【バス釣り】中古プラグを選ぶポイントやおすすめメーカーは?〜入門者・初心者向け〜

中古ルアーでもバス釣りは楽しめます。安くて良いルアーが手に入れば、節約もできて一石二鳥ですね。

中古釣具店で中古ルアーを漁りまくり、中古ルアーの割合が日々増えていっている筆者の経験をもとに、中古ルアーでバス釣りを楽しむのに役立ちそうな情報や思考を共有します。

中古では手に入るルアーが限られますが、楽しみ方もあります。筆者は新品も中古も使いつつ、状況や場面に応じて中古ルアーを活用しています。「こんな考えもあるんだな」程度に読んでもらえれば幸いです。

一流メーカーのルアーを買う

個人的には、これが一番大事な要素だと思っています。

100円や200円の、ただ単に安いルアーを選ぶのではなく、一流メーカーのルアーを買っておくと安心です。

小型プラグでもだいたい700円〜1300円くらいしますが、それでもどこのメーカーかわからないようなルアーを買うよりマシです。ちゃんと動いてくれないと意味がありません。

廃盤ルアーでも釣れる

既に廃盤となり安く売られているルアーでも、一流メーカーのものならしっかり釣れます。

中古で買ったO.S.Pの阿修羅925Fで釣ったバス 21年9月撮影
錆びてて塗装が剥げてても釣れる

錆びていたり塗装が剥げているものは、他のものよりも安く売られています。それでも一流メーカーのものであれば、ちゃんと釣れます。

塗装が剥げたメガバスのLive-X Smoltで釣ったバス 21年5月撮影

おすすめのメーカー

筆者は小型のミノーやシャッドを中心に、よく中古プラグを購入します。全てのメーカーを試したわけではありませんが、個人的な経験上、おすすめのルアーメーカーは下記の通りです。

Megabass(メガバス)

言わずと知れた老舗ルアーメーカーです。ロングセラーのルアーが多い印象です。

参考記事

中古店でちょくちょく見かけるメガバスの廃盤ルアーの記事です。よろしければご覧ください。

O.S.P(オーエスピー)

「世界のT.ナミキ」こと並木敏成さんが設立したメーカー。プラグもワームもよく釣れます。

参考記事

O.S.Pの廃盤ミノー、「初代」阿修羅シリーズは、中古釣具店で頻繁に見かけます。よろしければ下記をご覧ください。

HMKL(ハンクル)

こちらはミノー限定ですが、HMKLのルアーも素晴らしい動きを見せてくれます。筆者がミノーにハマるきっかけをくれた、おすすめのメーカーです。

ちなみに、ルアーパッケージには「製造元:JACKALL」と記載があります。

参考記事

下記のルアーは廃盤ではありませんが、中古釣具店でけっこう見かける優秀なルアーです。

おまけ:ワームならゲーリーヤマモト

ワームといえばゲーリーヤマモト。中古店では、良い感じに渋い味を出した古いパッケージも売られています。

中古で購入した6.5インチカットテールワーム

こんなワームでもしっかり釣れます。

21年9月撮影
参考記事

パーツが欠けていないかチェックしてレジへ

たまに、パーツが欠けている中古ルアーも売られていますので、注意です。

レジに持っていく前によく確認しましょう。

特に、プラグのリップの部分が欠けていてはちゃんと動かないでしょう。

フックは新品に交換する

フックが付いていない、または錆びているからといって良いルアーをスルーせず、自分で新品のフックを取り付ければOKです。筆者はほとんど新品フックに交換します。

心配な方は「未開封」の中古品を

種類がさらに限られてしまいますが、心配な方は未開封の中古品を選んでおくと安心です。

ものによりますが、廃盤など古いモデルなら新品の半額〜1/3程度の値段で入手できることもあります。

未開封のジョイクロ70

未開封で新品同様のジョイクロ70を定価の半額程度で購入できました。

未開封の中古を購入した

これでしっかり釣れたので、やはりお得に感じます。

21年9月撮影
参考記事

初場所や根がかりの多いフィールドで頼もしい存在に

初めて行くのでどんな障害物があるかわからない時、または根がかりが多い釣り場であれば、中古ルアーをバンバン投げましょう。

ルアーボックスにいくつか中古ルアーを入れておけば、偵察部隊として殉死覚悟で任務にあたらせることが可能です。

もちろん、偵察部隊が結果を出すことも多々あります。

中古で買ったメガバス「X-70」で釣ったバス 21年8月撮影

中古でも根がかり対策は万全に

中古でもしっかり根がかり対策をしておきましょう。

ダイワのルアーキャッチャーで回収した新品のルアー

下記に対策をまとめていますので、ご興味のある方は読んでみてください。

デメリットもあるが・・・

やはり中古だと、ピンポイントで欲しいルアー、タイプ、カラーが手に入らないのがデメリットです。

しかしながら、廃盤ルアーなど、中古でしか出会えないルアーもあるので、中古ルアーを漁ってみる価値はあると思います。

中古釣具店で出会えたメガバスの廃盤ルアーたち

おわりに

バス釣りは中古ルアーでも十分に楽しめる場面が多々あります。

信頼できるメーカーやルアーを見つけ、安くて良い中古ルアーを買い漁るのは楽しいもの。

根がかりの多いフィールドなど、場面に応じて中古ルアーを投げてみてはいかがでしょうか。

ロストを恐れない攻めの釣りが展開できるのも魅力です。

ぜひ、中古ルアーで嬉しい1匹を釣り上げてみてください!