【バス釣り】虫除けグッズ『おにやんま君』インプレ〜スズメバチ対策に効果あり?スズメバチにまとわりつかれることが無くなった〜

梅雨があけてから10月半ば頃まで、アングラーたちが直面するのがスズメバチ問題です。

この時期は野池でも河原でもたくさんのスズメバチが飛んでおり、怖い思いをしたアングラーも多いはず。

そこで、虫除けグッズ『おにやんま君』を使ってみましたので、効果の検証結果や所感についてお伝えします。

スズメバチが活発になる時期はいつ?

2020年に春から冬までバス釣りをしましたが、梅雨明けから10月半ばまで、スズメバチに頻繁に遭遇しました。

ネットで調べてみたところ、 スズメバチは春から秋に活動し、7月〜10月に攻撃的になると記載がありました。

ソース:みんなのハチ駆除屋さんウェブサイト

まとわりつかれるので注意

2020年の秋は、よく河原に行きましたが、何度もスズメバチにまとわりつかれて怖い思いをしました。

頭上をウロウロされたり、追いかけられたりしました。本当に怖い思いをしたので、半信半疑で『おにやんま君』を買って使ってみました。

『おにやんま君』概要

メーカー/ブランドMSY(M&M、SUNLINE、YOU☆SHIの3社合同ブランド)
商品名おにやんま君(商標登録済)
製造国日本
定価(税込)1,320円
3社のウェブサイト:1エムアンドエム、2サンライン、3YOU☆SHI
サイズ

目玉から尻尾の先まで約10cm。翼開長は約12.5cm。

重さ

約7.9g。

コンセプト

殺虫剤、忌避剤、電池を使用しない虫よけグッズ

出典:商品パッケージ説明文

使用方法

筆者が購入したモデル(21年7月購入)は、安全ピンとリングが付いています。

安全ピンで帽子や衣服につけたり、紐やストラップをリングに通して、バッグに付けたりできますね。

おにやんま君の効果を検証してみた

2021年の夏〜秋にかけて、バス釣りをしながら検証してみました。

検証期間2021年7月中旬(梅雨明け)〜10月15日
釣行頻度平均で週3〜4日程度
釣りスタイルおかっぱり(岸釣り)
場所埼玉県、千葉県、茨城県の田園地帯にある野池・河川
使用方法安全ピンで帽子のてっぺんに装着
備考8月は2週間ほど体調不良で釣りに行けなかった期間あり
秋晴れの関東のフィールド

検証1:『おにやんま君』無しで釣行

7月中旬〜9月12日は、『おにやんま君』無しで釣りに行きました。

スズメバチさんの反応

・1度、50〜60cm頭上を数秒間ウロウロされた

・頭上1m以内に接近されたことが数回あった

検証2:『おにやんま君』ありで釣行

9月13日〜10月15日、おにやんま君を帽子に付けて釣りに行きました。

スズメバチさんの反応

・頭上1m以内に接近してくることが無くなった

・1度、頭上でウロウロされたが、無しの時と比べ、距離は遠く滞在時間も短かった

検証結果:効果はあるが注意は必要

筆者は、約3ヶ月にわたり検証してみた結果、効果はあると感じています。

しかしながら、もちろんのこと注意は必要です。

“虫から見える範囲に効果があります”

パッケージにも記載されていた通り、虫から見える範囲に効果があると思います。

ある日、おにやんま君を帽子に付けた状態で、川沿いで釣りをしていた際、低空飛行のスズメバチが筆者の左手の20cmくらいまで接近してきました。

左手でロッドを持っていたのですが、だいたい腰の高さ。スズメバチはおにやんま君よりもはるかに低い位置におり、確実に見えていませんでした。

『おにやんま君』はお守りと思ったほうが吉

過信して刺されたら終わりなので、お守り程度に考えて、スズメバチの習性や生態を事前にリサーチしておくのが吉だと思います。

筆者はネットでいくつかの情報を得て、「動かない」というのを実践してみました。動くと敵とみなして刺してくるようです。

20cmまで近づいてきたときも、ハタキ落としたい気持ちを必死に抑えて、じっと動かずに我慢しました。

「動かない」法で危機を脱したのは、1度や2度ではありません。

動かず我慢が吉

おわりに

おにやんま君は、スズメバチを近づけないという面で効果があると思っています。

しかしながら、もちろん100%刺されない訳ではないはず。

おにやんま君をお守り代わりに使いつつ、スズメバチの習性や生態を勉強した方がベターです。

それでも、やっぱり、無いよりはあったほうがよいと思います、おにやんま君。

ネットでも購入可能

気になった方は覗いてみてください。

参考記事:スズメバチの生態についてはこちら
参考記事:蚊による虫刺され対策はこちら