【インプレ】シマノSLX MGLはコスパ最強!入門期間からの脱却にちょうどいい高性能で安価なベイトリール

キャストの精度や釣りの快適性を大きく左右するのが、リールだと思います。特に、ベイトリールは性能の差が顕著にあらわれる印象が強いです。

そろそろ入門期間から脱却というタイミングで、シマノのベイトリール「SLX MGL」を購入して使ってみました。

入門機種との差などを交えつつ、使い勝手や所感をご紹介します。

本記事に出てくる製品の定価やスペックの情報は、全てシマノ公式ウェブサイトの製品情報ページの情報をもとにしています。

SLX MGLの位置付け

シマノのベイトリールを表にして、SLX MGLの位置を確認してみました。

価格順にしています。情報は22年2月中旬時点。

No.リール名定価(税別)
1アンタレスDC80,900円
2アンタレスDC MD79,800円
3カルカッタコンクエストDC71,700〜73,800円
4カルカッタコンクエス(300-400番手)61,700〜62,900円
5アンタレス60,900円
6カルカッタコンクエスト(100-200番手)57,300〜59,500円
7メタニウムDC57,800円
8カルカッタコンクエストBFS56,700円
9アルデバランBFS48,000円
10アルデバランMGL47,600円
11メタニウムシャローエディション46,300円
12メタニウム46,300円
13カルカッタ37,900〜42,200円
14バンタム40,950円
15スコーピオンDC37,500円
16スコーピオンMD37,000円
17SLX DC XT35,000円
18スコーピオンBFS35,000円
19スコーピオンMGL28,400円
20SLX DC27,500円
21スコーピオン27,000円
22SLX BFS25,000円
23SLX MGL21,000
24バスワンXT9,500円
25バスライズ6,700〜7,400円

数多くの機種がある中で、下から数えて3番目

入門機種として人気が高いバスワンXTとの間に1万円の差があり、この差が、入門期間からの脱却のようにも感じられます。

入門機種バスワンXT

使用しているSLX MGLは2種類

SLXには、ノーマルギア、ハイギア、エクストラハイギアの3種のギア設定があります。筆者が使用しているのは下記の2種類。スペックを一部載せます。

リール品番ギア比最大ドラグ力
(kg)
自重
(g)
糸巻量
ナイロン
最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
70
(ノーマルギア)
6.35.5190g16lbで80m63
70XG
(エクストラハイギア)
8.25.5195g16lbで80m82
ギア比8.2のロゴ

ハンドル一回転あたりの糸を巻き取る量が多いのがハイギアです。エクストラハイギアはさらにその上です。上の表では、巻取り量に20cmほどの差がありますね。

金色のがスプール(※これはバスワンXT150のもの)

ノーマルギアもエクストラハイギアも、スプールのサイズは同じなので、巻けるラインの量は同じです。

SLX MGLを使ってみた所感

筆者はバス釣りを始めた当初、入門機種のバスワンXT150をずっと使っていました。使い倒したと言えるくらい、使い込みました。

このバスワンXT150との比較を交えながら、感じたことを項目ごとにご紹介します。

バスワンXT

コンパクト・軽量・剛性感

SLX MGLはバスワンXT150よりも一回り小さいボディ。重さは下記の通り。軽量化もできています。

バスワンXT150210g
SLX MGL 70190g
SLX MGL 70XG195g

詳細は公式サイトの説明に譲りますが、HAGANEボディが採用されており、剛性感も問題なし。

糸巻量は十分

ラインはナイロン16lbを80m巻くことができます。

筆者はダイワのBASS Xナイロンの12lb、14lb、16lbをよく使っていますが、このラインは75mごとに目印が付いていることもあり、75mずつ使っているので問題なし。

BASS Xナイロンの75mごとの目印

遠投性能

上の動画、少し参考になるかもしれないので、載せます。20gくらいのバイブレーション投げていますが、SLX MGL 70XGを使っています。

見づらくてすみません・・・。が、ほとんど力を入れていませんが、スムーズに30m近く飛ばせています。ちゃんとキャストすれば、これの倍は飛びます。

ヘビキャロをやってみた河

他に、大きな河でヘビキャロ に挑戦した時に、遠投性能が役立ちました。50-60mくらいは軽々と飛びます。

ラインがスムーズに出ていく

遠投じゃなく、10m程度のキャストでも感じるのが、ラインがスルスルとスムーズに出ていくことです。

バスワンXT150の頃は、力を入れてキャストして飛ばしていた感じでしたが、SLX MGLでは力を入れなくとも、スルスルとラインが出て行って、快適にキャストが可能です。

