花粉症に機能性アイウェアJINS PROTECTが良い

令和になり、遂に花粉症デビュー。原付バイクやクロスバイク(自転車)で釣りに出かけることが多く、たくさんの風を浴びるので、帰宅後は目が痒くて大変です。

そこで、JINSで花粉症対策用のメガネを買ってみたところ、これがけっこう効果的でした。

JINS PROTECTなるメガネの特徴と、使ってみて感じた効果や感想をご紹介します。

JINS PROTECT WELLINGTON 概要

基本情報

ブランドJINSジンズ
商品名JINS PROTECT WELLINGTON
ジンズプロテクト ウェリントン
型番/品番FKF-21A-001
フレームの重さ27.5g
性別MEN
フレーム素材フロント:樹脂
テンプル:樹脂
税込価格5,500円
製品情報ソース:JINS公式サイト
主な機能・特徴
  • 花粉カット率最大89%
  • 飛沫カット率最大83%
  • くもり止めレンズ標準搭載
  • 抗菌加工
  • 度付きレンズに変更可能

公式サイトに記載の主な特徴・機能は上記の通り。

デザイン

やはり、外出する以上、デザインも気になるところ。

このジンズプロテクトウェリントンは、パッと見は花粉症向けメガネとはわかりづらく、大袈裟な感じもしないのが良いです。

さらに機能性が高いJINS PROTECT PRO(公式サイトはこちら)もあったのですが、こちらは溶接工のゴーグル的な印象を受けてしまい、やめました。

通常のメガネと違う点

レンズのまわりに、花粉の侵入を防ぐプロテクター的なものがついています。

ですが、透明なのでそこまで目立ちません。

正面から見れば、それは単なるオシャレメガネ。

使ってみて感じたこと

下記の条件で使って感じたことです。

  • 3月〜4月の花粉ピーク時に使用
  • 主に自転車・原付バイクで釣りに行くときに着用
  • 度無しレンズを使用

花粉はしっかりカットできる

一番大事なポイントなのが、花粉をちゃんと防げるのかということ。

春、ピーク時に自転車をシャカシャカ漕いで何度か釣りに行きました。

メガネなしの日は、花粉を含んだ風を眼球で受け止めて、夜は風呂場で目をたくさん洗いました。

着用した日は、いつもは10段階で10だった痒みが、3くらいまで軽減された感覚がありました。

100%カットは無理ですが、負担はしっかり軽減できます。

使いやすいデザイン

遠目からでは、機能性メガネというのはわかりづらく、普通のメガネと同じ感覚で着用できます。

ピークの時期は、同様のメガネをかけている人が多いこともあり、特に気にならないですし、デザインも良い方なので気持ち的にはかなり楽。

40手前のオッサンである筆者でも、使いやすいデザインです。

曇りづらい

くもり止めレンズなので、くもりづらいです。

令和、マスクをする機会が多いですが、マスクを着用したままでも、通常は曇りません。

ただ、大きく息を吐いたりすると、曇ります。こちらも100%削減は不可能。

ケースとメガネ拭きは別途購入が必要

付属の巾着

付属するのは、巾着のみ。

100円ケース

筆者は100円ショップでメガネケースを買ってきました。これにすっぽり収まっています。

メガネ拭きについては、下記の商品を使っています。

釣り用の偏光サングラスにも使っていますが、2つの機能がある優れものです。

虫よけにも良い

春、少しずつ虫が出てくる時期です。夏は言うまでもなく地獄。

特に、釣りを終えて夕方に自転車で帰る時は、目にぶつかってくる虫たちから目を保護できます。

釣りをする方はわかると思いますが、釣り場ってだいたい虫が多いエリアです。自転車釣行する方にはおすすめ。

おわりに

春、花粉に苦しむ季節は、機能性メガネで負担を軽減しましょう。

ジンズプロテクトは、なんといってもお洒落なデザインがメリット。気にせず外出できます。

特に自転車に乗る機会が多い方にはおすすめ。

釣り人の方は、釣り場に到着した時と出発する時に、偏光サングラスと付け替えるだけです。

余計な荷物がひとつ増えてしまいますが、帰宅後に痒みと戦うのを避けたいのであれば、着用したほうがベターです。少なくとも、ピークの時期は着用しておくべきでしょう。

【JINS PROTECT-WELLINGTON-】 ジンズ プロテクト 飛沫 予防 メガネ 花粉 対策 防止 メガネ 曇りづらい くもりづらい くもり止め レンズ ウェリントン 眼鏡 めがね メガネ 大きめ メンズ 花粉 おしゃれ