーでのキャスト時、飛距離は出しにくい
  • 新品1パック20本入り税込649円のコスパの良さ

おわりに

Gテールサターンは、トゥイッチでシュシュっと素早く動かしてやると、小エビの逃走を演出してくれます。テロテロ動くG型テールのエビ感はなかなかのもの。

岸際、護岸沿い、テトラまわりなど、スジエビやモエビの多いポイントで活躍してくれるでしょう。

また、この手のワームは、ダウンショットリグでのテトラの穴釣りでも活躍するはず。

圧倒的なコストパフォーマンスも魅力の一つ!ぜひ試してみてください。

参考記事

同じレインズのストレートワーム、レインズスワンプミニもコスパ最強の釣れるワームです。