巻き心地が良い

バスワンXT150で投げまくっていたスピナーベイトをSLX MGL70で投げてみて、巻き心地の差を感じました。

SLXの方が滑らかにスムーズに巻き巻きできる感じです。

ブレーキ設定は慣れる

ブレーキダイヤル

最初の方はブレーキ設定が面倒ですが、使っているうちに頻繁に投げるルアーとそれに合わせた設定が固まってくると思います

ブルーが入っているパーツがメカニカルブレーキノブ

左側のブレーキダイヤルと右側のメカニカルブレーキノブで調整します。筆者は、最初は釣り場で知り合いの方に設定を手伝ってもらったりしました。

コスパは最強クラス

SLX MGLの実勢価格は1.5万円前後。1.5万円でこの性能であれば、十分すぎると思います。

入門機種には戻れない・・・

サヨナラ

SLX MGLをしばらく使った後、久々にバスワンXT150で投げてみた時、「えっ・・・」てなりました。

快適性がガクンと落ちた感じがしました・・・。

SLX MGLで実際に投げているルアー

SLX MGL 70(ノーマルギア)

スピニングでは投げづらい小〜中型のプラグとスピナーベイトを中心に投げています。このノーマルギアでは、まだワームでは釣ったことがありません。

プラグ
ASURA2(上)とK-Iミノー85SP(下)

実際に投げて釣れたルアーは下記の通り。

メーカー/ブランドルアー重さ 
HMKLK-1ミノー85SP6.3g
O.S.PASURA O.S.P 925F(初代)6.8g(※)
O.S.PASURA O.S.P II 925F7.8g
O.S.Pベントミノー106F10g
O.S.Pブリッツ9g
コーモラン/プライアルルアーファーストスピナーベイト1/4ozクラス
ヘドン ザラパピー7g
ラッキークラフトベビーシャッド75SP10g
バイオベックス ジョイントベイト90SF11g
(※)自分で計量した数値
初代ASURAで釣った1匹

6g台のミノーは、遠投はしづらい感じがありますが、メインフィールドである小規模な野池や河川で必要な距離は出せています。

スピナーベイトやクランクベイトなど、一定の速度で巻く時は、巻き心地の良さを感じることができます。

一方で、ミノーでのトゥイッチングやペンシルベイトのドッグウォークなどでもちゃんと釣れています。

ヘドンのザラパピーで

SLX MGL 70XG(エクストラハイギア)

大きめのルアーを投げる時に使っています。

プラグ
これらを投げている

実際に投げて釣れたプラグは下記の通り。

メーカールアー
ガンクラフトジョインテッドクロー128F
depsNZクローラーJr.
HMKLアライブベイト

一番多く投げるのは、ジョイクロ128です。デジ巻きをはじめとした、緩急をつけた動きを出しやすいです。

NZクローラーJr.とアライブベイトはタダ巻きで釣れたのですが、単にルアーによってリールを変えるのが面倒だっただけで、エクストラハイギアでも問題なく巻いて釣れます。

ワーム
6.5インチカットテールワーム

ワームは現在のところ、ゲーリーヤマモトの6.5インチカットテールのみ。ネコリグで釣りました。

ネコリグでは、糸ふけを瞬時に巻き取ってフッキングするという点では、エクストラハイギアが役立ったと言えます。

結論

SLX MGLは、入門機種を使い切った後に、次のステップとして選ぶのに最適な機種で、安価で性能の高いコスパ最強のリールだと言えます。

こんな人・こんな時におすすめ

  • 入門機種リールでは物足りなくなってきた
  • 遠投性能が必要になってきた
  • 湖や大きな河で投げることが多い
  • 入門時から快適性を求めたい
  • ストレスない性能とコスパの両立を求めたい

筆者はノーマルギアとエクストラハイギアを使っていますが、真ん中のハイギア1つで全てカバーできそうな気もしています。予算的に厳しいようであれば、ハイギアのみという選択肢もアリでしょう。

おわりに

個人的には、SLX MGLのおかげでなんのストレスもなくバス釣りを楽しめています。

最初のSLX MGLを購入して1年以上経ちますが、現在でも満足して使えています。

よっぽどのことがない限りは、SLX MGLを使い続けようと思っています。

ネットで購入可能

気になった方はチェックしてみてください。

参考記事

入門機種が気になる方は下記の記事をご覧ください。