【バスルアー】福袋は得なのか?釣具チェーン店1万円福袋の例

12月に入ると年末商戦に向けて釣具店が慌ただしくなります。目玉企画といえば、福袋でしょう。

とある釣具チェーン店の店頭に並んだ福袋を買ってみましたので、どのくらいお得なのか、メリット・デメリットを検証してみました。

※2020年12月末に購入した福袋をもとに書いています。

福袋の概要

  • 購入したのは2020年12月末
  • 関東地方にある釣具チェーン店の店舗で購入したもの
  • 予約不要で店頭に並んだ早い者勝ち
  • depsルアーのみ入ったもの
  • 福袋パッケージに目玉ルアーの写真あり
  • 価格は10,000円(税込11,000円)

福袋の中身

「NZクローラーJr.福袋」という名の福袋で、目玉となるNZクローラーJr.が確実に入っており、残りのルアーは全てdepsのルアーで構成されているもの。

店員さんに確認したところ、写真と同じカラーのNZクローラーJr.が入っているとのことで、いろいろなカラーがある中から、欲しかったブラックを選びました。

入っていたルアー

その1:ブルフラット4.8インチ

ギル系ワームの定番。デカバスを狙える4.8インチ。

その2:リバウンドスティック7インチ

初心者に操れるのか?と不安にさせる7インチ。

その3:カバースキャット3.5インチ

品薄が続く大人気ワーム。

その4:ワカサギベイト(フローティング)

クリアウォーターの湖で出番がありそうなやつ。一つ持っていて損はないかも。

その5:MT.ウェイク

大型のジョイントウェイクベイト。トップウォーターです。

その6:NZクローラーJr.(福袋の目玉ルアー)

言わずと知れた大人気デカハネ。投げやすい1ozクラス。

定価との比較

No.ルアー名定価(税込)
1NZクローラーJr.5,390 
2MT.WAKE2,640 
3ワカサギベイト(F)1,650 
4ブルフラット4.8in880 
5カバースキャット3.5in825 
6リバウンドスティック7in880 
 合計12,265
製品価格ソース:deps公式サイト

福袋の税込価格は11,000円でしたので、差額は1,265円

小型プラグ一個分得した感じですね。

メリット・デメリット

釣具チェーン店舗に並ぶ福袋のメリット・デメリットをまとめるとこんな感じ。

メリット

  • 予約不要
  • 様々な福袋を物色して選ぶのが楽しい
  • 大人気ルアーが手に入る
  • 何が入っているかわからないワクワク感
補足説明

だいたいどの福袋も、「○○(大人気ルアー)が入っています」と書いてあるので、大きいハズレは無しという安心感がありました。

一方で、残りはどんなルアーが入っているかわからないワクワク感もあります。

福袋ならではのワクワク感

ネット上で予約する福袋は、どのルアーが入っているかほとんど全部書いてあるものが多く、福袋の醍醐味が薄いかなと思います。

また、様々な価格の福袋が並んでおり、予算に合わせて選べたのもよかったです。

デメリット

  • 人気ルアー/カラーはすぐに売り切れる(逃す可能性がある)
  • 欲しくないルアーが紛れている可能性がある

おわりに

ルアーに限らず、福袋を初めて買いました(たぶん)。何が入っているかわからない点は、ワクワク感があってよかったと思います。

特に不人気ルアーを詰め込んだ感じもなく、何より欲しかったルアーが欲しかったカラーで手に入ったことがよかったと思っています。

価格面でも、小型プラグ一個分安かったので満足です。やはりズラっと並ぶ福袋を物色するのも楽しいもの。

年末年始は、店舗に訪れて福袋を買ってみてはいかがでしょうか。