【釣り】スワンズの偏光サングラスが安くてオシャレ

水面にあたる光を遮り、水中を見えやすくしてくれるのが、偏光サングラス。

釣りをするなら一つ持っていると便利です。

スワンズの偏光サングラスが、安くて見た目も良いので、なるべく安く済ませたい方にはおすすめです。

筆者が使用しているDf.pathwayというモデルの、デザインと機能性、使ってみた所感をご紹介します。

偏光サングラス概要

ブランドスワンズ
SWANS
商品名Df.pathway
型番/品番PW-0065
カラー偏光フォクシーブラウン
フレームカラークリアブラウンハーフ×クリアブラウン
可視光線透過率30% (偏光度:93%以上)
紫外線透過率0.1%以下 (UVカット99.9%) 
サイズW141mm×H45mm
重さ20g
レンズカーブ8カーブ
フレーム機能ノーズ調整可能
素材フレーム:ナイロン
レンズ:ポリカーボネート
付属品セミハードケース
取扱説明書
サングラスサポート登録用紙
生産国日本
レンズ機能UVカット光のギラつきを抑える(偏光機能)
税込定価14,300円
製品情報ソース:スワンズ公式サイト
実勢価格

筆者は店舗で購入したのですが、1万1千円台でした。

Amazonでは、もう少し安く買えるようです。

製造メーカー

スワンズブランドの製品は、山本光学株式会社が製造しています。

同社ホームページ(公式サイトはこちら)の情報をザックリまとめると、下記のような企業。

  • 明治44年(1911年)創業の日本企業
  • 製造業の多い大阪に本社を構える
  • 大阪、兵庫(淡路島)、徳島に工場あり
  • 産業用とスポーツ用のアイウェアを展開

アイウェアを専門に製造している企業ですので、機能性の面で信頼できそうです。

デザイン

商品の箱

Day Off(休日)をテーマに作られているので、休日のアクティビティ全般で使いやすいデザインとなっています。

公式サイトに記載がありますが、釣りに限らず、ゴルフ、ドライブ、アウトドア全般での使用が想定されています。

普段使いでも違和感のないスタイリッシュなデザイン。

これなら、釣りに出かける際、自宅を出る時から装着しても良いですね。

水中の見え方

続いて機能面の話ですが、実際に水中がどのように見えるか、どのくらい遮光できるのかを見てみたいと思います。

釣り場で、晴れの日と曇りの日に、iPhone SE第二世代のカメラで撮影してきました。

偏光サングラスなしの場合と比べてみましょう。

晴れの場合

スワンズなし
スワンズあり
比較

写真だと伝わりづらい感じもしますが、スワンズありの方が水面の反射を抑えられています。

また、水中の石段も、2段目の存在が見やすくなっています。

曇りの場合

スワンズなし
スワンズあり

曇りだと、水面の遮光具合がわかりやすいですね。

水中の様子も、やはりスワンズありのほうが見えています。

バス釣り、渓流釣り、タナゴ・小物釣りで使ったことがあり、一番多く使っているのはタナゴ・小物釣りです。

小物釣りでは、やはり水中の魚影、シモリや糸の動きが見やすくて役立っています。

あとは、シンプルに目の披露を軽減してくれますね。

使ってみて感じたこと

水中の見え方以外に感じた点は、下記の通り。

ぴったりとフィットする

鼻の部分は、可動式のパッドがついており、さらにフレームの先端(テンプルエンド)には、ノンスリップラバーというズレ防止のゴムが付いてます。

これらの助けもあってか、ぴったりと顔にフィットする感覚。

普段使いでも使いやすいデザイン

知らない人が見たら、アウトドア・スポーツ用のアイテムとはわからないでしょう。

けっこうデザインが気に入っています。

車の運転時など、普段使いでも使いやすいです。

少しきつめのフレーム設計

購入時に店員さんにも言われたのですが、少しきつめのフレーム設計のようです。

筆者は、頭のサイズは小さい方なので、逆にぴったりフィットしてくれました。

*ちなみに、バイクのヘルメットはSサイズを着用してます

メガネ拭きは別途購入が必要

メガネ拭きは付属されていないので、別途購入が必要となります。

筆者が購入したのは下記のもの。

二つの機能が一緒になった優れもの。おすすめです。

おわりに

バス釣りで霞水系に遠征した際、偏光サングラスを忘れ、急遽、現地調達したのがスワンズの偏光サングラスでした。

現在は、渓流釣りやタナゴ・小物釣りの際に使っています。

最低限の機能性、使いやすいデザイン、低価格、これらが揃っていて良い製品だと思います。

ざっくり1万円程度で済ませたいという方にはおすすめです。

参考記事

更なる機能性を求めるなら、タレックス製レンズがおすすめ。