【インプレ】HPミノー!ボディのくねりとVテールが強み

様々なタイプのワームが存在しますが、ミノー系のワームであればO.S.PのHPミノーがおすすめ。

その形状からして、なんとなくワカサギや川魚の多いフィールドで出番の多いイメージを持たれるかもしれませんが、ブルーギルだらけのマッディな野池でも釣れる万能なミノーです。

オカッパリで使用してバスを釣ってみましたので、使い方・釣り方、使用リグ(仕掛け)、所感などをお伝えします。

HPミノー概要

メーカーオーエスピー
O.S.P
商品名エイチピーミノー
HP MiNNOW
カラー展開23色
入数8(3.1インチ)
7(3.7インチ)
定価(税込)858円
発売年月3.1インチ:2017年6月
3.7インチ:2019年4月
製品情報ソース:O.S.P公式サイト
推奨フックサイズ
ワームサイズメーカー推奨
フックサイズ 
3.1インチオフセット:#3〜#2
マス針:#6〜#1
3.7インチオフセット:#1〜#1/0
マス針:#4〜#0
ソース:商品パッケージ
重さ
10匹乗ってます
3.1インチ約2g
3.7インチ約3.8g
サイズ感

ゲーリーヤマモトの4インチグラブと比較したのが上の写真。

スリム体型ですが長さはある感じですね。

フォルム(形状)
横からの図

ストレートボディは下半身から徐々にスリムになり、先端はVテール。

3.7インチは、長さだけでなく、体高も高め。

スリット

ボディの真ん中から尾っぽの付け根にかけて、ボディの上から下まで貫通したスリットが入っています。

オフセットフックをセットする際は、フックの先端のみをボディに埋める仕様。

Vテール(スプリットテール)

Vテールと呼ばれるスプリットテール。バリを残すことで、水かきのような見た目になってます。

僅かなシェイクでもピリピリと微振動を生み出す

引用元:O.S.P公式サイト製品情報ページ

微振動も生むそうですが、やはりスプリットテールが生む水を切る動きは秀逸です。

使い方・釣り方

HPミノー3.1インチの釣果
3.7インチで

釣果データ

日にち時間天気風速
(m/s)
表水温
(℃)
魚のサイズ
(cm)
釣り場の種類(規模)水質ヒットポイント釣れたエリアの推定水深ヒットルアー ルアーカラーリグアクション
2021/4/1217:16データなし17.2℃37cm野池B(中)濁っている水路(排水機構前)40-50cmHPミノー 3.1インチウォーターメロンペッパーノーシンカー(マスバリちょん掛け)落ちパク
2021/4/1217:57データなし18.6℃30cm野池B(中)濁っているガマ際50-60cmHPミノー 3.1インチウォーターメロンペッパーノーシンカー(マスバリちょん掛け)トゥイッチ
2021/4/2116:44データなし19.6℃約20cm野池B(中)濁っているシャロー1mHPミノー 3.1インチウォーターメロンペッパーノーシンカー(マスバリちょん掛け)トゥイッチ
2021/6/2618:53データなし25.2℃約20cm野池A(小)かなり濁っているシャロー(沈船の上)70-80cmHPミノー 3.1インチホワイトチャートノーシンカー(マスバリちょん掛け)トゥイッチ
2022/9/1315:502m28℃約20cm河川A(小)濁っている水門まわり50-60cmHPミノー 3.7インチグリパンチャートノーシンカー(オフセット#1)トゥイッチ/ジャーク
2022/9/1316:042m27.6℃約20cm河川A(小)濁っている川中40-50cmHPミノー 3.7インチグリパンチャートノーシンカー(オフセット#1)トゥイッチ/ジャーク

2021年の春〜初夏、3.1インチで4匹。2022年の初秋、3.7インチで2匹。

タックル

ロッドシマノ
バスワンXT 263L-2
リール1シマノ
ネクサーブ 2500S
リール2シマノ
セドナ2500S
ラインダイワ
 BASS X ナイロン 5lb/6lb
2021年のタックル
テレスコロッド
ロッドダイワ 
ブレイゾンモバイル 647TLS
リールシマノ
セドナ2500S
ラインダイワ
BASS X ナイロン6lb
2022年のタックル

