【釣り】フィッシンググローブ(手袋)で冬の防寒対策!3本カットタイプがおすすめ!

寒さの厳しい時期の釣り。グローブ(手袋)があるだけで快適さがグッと上がります。

真冬でも気がついたらルアーを投げていた筆者が、ダイワの「カモフラ ルアーグローブ3本カット」をバス釣りのおかっぱりで実際に使ってみて感じた、使い心地・所感をご紹介したいと思います。

ダイワ「カモフラ ルアーグローブ3本カット」基本情報

メーカー/ブランドダイワ
商品名DG-8520W カモフラ ルアーグローブ3本カット
定価4,950円(税込)
カラーブラックカモ、グリーンカモ
サイズM・L・XL
素材甲:本体/クロロプレンゴム(リペルサーモ シルバー)
部分/合成皮革
掌:本体/合成皮革 手首:クロロプレンゴム
製品情報ソース:ダイワ公式サイト製品情報ページ
生産国

筆者が購入したものは、生産国は「ベトナム」と記載がありました。

使ってみて感じたこと

まず、結論として、「このグローブを買ってよかった」と思っています。

1月〜2月、寒さのかなり厳しい時期に何度もバス釣りに行って、このグローブを使ってみました。

感じたことを、いくつかの項目に分けてお伝えします。

防寒性は十分

一番大事なところですが、防寒性は十分だと思います。

生地はけっこう薄いのですが、手にピッタリとフィットする素材で、見た目よりも暖かいです。

1月〜2月でも、数時間ルアーを投げる元気をくれました。

ただ、雪・雨・風のある荒天では釣りをしていませんので、あくまで天気が厳しくない日は、防寒性は十分という感じです。

生地はけっこう薄い

ダイワの公式サイトには、

甲側には、保温性に優れたアルミコーティングを施したクロロプレンを使用。掌には縫製がない薄手の合成皮革を使用しておりフィット感抜群。

引用元:ダイワ公式サイト製品情報ページ

と記載があります。

価格よりも機能性を重視すべき

税込4,000円程度で購入したと記憶しています。

他社製品で1,000円程度の商品もありましたが、試着した感じがイマイチで、やはり機能性の面で心配でした。

大手釣具メーカーなので、変な商品ではないだろうと思って購入しましたが、やはり正解でした。

指先が出ているタイプで正解

グローブを選ぶ際に迷ったのは、指先が露出するタイプか否かですが、3本カットタイプを買って正解でした。

やはり、ラインを結んだりする際、その都度グローブを外すのは面倒です。

このグローブなら、着用したままラインを結ぶことが可能。

防寒の面で心配されるかもしれませんが、露出している面積がごくわずかですので、意外と寒くありません。

装着しやすく脱ぎやすい

伸縮性のある生地のため、割とスルッと手が入ります。

装着後は、マジックテープで固定してフィット感と防寒性をアップ。

かなりピタっとフィットするグローブですが、「指先タブ」が付いているので、ここから引っ張ると比較的簡単に脱ぐことができます。

指先タブを引っ張ると脱ぎやすい

薄くて軽いので携帯性抜群

衣服やバッグのポケットに入るサイズ。無駄なスペースはとりません。

おわりに

様々な防寒対策と防寒グッズがありますが、グローブで手先を防寒することは、かなり大事だと思います。

手先にグローブがあるだけで、思っているよりも快適になります。

冬でもじっとしていたくない方は、グローブを買って釣りに出かけてはいかがでしょうか。

身に着けるものなので、やはり試着してから購入することをおすすめします。

ちなみに、筆者はキャスティングで購入しました。ダイワ系列店なので、ダイワの製品はけっこう安く売られています!

参考記事

足先の防寒対策ならワークマンのスキルソックス!