【インプレ】タイニーブリッツMRはスレバスに効く!根がかりしにくい小型クランクベイト

O.S.P(オーエスピー)のタイニーブリッツMRは、スナッグレス性能が高く使いやすい小型クランクベイトです。

中層〜ボトムを攻略すべく、関東の野池にてオカッパリで使ってみましたので、使い方・釣り方、強み、所感をお伝えします。

タイニーブリッツMR概要

タイニーブリッツは、ノーマルタイプ(シャロー)、MR(ミドルランナー)、DR(ディープランナー)の3種がありますが、本記事ではMRについてご紹介します。

基本情報

メーカー/ブランドO.S.P(オーエスピー)
商品名Tiny BLITZ MR
(タイニーブリッツMR)
サイズ(長さ)44.0mm
重さ6.3g
タイプスローフローティング
フックサイズ#8
カラー展開38色
定価(税込)1,540円
発売年月2011年7月
製品情報ソース:O.S.P公式サイト
サイズ感・ウェイト
ブリッツMRとの比較
上がブリッツMR
 サイズ重さ
タイニーブリッツMR44.0mm6.3g
ブリッツMR51.5mm9.5g

兄貴分のブリッツMRと比較すると、ひとまわり小さいですね。重さは3gちょっとの差。

ピーナッツシリーズとの比較
上がピーナッツ2SR、下がタイニーピーナッツSR

クランクベイトの定番、ピーナッツシリーズとも比較してみました。

 サイズ重さ
タイニーブリッツMR44.0mm6.3g
タイニーピーナッツSR40.0mm4g
ピーナッツ2SR50mm9g

サイズもウェイトも、タイニーピーナッツSRとピーナッツ2SRの間です。

特徴
スローフローティング仕様

低水温期でも喰わせの間を与えてくれるスローフローティング仕様。止めると、そろーりと、ゆーっくり浮いてきます。

薄めのリップ

サーキットボード素材で作られた薄めのリップ。硬めの素材でボトムや障害物を感じやすい仕様です。

ノンラトル仕様

ハイピッチでガチャガチャとアピールするクランクではなく、ラトル無しのサイレント仕様。ハイプレッシャーフィールドで出番が増えそうです。

潜行深度

メーカー公式による潜行深度は2m弱。小規模な野池や減水した河川であれば、ボトムレンジも攻略できるでしょう。

使い方・釣り方

体格の良い41cm

釣果データ

日にち時間天気表水温
(℃)
魚のサイズ
(cm)
釣り場の種類(規模)水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ルアーカラーアクション
2022/4/254:591841野池A(小)かなり濁っているヘラ台沿い1mアメリカンサンフィッシュただ巻き(やや遅め)

22年春、前年より寒い日が多く、まだプリスポーンのメスが数多くいるだろうと推測し、狙ってみたところなかなかの良型が釣れました。

お腹がぽっこりし、お尻の下あたりに赤い産卵管らしきものが出ていたので、おそらく産卵前のメスかなと思います。

使用タックル

ロッドダイワ ブレイゾンモバイル666TMB
リールシマノ SLX MGL 70
ラインダイワ BASS X ナイロン 12lb

ロッドは、バイク移動だったのでテレスコロッドを使いました。5g〜18gまでのルアーに対応したモデルで、特に問題なく操れ、釣れました。

(テレスコロッドの記事はこちら、SLX MGLの記事はこちらから。)

使用したフィールド

釣れた野池
エリア関東地方の田園地帯
規模
水質1年を通して常に茶色の強い濁り
水深最も深い場所で推定1.5m
特徴農業用の溜池。
ヘラ台、オーバーハング、ブッシュ、
船、沈船、杭など、障害物が多い。
主なベイトスジエビ、テナガエビ、ザリガニ、
ブルーギル、虫、カエル、他

非常に根がかりが多い小規模野池です。

実績のあるルアーカラー

ルアーカラー釣果
アメリカンサンフィッシュ1匹

若干、ブルーギルっぽさのあるカラーですね。ギルの多い野池ですので、小型のギルだと思ったのかもしれません。

ルアーアクション

やや遅めのただ巻きで釣りました。

リアクション狙いではなく、バイトする間を与えるように意識して、気持ちスローに巻いてみたところバイトがありました。

釣れたポイント

3〜4人は座れそうな大型のヘラ台に沿って泳がせました。雨が続いていたので増水しており、岸には近いものの水深は1m程度ありました。

釣れた要因・心がけたこと

プレッシャーの少ない状況

この野池は、常にハイプレッシャーなため、人のいない早朝5時前に釣りました。

晴れ+無風。あたりは静寂。過度なアピールで警戒されないよう、ノンラトルのルアーをセレクトしました。

プリスポーンのメス狙い

季節は春。前年よりスポーニングが遅れてるとの情報を得たので、プリスポーンのメスを狙いました。ですので、ルアーのサイズと巻くスピードは、捕食・喰わせを意識しました。

中層〜ボトム付近を意識

まだバスの意識は表層には向いていないと判断。この時期は表層のルアーへのチェイスがほとんどなかったため、中層〜ボトム付近を意識してルアーを選び、リトリーブしました。

釣れた日はかなり増水していたため、ルアーはボトムを叩いていません。

使ってみて感じたこと

あくまで筆者が使用したタックル、フィールド、オカッパリ等の条件で感じたことです。参考程度にご覧ください。

その1:飛距離が十分出る

小ぶりな体格で重さは6.3gですが、他の6g台のプラグと比べて、飛距離はかなり出ます。特に投げにくさは感じず、力むことなくキャストし、十分な飛距離が出ました。

少なくとも小規模フィールドでは十分な飛距離を確保できるでしょう。

その2:巻き抵抗は少なめ

泳ぐ際のブリブリした振動は感じつつも、巻き抵抗は少なく、ボトムや障害物を小突く時、そしてアタリが感じ取りやすいです。

その3:シャッドの要素を含んだアクション

フォルム・形状的にもスリムでシャッドの要素がありますが、アクションでも同じです。

ストップ&ゴーもでき、スローリトリーブでもしっかり泳いでくれ、ナーバスなスレバスにも効くことが期待できます。

その4:ノンラトルで低刺激

ラトルがなくサイレント仕様なので、プレッシャーのかかったフィールドにいるスレバスにも有効だと思います。低刺激なので警戒させずにバイトを誘発できそうです。

その5:圧倒的な根がかり回避性能

釣れた野池は2年間みっちり通い続けていますが、根がかりが非常に多いフィールド。

中層〜ディープを泳ぐクランクベイト、バイブレーション、シャッド、何度も根がかりをしてロストしたフィールドです。

障害物が多い野池

しかしながら、このタイニーブリッツMRは何度投げても根がかりしません。驚異的なスナッグレス性能!

おかげさまで、中層〜ボトムレンジの巻物への苦手意識が軽減されました。

おわりに

何を投げても全く反応がなかった22年春、待望の初バスをもたらしたのはタイニーブリッツMRでした。

プリスポーンのメスがたくさん捕食する季節ですが、一方で、超絶ハイプレッシャーなためバスはスレ切っている・・・。

そんな場面で、小ぶりなサイズ感、ノンラトル、少し控えめなアクションなどの要素が効いたのだと思っています。

そして何度も強調したいのが、圧倒的な根がかり回避能力!ほとんど根がかりしません!

一つ持っておいて損はなし。ぜひ一度、試してみてください。

参考記事

兄貴分のブリッツMRもスナッグレス性能抜群の良いクランクベイトです!