使用したのは、スピニングタックルの入門機種です。

2022年からは、原付バイク・自転車移動がメインとなり、テレスコロッド(振り出し竿)を使っています。

使用したフィールド

野池
 野池A野池B
規模
水質茶色い強いにごり濁りはやや弱め
主なベイトブルーギル、
甲殻類、虫
ブルーギル、ハゼ、
甲殻類、虫
特徴障害物多め障害物は少なめ
ウィード多め
プレッシャーかなり高いかなり高い

関東にある野池2ヶ所で実績あり。

いずれもブルーギルだらけの池ですが、かなり細身のHPテールにもちゃんと反応しました。

河川(水路)
エリア関東地方の田園地帯
釣り場タイプ河川(水路)
規模
水の流れ緩やか
水質時期によるが濁っていることが多い
水深最も深い場所で推定1.5m程度
特徴・変化に乏しい
・わずかながら橋や水門はあり
主なベイト・オイカワやタモロコなどの魚
プレッシャーやや高い

上記のような水路でも2匹釣りました。

オイカワやタモロコなど、シルエットが似ている魚が多いフィールドです。

実績のあるカラー

ウォーターメロンペッパー
ホワイトチャート
グリパンチャート
カラー釣果
ウォーターメロンペッパー3匹
ホワイトチャート1匹
グリパンチャート2匹

濁りの強い野池では、ホワイトチャートが効きました。

使用リグ(仕掛け)

ノーシンカー(マス針ちょん掛け)

マス針のちょん掛け

3.1インチは、マス針のちょん掛け、ノーシンカー(オモリなし)で釣りました。

使用フックとサイズ

ハヤブサのフィネスワッキー#4か#2が多いです。

ノーシンカー(オフセットフック)

3.7インチは、オフセットフックをセットしたノーシンカーで釣りました。

使用フックとサイズ

デコイのSSフックワーム19(公式サイトはこちら)を使用。

サイズは#1

スピニング専用設計とあって、使いやすく、フッキングもしやすくておすすめ。

ルアーアクション

20cm程度のコバスも釣れる

いずれもトゥイッチで釣りました。3.7インチはジャークを混ぜる感じ。

ロッドをクイっと動かした際、惰性で水を切る動きがなんとも言えないリアルな動きです。

惰性で水を切る動きに反応した1匹

1匹だけバイトシーンをGoProで撮影したのですが、クイっと動かした後、惰性で水を切りながらスーっと動いているところにバイトしていました。

動きがかなりリアルなので、プラグのミノーと比べると見切られにくいようです。

また、水面で高速トゥイッチをすると、逃げ惑う小魚のボイルを演出できます。

釣れたポイント・レンジ

ポイント
  • 水路にある排水機構の近く
  • ガマ際
  • 沈船の上
  • シャロー(オープンエリア)

野池の場合、上記のようなポイントで、水路では、水門まわり等で釣れています。

レンジは、ノーシンカーで使ってますので、いずれも表層。深くても水深10cm〜20cm程度です。

1匹は、水面を逃げ惑うような感じで動かしていると、バコン!とトップウォーターのようなバイトがありました。

使ってみて感じたこと

  • ボディのくねりが生み出すリアルな動きは秀逸
  • スプリットテールで水を切る動きも秀逸
  • トゥイッチやジャークでくねらせてから惰性で水を切るアクションがおすすめ
  • 3.7より3.1インチの方がリアルな動きを出しやすい
  • マス針ちょん掛けのシンプルなリグで十分楽しめる(3.1インチ)
  • バスからの反応がすごく良い
  • ブルーギルだらけの野池でも釣れちゃう
  • 3.7インチはオフセットフックでのジャーキングが使いやすい
  • 3.7インチはノーシンカーでも遠投しやすい

3.1インチも3.7インチも、トゥイッチ&ジャークで動かせば釣れるはず。

おわりに

HPミノーは、その圧倒的なリアルな動きが魅力のミノー系ワーム。

初心者の筆者でも、マス針ちょん掛けのノーシンカーで動かしたところ、リアルな動きを披露して釣果に繋げてくれました。

3.1インチに慣れたら、3.7インチにも挑戦してみましょう。ジャーキングで釣れました。

ベイトフィッシュがブルーギルだらけのマッディな野池でも釣れるので、フィールド問わず活躍しそうです。

参考記事

Fish Arrow「フラッシュJスプリット」やdeps「サカマタシャッド4インチ」も、同じ小魚っぽいワームですが、彼らもよく釣れます。